pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Shopgirl/恋の商品価値

date★2010.03.24(Wed) category★アメリカ作品
shopgirl

2005年 アメリカ作品 107分 劇場未公開
原題:SHOPGIRL
STAFF
監督:アナンド・タッカー
脚本・原作:スティーヴ・マーティン『ショップガール』(集英社刊)
CAST
スティーヴ・マーティン クレア・デインズ ジェイソン・シュワルツマン ブリジット・ウィルソン=サンプラス


■Story
高級デパートの婦人用手袋売り場で店員をするミラベルは、LAで一人暮らしをする20代の女性。孤独な彼女は、ある時、対照的な2人の男性と出会う。
ひとりは、自称アーティストの貧乏で不器用な青年ジェレミー。そして、もうひとりは、60近いお金持ちのおしゃれな紳士レイ。
やがてミラベルは、本気の恋愛関係にはなれないと知りつつも、夢のような体験をさせてくれるレイと付き合い始めるが…。
allcinemaより)


shopgirl2

ひたすらスティーヴ・マーティンのセレブっぷりを見せ付けられただけ??
これは自分の中でラジー賞かもしれない…。
画の色使い、雰囲気、音楽、そしてキャスト(ジェレミーのジェイソン・シュワルツマン以外)が素敵だったので、思わず無心で最後まで観てしまったけど、ふと気付けば何も共感できなければ面白くもなかったという作品でした。
むしろ我に返ってよくよく考えると、レイ(スティーヴ・マーティン)の自己中心的な考えと、ミラベル(クレア・デインズ)の優柔不断さと、ジェレミーのキモさ(爆)にイライラしてきました。

原作がどう書かれてるのか知らないけど、これがアメリカでベストセラー?
でも原作と脚本を同じスティーブ・マーティンが書いてるんだし、ましてや主役まで自分が演じてるんだから、原作のよさが損なわれてる事はない映像化なんだろうなぁ。

DVDパッケージのポップさとキャスティングから、物欲をそそられる「お買いもの中毒な私!」みたいな作品を想像してました…。
ガックシ。_| ̄|○
スポンサーサイト

プリズン・ブレイク:ファイナル・ブレイク

date★2010.03.22(Mon) category★海外ドラマ
プリズン・ブレイクファイナル

2009年 アメリカ作品
原題:PRISON BREAK: THE FINAL BREAK
CAST
ウェントワース・ミラー ドミニク・パーセル  アマウリー・ノラスコ ウィリアム・フィクトナー ロバート・ネッパー サラ・ウェイン・キャリーズ


■Story
ファイナル・シーズンのラストシーンでの空白の4年間を描く。
スキュラ奪還計画が終了し、自由を得たマイケル達。そこでマイケルとサラが結婚式を挙げる。みんなで宴を楽しんでいる最中、突然警察によってサラがクリスティーナを殺害した容疑で拘束されてしまう。女子刑務所内でサラが命を狙われていると知ったマイケルは命がけでサラを救出する為の最後の脱獄計画を練るが、マイケルもまた病魔に侵されていた。
(wikipediaより)


ついに本当に本当に終わりです。
ファイナル・シーズンでは、免責されてついに自由の身になってからの展開が唐突で、「は!?」なんて驚いているうちに終わってしまった衝撃のエンディングだったけど、その免責されてからあのエンディングの間に起きた一大事件がこの作品。
んもーマイケルとサラに安息の日々を与えてよ~!

でも、マイケルの奥様になるには相当な頭脳が必要だね…。(^^;)
投獄されてしまったサラを救うべく、マイケルが手紙や面会で暗号を使って指示を出してくれるんだけど、あんなの普通気付かないよ。(苦笑)
マイケルの頭脳はさることながら、その指示を受ける方も頭脳明晰じゃなきゃ成り立たない。
もしサラの立場が私だったら、さすがのマイケルでも救えないでしょう…。
ってか、マイケルに好かれないか…。がっくし。_| ̄|○

ウェントワース・ミラーは今後どんな作品に出るのか、すごく楽しみだなぁ。コメディが観てみたい!
あと、ロバート・ネッパーの善人役も観てみたい。…無理かな?(笑)

ワーキング・ガール

date★2010.03.19(Fri) category★アメリカ作品
ワーキング・ガール

1988年 アメリカ作品 113分 20世紀FOX配給
原題:WORKING GIRL
STAFF
監督:マイク・ニコルズ
脚本:ケヴィン・ウェイド
CAST
メラニー・グリフィス シガーニー・ウィーヴァー ハリソン・フォード アレック・ボールドウィン


■Story
ニューヨークの証券会社に勤めるテスは一流のキャリアウーマンを目指して夜学に通うなどの努力をしているが、学歴の差で秘書の立場に甘んじている。上司の女性部長キャサリンが、自分が考えた企業合併に関するアイディアを盗用しようとしているのを知ったテスは、一念発起の行動に出る。
(Amazonより)


ワーキング・ガール2

同じく80年代の女子のお仕事映画の「9時から5時まで」と内容も似ていて、「イヤな上司の留守中に平社員が革命を起こし、戻って来たときにはその上司の席はない!」というストーリー。
いいな、これ。自分もやりたい。(笑)
しかも本作は女性vs女性なので、恋人まで奪われてしまったという、もうその上司にとっては踏んだり蹴ったりの仕打ちでした。
でも、出し抜いてざまぁみろ!で終わる本作や「9時から5時まで」よりも、その後上司が社員の再就職を助けたというラストの「プラダを着た悪魔」が一番清清しい終わり方だね。
どんなにイヤな人とでも、「飛ぶ鳥後を濁さず」と言うように、やっぱり確執があるまま別れたくないもんなぁ。

ところでこの頃から、アメリカではオフィスでの女性のファッションはかなり自由だったのかな?
「9時から5時まで」でも思ったんだけど、派手なメイクにヘアースタイル、露出の多い洋服で、今の日本でも許されないような奇抜なファッションをした女性がオフィスに数人いたので気になった。
映画だからこそなのかなぁ?実際もOKなのかなぁ?

アレック・ボールドウィンが出てるという事で注目してたんだけど、どこに出てたんだ??
観終わった後ネットで調べたら、テスの恋人で浮気したミックでした。気付かなかったわぁ。かなり痩せてたんだね…。
ハリソン・フォードは素敵でした!

プリズン・ブレイク Season4

date★2010.03.19(Fri) category★海外ドラマ
プリズン・ブレイク4

2008~2009年 アメリカ作品 全22話
原題:PRISON BREAK
CAST
ウェントワース・ミラー ドミニク・パーセル  アマウリー・ノラスコ ウィリアム・フィクトナー ロバート・ネッパー サラ・ウェイン・キャリーズ


■Story
ホームランドセキュリティのエージェント、ドンセルフの指示の下、マイケルらは、カンパニーから「スキュラ(Scylla)」と呼ばれるデータカードを奪うため、カンパニー幹部メンバーが持つデータカードをひとつずつ盗んでいく。
スキュラの獲得成功後、実はドンセルフは、スキュラを売るためにマイケル達を利用していたことが判明。スキュラを失ったカンパニーは、脳の病気を患っていたマイケルを治療する代わりに、リンカーン達にスキュラの奪還を命じた。スキュラを巡る争いには、以前カンパニーのメンバーだったマイケル達の母親がカンパニーの敵として登場。争いの中、スキュラは、再生可能なエネルギー技術のデータであることが分かる。
最後にマイケル達は、スキュラの奪還に成功し、カンパニーや母親に渡すことなく、全員無罪放免となることとなる。
(wikipediaより)


ラストボスはマイケルのお母さんで、リンカーンとマイケル兄弟の出生の秘密が絡んでくるだなんて憎い演出をしてくれます。
でもラストが悲しすぎる…。みんなそれぞれが望む幸せな生活に戻れたのに、一番よく働いたマイケルがなんでー!?
サラに一体どれだけの苦痛を与えるのー!!
24」のジャックと同じで、主人公は幸せになれない運命なの!?
この二人にも幸せなエンディングを用意して欲しかったです。

他にもベリックの自ら犠牲を買って出た死など、ファイナルなだけにもの悲しいエピソードが多かったんだけど、初めてプリズン・ブレイクシリーズを観てて笑ってしまったシーンもいくつか。タイプの違う人間が集まって一見凹凸グループなんだけど、皆自分の個性をいかした役割が与えられてて、誰一人欠かせない人材なんだなぁ~と思ってさ。
頭脳担当はマイケルとマホーン。この二人が揃うと安心する。
リンカーンとスクレは力担当。結婚するならこのタイプがいいな~!
んで、泥棒やチンピラ担当ティーバッグとベリック…。

…。

時には作戦上必要なんだよね。(笑)
他人のバッグを盗むとか、守衛の気を引くために騒ぐといったシーンには、必ずこの二人が選抜されるのには思わず笑っちゃいました。

この後ファイナル・ブレイクはあるけど、TVシリーズは観てる時間が長いだけに終わっちゃうと淋しいね。
マホーンがもう観れないのは悲しいなぁ。
マイケルよりマホーンの方が好きになっちゃったんだよね。
とりあえずファイナル・ブレイクを観なくちゃ!

ブライダル・ウォーズ

date★2010.03.16(Tue) category★アメリカ作品
ブライダル・ウォーズ

2009年 アメリカ作品 89分 劇場未公開
原題:BRIDE WARS
STAFF
監督:ゲイリー・ウィニック
脚本:グレッグ・デポール ケイシー・ウィルソン ジューン・ダイアン・ラファエル
原案:グレッグ・デポール
CAST
ケイト・ハドソン アン・ハサウェイ クリステン・ジョンストン ブライアン・グリーンバーグ


■Story
幼少の頃から理想の結婚を夢見てきた、幼馴染みで親友同士のリヴとエマ。そんな彼女たちも運命の相手を見つけ、いよいよ結婚することに。
そして、同じホテルで別の日に結婚式を挙げようと計画し、憧れだったニューヨークの名門プラザ・ホテルを式場に選ぶ。
ところが、ホテル側の手違いで同じ日時にダブル・ブッキングとなってしまい、どちらか一方が相手に譲らなくてはいけないハメになる。
しかし、リヴもエマも頑として譲らず、ついに式の日取りを巡る争奪戦が勃発。
互いに式の準備を妨害する争いは日に日に激しくなり、やがて2人の親友関係も絶縁状態になってしまうのだが…。
allcinemaより)


ブライダル・ウォーズ2

これが劇場未公開なのはもったいない!
ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイ主演なのは勿論、ストーリーもなかなか面白くて見応えありました。

私も去年末に結婚して、これから式の準備をしなくちゃなぁ~という状態なんだけど、悲しいかな、リヴとエマのように「理想の結婚式」というビジョンがあまりないんですよね(^^;)
そんな私のような人ならともかく、子供の頃から「6月にプラダ・ホテルで結婚式をする」なんて具体的な夢を持ち、エマなんか16歳の頃からそのために貯金までしてたというのだから、なかなか譲れないよね。
ヒートアップする二人の闘いを見てると、式のために結婚するんじゃないでしょ!と突っ込みたくもなるけど、希望を叶えようとするばかりに本末転倒になる意地の張り合いは分かるなぁ~。
一度エマがリヴに譲ろうとするんだけど、リヴは招待状のカードを選んでると知って、エマもメールで友人達に式の知らせを送ってしまうシーンがあるけど、あれよく分かる!
自分もきっと同じことするわ。( ̄▽ ̄;)
相手のことを思いやる気持ちがあるのかないのか、これが大切なんだよね。
もしお互いが「譲る」姿勢を見せてたら、お互いこんなに強情になる事はなかったんだろうなぁ~と思った。


これがお互いの結婚式両方ともぶち壊しのラストなら後味悪いんだけど、ハッピーエンドだしね★
ブラパットがはみ出たドレス姿のケイト・ハドソンが可愛かったです。(*・・*)

次は出産の日が重なりそうな二人。今度は産婦人科医を取り合ったら面白いね!ヾ(@°▽°@)ノあはは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。