pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなフィルムメーカー:リュック・ベッソン

date★2007.02.01(Thu) category★好きなフィルムメーカー(海外)
リュック・ベッソン

profile Luc Besson/リュック・ベッソン

1959年3月18日 フランス・パリ出身
両親がスキューバダイビングのインストラクターだったため地中海沿岸で子供時代を過ごす。将来はイルカを専門とする海洋生物学者になる夢を抱いていたが、潜水中の事故が原因でダイビングが出来なくなりその夢を断念。
17歳で高校を中退後、フランスの老舗映画会社ゴーモンに入社しニュース映画のアシスタントを務める。
その後アメリカへ渡り、ハリウッド流の映画製作を勉強。帰国後に助監督を経てやがて自らの映画製作会社を設立。
監督業についてはかねてから10作品程度で引退することを公言していたが、2006年9月には「アーサーとミニモイの不思議な国」(3部作)をもって監督業を引退することを発表。
同作の日本公開に伴うPR活動で2007年6月に来日した際も引退を宣言している。
しかし、2010年公開の「アデル/ファラオと復活の秘薬」では再び監督を務め、プロモーション中のインタビューにて引退宣言を撤回した。


favorite

リュック・ベッソンとの出会いは「レオン」でした。
初めて観たとき、本当にびっくりした。
脚本、画、音楽、すべてにおいて私の好みと一致していたのです。
以来、リュック・ベッソンの作品は自然と手が伸びてしまいます。
中には正直、ハズレも多いのですが…(苦笑)、彼の作り出す世界観はやっぱり好きです。
彼は映像も音楽も「カッコよさ」に拘りますよね。でも「カッコイイだけ」じゃなく、主人公の裏に隠された暗い過去や心痛をも書くのが上手い。そしてその主人公の心のドアを開けるエピソードも心温まる。
ただ「カッコイイだけの作品」を作るフィルムメーカーは掃いて捨てるほどいるけど、「ディテールがしっかりしているカッコイイ作品」を作るフィルムメーカーは、彼の右に出る者はいない!というのが自論でございます…。(*゚∀゚)=3


work(鑑賞済みのもののみ)

-映画-
フィフス・エレメント(1997年/フランス・アメリカ作品) 【監督/脚本】
アンジェラ(2005年/フランス作品) 【監督/脚本/製作】
アーサーとミニモイの不思議な国(2006年/フランス作品)【監督/脚本/原作/製作】
96時間(2008年/フランス作品) 【脚本/製作】
96時間/リベンジ(2012年/フランス作品) 【脚本/製作】
LUCY/ルーシー(2014年/フランス作品) 【監督/脚本】
スポンサーサイト

好きな俳優:メリル・ストリープ

date★2007.02.01(Thu) category★好きな俳優(海外)
メリル・ストリープ

profileMeryl Streep/メリル・ストリープ

1949年6月22日 アメリカ ニュージャージー州出身
本名はMary Louise Streep.
ヴァッサー・カレッジ演劇科を修了後、奨学金によりイェール・スクール・オブ・ドラマへ入学。
その卒業後、ニューヨーク・シェイクスピア・フェスティバルで舞台に立ち、注目される。
1977年の「ジュリア」で映画デビュー。
翌年の「ディア・ハンター」でオスカー助演女優賞に初ノミネートを果たす。
そして79年の「クレイマー、クレイマー」でアカデミー助演女優賞を受賞、82年には「ソフィーの選択」で主演女優賞を獲得した。
これまでアカデミー賞ノミネートされること17回と、最多を誇っている。


favorite

言わずと知れた、アメリカを代表する大女優。
私なんかが、今更魅力を語るまでもないと思うのですが…。( ̄▽ ̄;)
「偉大なハリウッド女優」と聞くと、オードリー・ヘプバーンやマリリン・モンローなど何人か連想しますが、今現在も生きている女優だとメリル・ストリープだけかもしれない。
演技の幅も、善人から悪人、首相からファッション雑誌編集長と、とにかく無限大。
まだまだこれからも、一作品でも多くの名作を残して欲しいと思います!


work(鑑賞済みのもののみ)

-映画-
クレイマー、クレイマー(1979年/アメリカ作品)
プラダを着た悪魔(2006年/アメリカ作品)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年/イギリス作品)
31年目の夫婦げんか(2012年/アメリカ作品)
8月の家族たち(2013年/アメリカ作品)

好きな俳優:堺雅人

date★2007.02.01(Thu) category★好きな俳優(日本)
堺雅人

profile堺雅人

1973年(昭和48年)10月14日 宮崎県宮崎市出身 O型 172cm 60kg
高校時代演劇部に所属、1992年に早稲田大学演劇研究会を母体にした劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加。
同劇団の看板俳優として活躍し、「早稲田のプリンス」と呼ばれた。
後に早稲田大学第一文学部中退。その後田辺エージェンシーに所属。
現在は舞台の他、テレビや映画でも活動する。


favorite

確か初めて堺さんを観たのは、キムタク主演の「エンジン」というドラマ。
第一印象は…実は「苦手だな…」でした…。(゚∀゚;)
なんだか怒ってるんだか笑ってるんだか分からない顔が不気味だな…と。(コラ。)
でもなぁ~~んか気になる俳優さん。
徐々にブレイクして、たまたま観たドラマや映画にもよく出演されていました。
観ている内に「演技が上手い方だな」と思い、バラエティでは堺さんの温厚な人柄が垣間見えたりして…。
気付いたら「苦手だな」とまで思っていたあの表情に、ハマりましたィャンッ(ノω`*)シ(笑)
「TVnavi」という雑誌で連載されているエッセイをまとめた、「文・堺雅人」という本を読んだら更にゾッコン!!!!(*゚∀゚)=3
これからも注目していきたいと思います!


work(鑑賞済みのもののみ)

-映画-
ジャージの二人(2008年)
ジェネラル・ルージュの凱旋(2009年)
南極料理人(2009年)
クヒオ大佐(2009年)
ゴールデンスランバー(2009年)
ツレがウツになりまして。(2011年)
鍵泥棒のメソッド(2012年)
ひまわりと子犬の7日間(2013年)

-ドラマ-
リーガル・ハイ(2012年)
リーガル・ハイ スペシャルドラマ(2013年)
半沢直樹(2013年)
リーガルハイ(セカンドシーズン)(2013年)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。