pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラン・トリノ

date★2009.05.31(Sun) category★アメリカ作品
グラン・トリノ

2008年 アメリカ作品 117分 ワーナー配給
原題:GRAN TORINO
STAFF
監督:クリント・イーストウッド
脚本:ニック・シェンク
原案:デヴィッド・ジョハンソン ニック・シェンク
CAST
クリント・イーストウッド ビー・ヴァン アーニー・ハー クリストファー・カーリー コリー・ハードリクト


俺は迷っていた、人生の締めくくり方を。
少年は知らなかった、人生の始め方を。


■Story
長年一筋で勤め上げたフォードの工場を引退し、妻にも先立たれた孤独な老人ウォルト・コワルスキー。
いまや、彼の暮らす住宅街に昔馴染みは一人もおらず、朝鮮戦争帰還兵の彼が嫌ってやまないアジア人をはじめ外国人であふれる通りを目にしては苦虫をかみつぶし、亡き妻に頼まれたと、しつこく懺悔を勧めてくる若造神父にも悪態をついては追い返す日々。
自宅をきれいに手入れしながら、愛犬デイジーと72年製フォード車グラン・トリノを心の友に、お迎えが来るのをただじっと待つ退屈な余生を送っていた。
そんなある日、彼が大切にする自慢の庭で、隣に住むモン族の気弱な少年タオと不良少年グループがもみ合っているのを目撃したウォルト。
彼らを追い払おうとライフルを手にするが、結果的にタオを助けることに。
タオの母親と姉がこれに感謝し、以来何かとお節介を焼き始める。
最初は迷惑がるものの、次第に父親のいないタオのことを気に掛けるようになるウォルトだったが…。
allcinemaより)


グラン・トリノ2

必ず余韻を残すイーストウッドの作品を観た後、自分なりにあれこれ考え込んでしまう時間が何となく好きだったりします。

「カメラの前で演じる事よりも、カメラの裏の仕事の方が今の自分は興味深いんだ」
と語るイーストウッドだけど、彼の素晴らしい点は、監督業と俳優業を切り離して考え、そしてどちらの仕事でも超一級品を作り上げる点だと思う。
よく監督と俳優を兼任してる人は、自分の自分による自分のための独りよがりな映画を作ってしまう人が多いように思えるけど、イーストウッドは自分の実年齢や容姿やオーラを充分わきまえていて、その作品に自分はふさわしくないと思えばカメラの前から潔く姿を消してしまう。
それを「チェンジリング」では、「誘拐される子供達を演じるには、俺は若すぎるだろ?」なんてユーモアを交えて語っていた。
そして今作では逆に自分以上にふさわしい俳優はいないと的確な判断をし、また最高傑作を作り出してくれました。

今作もずっしりと余韻を残していってくれました、イーストウッド監督…。
またまた賛否両論分かれるラストです。
実は観終わった直後は、彼の作品の中では珍しく主人公の出した結論に反対でした。
自分の余命を見据えての決断だったのだろうけど、遺されたタオやスーの気持ちはどうなる?
自分たちのせいで殺されてしまうのと、病気に負けて亡くなるのとでは、心に残る傷の深さが違うのではないか?
カッコイイ幕引きだったけど、それって自己満足だよ、と。
でも観終わって数時間経った今は、意見が変わってきた。
それはまだ上手く文章にまとめられないのだけれども、決して自己満足や恩の押し売りではなく、命をかけた息子・娘同然の二人への教訓だったのかな、と。

深読みしすぎなのかもしれないけど、彼の映画人生とリンクさせるとよりいっそう深いラストに思えてならない。
70年代の彼の有名な作品の数々はまだ観てないのだけれども、銃を乱射して暴力は暴力で制すというような役どころばかりだったらしいですよね?
でも、出演作品はコレが最後だと言われてる今作で、暴力は暴力しか生まないということを自身の役を殺して訴えているのです。
これが彼の俳優人生の幕の引き方なのかなと思うと、妙に切なくて仕方が無い。
そして「やられたわ~!」と思わず叫びたくなる。
でもでも、願わくばそんなカッコイイ幕引きではなく、これからも監督:クリント・イーストウッド作品は勿論、俳優:クリント・イーストウッド作品も観たい!と思う。
スポンサーサイト

ラスト、コーション

date★2009.05.28(Thu) category★その他の国の作品
ラスト、コーション

2007年 中国/アメリカ作品 158分 ワイズポリシー配給
原題:色・戒 LUST, CAUTION
STAFF
監督:アン・リー
脚本:ワン・フイリン ジェームズ・シェイマス
原作:チャン・アイリン『ラスト、コーション 色・戒』(『アイリーン・チャン短編集』所収)
CAST
トニー・レオン タン・ウェイ ワン・リーホン ジョアン・チェン トゥオ・ツォンホァ チュウ・チーイン


その愛は、許されるのか?

■Story
1942年、日本軍占領下の上海。ごく普通の女子大生チアチーは、抗日運動に心血を注ぐクァンに秘かな恋心を抱き、彼と行動を共にする中で次第に感化されていく。
やがてチアチーは、日本の傀儡政府に協力する特務機関のリーダー、イーに近づき暗殺を遂行する危険な任務を与えられる。さっそく身分を偽りイー夫人に接近し、冷徹で異常なほど用心深いイーを誘惑する機会を窺うチアチーだったが…。
allcinemaより)


ラスト、コーション2

「過激、過激」と騒がれたこの作品。DVDパッケージの裏にも劇場公開時よりも過激ですという注意書きがあるし。
ってことで、内容どうこうよりソコが気になって観ようと思ったんです。正直(。-_-。)ポッ
でも観始めてみれば、どんどんストーリーにのめりこんだ。
確かに性描写は今まで観たどの映画よりも激しかった。けど、下品じゃなかった。
最初は「レイプか!」と思うくらい手荒いトニー・レオンの一方的な情事だったのに、回数を重ねるごとにマイ夫人への目線や扱いが優しいものに変わり、それが切ないラストへと繋がるのだろうなと構えていたら案の定。本当に切ないラストでした。
トニー・レオンが評価されてる理由がよく分かったよ。一歩間違えれば狂い咲きしたオヤジになってしまうのに、哀愁と切なさを漂わせ、一体この人はどういった人生をおくってきたのか?と、思わず年の差を考えずに一人の男性として気になってしまう存在だった。
…ただ、身長がちょっと足らんかなぁ?( ̄▽ ̄;)
マイ夫人と並ぶとほぼ同じ。肩幅が狭い分小柄なのが目立ってしまう。
ラストの最高に切ない車に飛び込むシーンも、「足短っ…!」なんてちょっとしらけたひと言が漏れてしまいました…。

面白かった~とは言えないけど、観てよかったと思いました。
激しい性描写ばかりが話題になってるように思えるけど、内容が重いからこそ、それも必要なシーンだったと思えます。

噂のアゲメンに恋をした!

date★2009.05.24(Sun) category★アメリカ作品
噂のアゲメンに恋をした!

2007年 アメリカ作品 99分 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
原題:GOOD LUCK CHUCK
STAFF
監督:マーク・ヘルフリッチ
脚本:ジョシュ・ストールバーグ
CAST
デイン・クック ジェシカ・アルバ ダン・フォグラー ロニー・ロス シャーラン・シモンズ


■Story
歯科医として成功を収めているチャーリーだったが、私生活では理想の女性に巡り会えず満たされない日々。子どもの頃にゴスロリ少女にかけられた呪いのことが気になり始めるチャーリー。いつの間にか、元カノたちが自分と別れた直後に幸せを掴むという妙なジンクスまで出来ていた。やがて噂が広まり、幸せを求める女性がチャーリーと一夜を共にしようと行列をつくるまでに。
しかし、誰も自分目当てでないことにむなしさを感じ始めたとき、彼はキャムという天然キャラの美女と出会い、彼女こそ運命の女性と確信するのだったが…。
allcinemaより)


噂のアゲメンに恋をした!2


最後の恋を求めて色んな男性と関係を持ち、遊ばれて捨てられる女性って見ていて痛々しいし「何やってんだ~!」なんて思うけど、それが男性となると笑えマス。(* ̄m ̄)プッ
かなりくだらなくて下品なラブコメだし、主人公の友達は女性から見れば最低なヤツなんだけど、嫌悪感はない作品でした。
むしろ、男はその友達が言うように、「一人の女に縛られるのはイヤだ、数多くの女とHを楽しみたい」というのが多数派の本音だろうに、「本物の恋をしたい。踏み石になるのはイヤだ。一夫一婦に憧れる」と言う主人公が健気に見えたよ。

しかし、仮にこういうアゲメンって言うの?が身近にいたとしたら、あんなあからさまに次々女が迫ってくるもんかね…?
運命の人とめぐり合うために好きでもない男と寝るしたたかな女性が多い中で、ジェシカ・アルバの純粋さが一層引き立てられてました。
度を越したドジすら可愛い…けど、毎日こんなんが常に一緒だったらさすがにイライラしそうだ。(笑)

下品なラブコメって、「笑える」と「引く」のボーダーラインが際どいと思ってたけど、ここはやっぱり女性贔屓の目線で、男が笑いモンになり利用されるのはOK、女性がそうなるのはNGなのかも?ヾ(@°▽°@)ノあはは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。