pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

glee/グリー Season5

date★2015.09.08(Tue) category★海外ドラマ
glee5

2013~2014年 アメリカ作品 全20話
原題:GLEE
STAFF
監督:ブラッドリー・ビューカー イアン・ブレナン ブラッド・ファルチャック ウェンディ・スタンツラー ポール・マクレーン エロディ・キーン パリス・バークレイ サナー・ハムリ エリック・ストルツ
脚本:ブラッド・ファルチャック イアン・ブレナン ライアン・マーフィー ラッセル・フレンド ギャレット・ラーナー マイケル・ヒッチコック ロベルト・アギーレ=サカサ マシュー・ホジソン ロス・マクスウェル ネッド・マーテル リヴカ・ソフィア・ロッシ ジェシカ・マイヤー クリス・コルファー
CAST
マシュー・モリソン ジェーン・リンチ リア・ミシェル クリス・コルファー ケヴィン・マクヘイル ジェナ・アシュコウィッツ ナヤ・リヴェラ ダレン・クリス コード・オーヴァーストリート


何といっても特筆すべきはフィンの突然の死。
劇中ではフィンは何で亡くなったのかは触れませんが、ヘロインとアルコール中毒でフィン役のコーリー・モンテースは亡くなったとか。何だか悲しすぎる最期です…。
そのフィンの追悼のエピソードでは、懐かしいメンバーが大集結。不謹慎な言い方をさせてもらえれば、懐かしさ満点でちょっと興奮した。けれどもそこにはやっぱりフィンの存在が必要不可欠。なのに不在。やっぱり悲しい…。

その後のエピソードは、gleeの初期メンバーのその後をNYを舞台に描かれています。
ついにgleeが廃部になったということで、在学中の第二期メンバーについては全く触れなくなってしまいました。
まぁ、初期メンバーの方が愛着もあるしパフォーマンスも見ごたえあるし、ということで全然構わないのだけれども…、タイトルの「glee」は関係なくなってしまったような???
元恋人が亡くなったというのに、変わらずに自分中心で野心が強いレイチェルはやっぱり好きになれない…。
このシーズン中で一番気に入ったのは、ブレインとカートの「American Boy」です♪

それにしてもやっぱりこのドラマはゲストが豪華!今シーズンはなんといってもシャーリー・マクレーン!!
初めて出てきたときはびっくりした~。
スポンサーサイト

glee/グリー Season4

date★2015.05.20(Wed) category★海外ドラマ
glee4

2012~2013年 アメリカ作品 全22話
原題:GLEE
STAFF
監督:ブラッド・ファルチャック アルフォンソ・ゴメス=レホン エリック・ストルツ マイケル・アッペンダール イアン・ブレナン ブラッドリー・ビューカー アダム・シャンクマン パリス・バークレイ エロディ・キーン ウェンディ・スタンツラー
脚本:ライアン・マーフィー ブラッド・ファルチャック イアン・ブレナン マイケル・ヒッチコック ロベルト・アギーレ=サカサ ラッセル・フレンド ギャレット・ラーナー ステイシー・トラウブ マシュー・ホジソン ロス・マクスウェル
CAST
マシュー・モリソン ジェーン・リンチ コーリー・モンテース リア・ミシェル クリス・コルファー マーク・サリング アンバー・ライリー ケヴィン・マクヘイル ジェナ・アシュコウィッツ ナヤ・リヴェラ ヘザー・モリス ダレン・クリス


ウーピー・ゴールドバーグ、ケイト・ハドソン、サラ・ジェシカ・パーカー…とにかくゲストが豪華!なのは嬉しいんだけど、内容が更になくなっていて、何だか観るのがバカバカしくなってきてしまった…。
いくら歌やパフォーマンスがメインとはいえ、もう少し見ごたえのあるストーリーにして欲しい。

レイチェルたちが卒業したので、グリーのメンバーも半数ほど入れ替わり。
今シーズンからエピソードが、グリーと、レイチェル&カートのNYライフと二部構成になりました。
卒業した他のメンバーたちも何だかんだと、ちょいちょい出てくるのは嬉しい。

でも…やっぱりもう少し内容を充実させて欲しいデス…。
豪華なキャストなんだから、勿体ないよー!

glee/グリー Season3

date★2015.01.06(Tue) category★海外ドラマ
glee3

2011~2012年 アメリカ作品 全22話
原題:GLEE
STAFF
監督:エリック・ストルツ ブラッド・ファルチャック アルフォンソ・ゴメス=レホン アダム・シャンクマン ブラッドリー・ビューカー テイト・ドノヴァン マシュー・モリソン パリス・バークレイ マイケル・アッペンダール イアン・ブレナン
脚本:ブラッド・ファルチャック ライアン・マーフィー イアン・ブレナン アリ・アドラー ロベルト・アギーレ=サカサ マイケル・ヒッチコック マシュー・ホジソン ロス・マクスウェル マーティ・ノクソン
CAST
マシュー・モリソン ジェーン・リンチ コーリー・モンテース ジェイマ・メイズ リア・ミシェル ジェサリン・ギルシグ クリス・コルファー マーク・サリング ディアナ・アグロン アンバー・ライリー ケヴィン・マクヘイル ジェナ・アシュコウィッツ ナヤ・リヴェラ ヘザー・モリス


最終話で「『フルハウス』のジェシーの真似してたわよね」なんてセリフがありましたが、gleeの世界にフルハウスが存在しているんだ…。
じゃあ、エマの元カレは激似ってこと?
シーズン通して一番気になったのココでした。(笑)

さて、主要メンバーの一部がついに卒業です!
でも、シリーズ最初の頃から感じていたことだけれども、彼らはどう見ても高校生には見えない。
それもそのはず。調べてみれば、キャストのほとんどが私より1~2歳年上か年下。高校生っていう設定は無理があったよね。

年中全国大会だか州大会をやっている印象なので「またか」という感じでイマイチ盛り上がらない。
そして我らが愛するスーは、相変わらず何を考えているのか分からない。gleeが好きなのか嫌いなのか、根はいい人なのか根っから意地悪なのか…。
妊娠したみたいだけど、父親は次シーズンで明かされるのかな?
スーの次にカートが好きになってきた今日この頃です。

glee/グリー Season2

date★2014.10.19(Sun) category★海外ドラマ
glee2

2010~2011年 アメリカ作品 全22話
原題:GLEE
STAFF
監督:ブラッド・ファルチャック ライアン・マーフィー アルフォンソ・ゴメス=レホン エリック・ストルツ アダム・シャンクマン ブラッドリー・ビューカー キャロル・バンカー パリス・バークレイ テイト・ドノヴァン ティム・ハンター
脚本:イアン・ブレナン ライアン・マーフィー ブラッド・ファルチャック
CAST
マシュー・モリソン ジェーン・リンチ コーリー・モンテース ジェイマ・メイズ リア・ミシェル ジェサリン・ギルシグ クリス・コルファー マーク・サリング ディアナ・アグロン アンバー・ライリー ケヴィン・マクヘイル ジェナ・アシュコウィッツ ナヤ・リヴェラ ヘザー・モリス


やっぱり幅広いジャンルの音楽が聴けて楽しい!しかもシーズン1よりも好きな曲が多くて楽しかった~♪
でも、内容は前シーズンにも増してナイ…。
真剣にストーリーを追うのはバカバカしいです、正直。(苦笑)

フルハウス」のジェシーおじさんこと、ジョン・ステイモスが出ていたのは嬉しい!またジェシーおじさんの歌声が聴けました♪
でもエマはカール(ジョン・ステイモス)と別れてしまった模様なので、もう今後出ないのかな…?
ケツあご(←シュー・笑)よりカールの方が魅力的じゃんかよ~!ヾ( `ω´)ノ
あと本シーズンの大物ゲストといえばグウィネス・パルトローと本人役のブリトニー・スピアーズでしょうか。
せっかくならブリトニーも歌って欲しかったなぁ。

スーのめちゃくちゃぶりが何だかツボです。(笑)
レイチェルはこの上なくうざったい!こんなヒロイン(?)も珍しいなぁ。

glee/グリー Season1

date★2014.09.17(Wed) category★海外ドラマ
glee1

2009~2010年 アメリカ作品 全22話
原題:GLEE
STAFF
監督:ライアン・マーフィー ジョン・スコット ブラッド・ファルチャック エロディ・キーン パリス・バークレイ ビル・デリア アルフォンソ・ゴメス=レホン ジョス・ウェドン
脚本:ライアン・マーフィー ブラッド・ファルチャック イアン・ブレナン
CAST
マシュー・モリソン ジェーン・リンチ コーリー・モンテース ジェイマ・メイズ リア・ミシェル ジェサリン・ギルシグ クリス・コルファー マーク・サリング ディアナ・アグロン アンバー・ライリー ケヴィン・マクヘイル ジェナ・アシュコウィッツ


海外ドラマを観てるとよくあることなんだけど、また今回も最初は「あ~この作品合わないなぁ」と思ってたはずなのに、気付くとハマってました。(笑)
このシーズン1はDVD11枚で構成されているのですが、5枚目くらいまでは「こりゃシーズン2は観なくていいや」と思っていたのです。
何だか…好きになれるキャラがいなくて。あ、スーだけは最初から気に入ったんだけど。(笑)
同じようなストーリーなら「ハイスクール・ミュージカル」の方がいいなぁと思ってました。
でも、だんだん各キャラクターの心の闇というか…深いところが語られるようになってからは引き込まれていくように。
初めてのめりこんだのは、9話目のアーティの車椅子の話だったかな。

音楽もバラードからR&Bからラップまで…とにかく幅広くて楽しい!
一度は聴いたことある名曲や、洋楽に疎い自分でも耳にしたことのある最近のヒットチャートもカバーされていて、ちょっと洋楽に興味が湧いてきました。
でも、ヒロイン(?)のレイチェルの歌声があまり好きじゃないんだよなぁ…。
一番のお気に入りはメルセデスの歌声。パワフルで素敵です。
実際にこんな歌の上手い部活があったら、部員は学校内の人気者になりそうだけどね。
なんでバカにされてるんだろ…。

あと、同じ妊婦の身として、臨月まで歌って踊りまくるクインの体を心配しちゃいました。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。