pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢駆ける馬ドリーマー

date★2008.06.15(Sun) category★アメリカ作品
夢駆ける馬ドリーマー

2005年 アメリカ作品 106分 アスミック・エース配給
原題:DREAMER: INSPIRED BY A TRUE STORY
STAFF
監督・脚本:ジョン・ゲイティンズ
CAST
カート・ラッセル ダコタ・ファニング クリス・クリストファーソン エリザベス・シュー デヴィッド・モース


走れ!ソーニャドール
少女ケールの夢を乗せて


■Story
ケンタッキー州レキシントン。優秀な調教師のベン・クレーンは、大牧場のオーナー、パーマーの下で、期待の牝馬ソーニャドールの調教を請け負っていた。
ある日、ベンの調教を見に行った娘のケールは、そこでソーニャと出会い、すっかり魅了されてしまう。
しかしソーニャは、異常に気づいたベンの反対を無視してパーマーが強引に出走させたレースで転倒、骨折してしまう。
ケールが見守る中、パーマーからソーニャの安楽死を命じられたベンだったが、自らのギャラと引き換えにソーニャを引き取る決断をする。
再起不能と思われたソーニャだったが、ベンと仲間の厩務員たちの手厚い看護により、徐々に回復していく…。
allcinemaより)


夢駆ける馬ドリーマー2

ダコタ・ファニングちゃんの作品って、無意識のうちにほとんど鑑賞してます。
この作品が2005年でしょ。そしたら、「ハイド・アンド・シーク」とか「宇宙戦争」とか「シャーロットのおくりもの」が05・06年の作品だから、成長したダコタちゃんを見慣れてないわけではないんだけど、この作品のダコタちゃんはすっごく大人びて見えちゃってなんか淋しくなっちゃいました…。
I am Sam アイ・アム・サム」のルーシーが強烈に印象づいてるせいかな?

デヴィッド・モースが憎まれ口しか叩かなくて本当に腹立たしいんだけど、でも彼の言い分が常識なんだろうね。
競走馬は骨折=安楽死という話はよく聞くこと。
そんなのヒドイ!とは思うけれども、作品の中でお父さんが言ってた通り「競走馬はすべて商品」。使い物にならなくなった商品をいつまでも飼うのは経済的にも困難。
このクレーン一家もソーニャを引き取ったものの、苦しい経済困難に陥ってしまうのだけれども、それでもケールの思い描く夢を一緒に叶えようと家族一丸となって協力する様子に感動したよ。
大体のお父さんが「子供は現実を知らないんだ」のひと言で制してしまうでしょ?

ラストのレースには、両手握り締めてどんどん前のりになっちゃいました。清清しいエンディングだったな。
あとケンタッキー州の大草原も美しくて物語を盛り上げてくれたと思います。

ビジネス交渉するわ、憎たらしいデヴィッド・モースの舌を巻く切り返しをするわ、のダコタちゃんが本当にたくましかったわ~!
スポンサーサイト

THE 有頂天ホテル

date★2008.06.08(Sun) category★邦画
THE有頂天ホテル

2005年 日本作品 136分 東宝配給
STAFF
監督と脚本:三谷幸喜
CAST
役所広司 佐藤浩市 戸田恵子 生瀬勝久 YOU 西田敏行 篠原涼子 松たか子 香取慎吾


最悪の大晦日に起こった、最高の奇跡。

■Story
都内の高級ホテル“ホテルアバンティ”。新年のカウントダウンパーティーまであと2時間あまり。
その成否はホテルの威信に関わり、これを無事終えることが副支配人の新堂平吉に課せられた責務。
ところが、そんな新堂をあざ笑うかのように、思いも掛けないトラブルが次々と発生する。
刻一刻と新年のカウントダウンが迫る中、従業員と“訳あり”宿泊たちを襲う数々のハプニング。
はたして彼らは無事に新年を迎えることができるのか?
allcinemaより)


THE有頂天ホテル2

何度観ても面白い作品だなぁ~(゚ー゚)(。_。)うんうん。
単発のネタも沢山あって、ちょこちょこ観るツマミ食いでも充分楽しめる作品だけど、でもやっぱり全編通して画面に集中してた方がより小ネタを発見できると思います。
あのネタをここでまた引っ張り出すかー!w(゚o゚)w とか、
このネタはここに繋がってたのかー!!(≧∇≦)などなど、凝った作りになってるなぁと感心!

また、今回これ観たの3回目になるんだけど、より一層楽しめたのは誕生日の前夜に観たからかも!?
私だけじゃないと思うんだけど、大晦日とか誕生日って妙に浮き立ちませんか!?
やっぱ新しい年(年齢)が始まるのって、生まれ変われるみたいでドキドキワクワク。
この2日は何か共通した感覚があるんだよね。
そんなときに観たので、妙に素直にノリに乗ってしまいました。

ところで、何度観てもオダギリジョーの役がオダギリジョーに見えないデス。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。