pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと

date★2009.04.01(Wed) category★アメリカ作品
マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと

2008年 アメリカ作品 118分 20世紀FOX配給
原題:MARLEY & ME
STAFF
監督:デヴィッド・フランケル
脚本:スコット・フランク ドン・ルース
原作:ジョン・グローガン『マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと』(早川書房刊)
CAST
オーウェン・ウィルソン ジェニファー・アニストン エリック・デイン アラン・アーキン キャスリーン・ターナー


キミがメチャクチャにした人生が、
私たちの宝物。


■Story
共にジャーナリストのジョンとジェニーは、結婚を機にミシガンから温暖なフロリダへ引っ越し、新生活をスタートさせた。
また、子供が欲しいと願うも親になる心構えが整っていなかった2人は、子育ての予行演習にと子犬を飼うことに。
そして、ジェニーの誕生日プレゼントとしてやって来たクリーム色のラブラドール・レトリーバー、“マーリー”が晴れて一家の一員となる。
しかし、マーリーは夫妻の手に負えないほど元気が有り余っていた。
ほかの犬や飼い主に飛びかかった挙げ句に顔中をヨダレまみれにし、家具を噛みちぎっては何でもかんでも食べたがる。
さらには雷に異常なほど怯え、犬の訓練学校ではインストラクターからお払い箱にされる始末。
それでも夫妻はマーリーとの忙しくも楽しい日々に心癒されていく。
そんな中、彼らはついに子供を持とうと決意し、ジェニーはめでたく妊娠するのだが…。
allcinemaより)


マーリー世界一おバカな犬が教えてくれたこと2

原作がすごく面白くて、意外と文字で読んでも犬の愛くるしさが伝わってくるもんだと感心したんだけど、映像で観ると、やっぱり本当の犬(の映像)には敵わないかなぁ~。
もう顔がゆるみっぱなしのほころびっぱなしです。(*´ェ`*)
原作を読んだ印象通り、映画でも決して犬だけが主役ではなく、犬を取り巻く家族の成長記という確立されたものになっていたのが好感。
常に犬を中心に、でも犬の話だけにとどまらないという、終始一貫してブレないストーリーの進み方が気持ちよかったです。(*゚∀゚)=3

奥さんに何かと協力的な旦那様に、可愛い子供3人と犬1匹。
めちゃくちゃ憧れる家族像ではあるけれども、もし将来同じ立場になれたときはジェニーと同じ様にイライラする日々が続くんだろうなぁなんて思った…。
仕事がバリバリ出来る今は結婚や子供に憧れ、結婚したら独身貴族に憧れるんでしょうねぇ、無いものねだりで。(苦笑)

やっぱりオーウェン・ウィルソンもジェニファー・アニストンも出演作品何作か観たけど、この作品が一番イイ!
ジェニファーの、Tシャツとジーンズだけでサマになる肉体美が羨ましい…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。