pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペイ・フォワード 可能の王国

date★2007.06.23(Sat) category★アメリカ作品
ペイ・フォワード

2000年 アメリカ作品 123分 ワーナー配給
原題:PAY IT FORWARD
STAFF
監督:ミミ・レダー
脚本:レスリー・ディクソン
原作:キャサリン・ライアン・ハイド
CAST
ハーレイ・ジョエル・オスメント ケヴィン・スペイシー ヘレン・ハント ジェームズ・カヴィーゼル


きっかけはここにある!

■Story
中学1年生になった最初の日、社会科のシモネット先生が出した課題は“この世の中を良くするためには何をしたらいい?”というもの。
そして、トレバー少年が思いついた方法は“ペイ・フォワード”。
――人から受けた好意を別の人へ回す――というものだった…。
allcinemaより)


ペイ・フォワード2

何年ぶりかに観たけど、やっぱり切なすぎる作品だよぉぉおぅ!<(ToT)>
「何であんなラストにしちゃったのかな?」その一言に尽きる作品です。

汚い言葉だけど、映画の中の言葉を生かして…。
まず、
①「クソ」な世界がある。
②「世界が変わるのを見たかったんだ」と言うトレバーが、「人から受けた好意を他の3人に回す」というユニークな発想をする。
③不器用なやり方の人も居るけど、だんだんそれが広まってきた。もしかしてこの世界、「クソ」じゃないかもしれない!?
ここまではすごくイイと思ったんだ!
でもあのラストじゃ…
結局この世界は「クソ」じゃん。
と思わずにいられなかった。_| ̄|○

いくらあんな多くの人がロウソクと花を持って弔問に来てくれたって、それは素晴らしい事だけど、でも自分がハッピーになれなくちゃ意味ないじゃないか!
「他人を助けても、自分が痛い目に遭うだけじゃん」なんて、考えちゃう人もいるんじゃないかな?
私も少しそう思っちゃったもん。

他の人はこの作品を観て、どう思ったのかな~?
スポンサーサイト

おまけつき新婚生活

date★2007.06.10(Sun) category★アメリカ作品
おまけつき新婚生活

2003年 アメリカ作品 89分 ギャガ・コミュニケーションズ配給
原題:DUPLEX
STAFF
監督:ダニー・デヴィート
脚本:ラリー・ドイル
CAST
ベン・スティラー ドリュー・バリモア アイリーン・エッセル ハーヴェイ・ファイアスタイン  ジャスティン・セロー


いい物件には気をつけろ!

■Story
ニューヨークに住む新婚カップル、新進気鋭の作家アレックスと出版社のエディター、ナンシー。マイホームと子供を望む彼らはある日、ブルックリンに理想的な物件を見つけた。それは、暖炉が3つもある重厚で瀟洒な年代物のメゾネット。ただ、ここは二世帯住宅で、昔から政府の家賃統制対象となっている2階には老婆のコネリー夫人が間借りしていた。
しかし、彼女が一見したところ病弱であの世へ行くのも近い、と判断したアレックスとナンシーは結局この物件を購入。だが2人はこの先、コネリー夫人がとんだ曲者だと思い知ることになる…。
allcinemaより)


おまけつき新婚生活2

いつぞや報道された、「引越し!引越し!」と叫びながら布団を叩く迷惑オバちゃんを思い出してしまいました。
でもこの作品に出てくるのは、あの報道のようなたくましいオバさんではなく、一見かよわいお婆ちゃんだからね。
面と向かって「ふざけるな!」「うるせぇ!!」って、なかなか反論出来ない…。

しっかしこの婆ちゃんタフだなぁ。
何とかおばあちゃんの息の根を止めようと、バカバカしい計画ばかりを立てるこのカップルにも笑えたけど(バカバカしくなかったらかなり凶悪な犯行で笑えないんだけど)、おばあちゃんのしぶとさとタフさに一番笑ってしまいました。( ´,_ゝ`)プッ
散々迷惑行為をやろ~と、詐欺師だろ~と、何だか悪役には見えないチャーミングな婆ちゃんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。