pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

date★2010.12.31(Fri) category★その他の国の作品
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

2007年 アメリカ/イギリス作品 138分 ワーナー配給
原題:HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
STAFF
監督:デヴィッド・イェーツ
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
原作:J・K・ローリング
CAST
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン ロビー・コルトレーン


これからお前は[すべて]を失う。

■Story
ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハリーはある日、人間界で魔法を使ってしまい、魔法界を追放されかねない立場に追い込まれる。
ヴォルデモート卿の復活が起因と証言したダンブルドア校長のおかげで処罰を免れたハリー。
しかし、魔法省は、ダンブルドアは魔法大臣の地位を横取りするために嘘の証言をしたと勘ぐり、防衛術を教える女教師を学校全体の監視役として送り込んでくるのだった。
一方、ヴォルデモートは仲間を集め、ハリーたちを陥れようと暗躍し始める。その兆しを誰よりも早く察知していたハリーは、ロンやハーマイオニーたちと秘かに“ダンブルドア軍団”を結成するが…。
allcinemaより)


ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団2


原作を読んでなくても、(なんとか)ついていけたぞー!
炎のゴブレット」の感想で、画面全体が終始暗くて何が起きてるのか分からないシーンがあるって書いたけど、今回は前作より全体的に明るくて見やすかった。
「お前はパー子か!」と突っ込みたくなる、ピンクばかり着ているアンブリッジの陽気な存在のおかげで雰囲気も明るかったしね。
ハリーもロンも髪を切ってさっぱり☆少し若返ったような気がする。(笑)

原作通りなんだろうから、映画への文句というわけではないんだけど、そろそろハリーの特別な力を見てみたいとこ。
ハリー・ポッターの名前だけで周りから驚かれて特別視されてばかりなのに、いざという時にはシリウスやダンブルドアに救われてばかりの展開はもう見飽きた。
シリウス大好きだったのにーー!。゜゜(´□`。)°゜。わ~ん!
スネイプの記憶の中にいたハリーの父親像にはびっくり。
これからスネイプとハリーのお父さんとの関係がもっと明らかになるのかな。
さっさと「謎のプリンス」を観て、最新作は映画館に行こうかなぁ。

前作ではハリーの入浴シーン、今作はキスシーンが話題になってたけど、見応えあるもんじゃなかったな。
やっぱり年下興味ないんだな。(笑)
スポンサーサイト

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

date★2010.12.30(Thu) category★その他の国の作品
ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2005年 アメリカ/イギリス作品 157分 ワーナー配給
原題:HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE
STAFF
監督:マイク・ニューウェル
脚本:スティーヴ・クローヴス
原作:J・K・ローリング
CAST
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン マイケル・ガンボン トム・フェルトン スターニスラフ・イワネフスキー


■Story
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に進級。その新学期の初日、ダンブルドア校長から重大発表がなされた。100年の封印を破り、もはや伝説となった“三大魔法学校対抗試合”がホグワーツ主催で復活を遂げるというのだ。それは世界の三大魔法学校の生徒が一堂に会するなか、各校から1名ずつ選ばれた代表選手3名が魔法の力を競い合う交流戦。そしてその代表選手は立候補した生徒の中から“炎のゴブレット”が選び出す。
ところが、各校の代表3名が選ばれた直後、立候補もしていなければ17歳という年齢制限にも満たない14歳のハリーがなぜか4人目の選手として選ばれてしまう。
かくして、理由も分からぬまま、ハリーはこれから始まる3つの危険な試合に挑むハメになるのだった。
allcinemaより)


ハリー・ポッターと炎のゴブレット2

あぁー、またこの作品でハリポタシリーズ、ギブアップしちゃいそう…。これじゃ前回と同じだよ…。
でも、内容だけじゃなく画面全体が終始暗くて眠気を誘われる…。(´=ω=`)
もう少し作品全体のテイストを明るくして欲しい。たまに画面が暗すぎて、何が起きてるのか分からないシーンもあるんだもん。

前作から代わったダンブルドア役のマイケル・ガンボン。この作品でよりいっそう違和感を感じました。
ダンブルドアの教育方針って、生徒に何かと強制はしない、自発的なものを何よりも重んじるよね。いつも生徒達を温かい目で見守る優しい校長先生、ダンブルドア像を最初の2作品でリチャード・ハリスが見事に作り上げた。
でも、マイケル・ガンボンの校長先生は怖いっ!ハリーにお前が犯人だと決め付けたような強い押しは、なんだかダンブルドアと結びつかない行動でした。
まぁ、原作を読んでないので、そこはただ原作に忠実なのかマイケル・ガンボンの雰囲気や演技から感じた違和感なのか分からないけど…。

1作目から続いてる子役達も、だんだん演技力が問われるような年代になったね。
前作くらいまではどんなシーンでも可愛いなと親心で見れたけど、もう14歳にもなればそれはちょっと許されない…。
正直ハーマイオニーのエマ・ワトソンの演技がオーバーアクトで目についた。
いつでも同じ調子でギャーギャー。横でうんざりしているロンのルパート・グリントはすごくうまいなぁ、と思いました。ハリーは、もうダニエル・ラドクリフがどうこうというより、ハリー・ポッターにしか見えない…。

さてさて、次の「不死鳥の騎士団」は初挑戦だ…。ついていけるかな…。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

date★2010.12.24(Fri) category★その他の国の作品
ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

2004年 アメリカ/イギリス作品 142分 ワーナー配給
原題:HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
STAFF
監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:スティーヴ・クローヴス
原作:J・K・ローリング
CAST
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ゲイリー・オールドマン ロビー・コルトレーン


■Story
揃ってホグワーツ魔法学校の3年生になったハリー・ポッターとロン、ハーマイオニーの親友3人組。
進級早々ハリーは、人間の世界で誤って魔法を使ってしまい退学の危機に直面する。ところが、さらなる危険がハリーに襲い掛かる。ヴォルデモートの手下である凶悪犯シリウス・ブラックが、脱出不可能と言われる牢獄アズカバンから脱走し、ハリーを探し回っているというのだ。
どうやら、ブラックはハリーの両親の死と関係があるらしい。そしてホグワーツには、危険な脱獄囚から生徒を守るため吸魂鬼ディメンターたちがやって来るのだったが…。
allcinemaより)


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人2

だんだんダークな展開になってきました…。
DVDのパッケージの色合いを見ても分かるように、最初はワクワクさせられるファンタジーストーリーだったのに、このアズカバンあたりから何だかシリアスな雰囲気漂う暗い色合い…。
「ホラー・ポッター」なんて書いてる人もいたみたいだけど、なかなか上手い表現です。
以前、この暗さとストーリーの複雑さについていけず、原作はこの作品で、映画は次の「炎のゴブレット」でギブアップしてしまいました。
改めて観て、今回でやっとこの作品も全部理解出来たと思う…。
「炎のゴブレット」観る前に、原作読んだ方がいいかなぁ。

ストーリーがダークなものになってきた、の他にも、ダンブルドア校長の役者が変わった、ハリー達が急速に成長した、監督が変わった、と何かと今までのシリーズから変化したものが多い作品。
秘密の部屋」でも書いたけど、やっぱりダンブルドアはリチャード・ハリスが良かったなぁ。
主要キャストを変えることなくシリーズを続けていることに賛否両論あるようだけど、私は正解だと思う。
やっぱハリーはダニエル・ラドクリフしか出来ない!ロン、ハーマイオニーも同じく。
それが故、ハリーシリーズが終わった後のキャリアが前途多難かもね?どの役を見てもハリーにしか見えない気がする…。ま、このシリーズで一生分稼いだみたいだからいっか~。

毎回新しく加わるキャストも楽しみの一つ。
今回のゲイリー・オールドマンは今までで一番嬉しい新キャストでした☆

フリーダム・ライターズ

date★2010.12.09(Thu) category★アメリカ作品
フリーダム・ライターズ

2007年 アメリカ作品 123分 UIP配給
原題:FREEDOM WRITERS
STAFF
監督・脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ
原作:エリン・グルーウェル
CAST
ヒラリー・スワンク パトリック・デンプシー スコット・グレン イメルダ・スタウントン マリオ エイプリル・リー・エルナンデス


昨日までの涙が、インクになる。

それは、一人の新米教師と、一冊のノートが起こした奇跡の実話。


■Story
1994年、ロサンジェルス郊外のウィルソン公立高校。ここに理想と情熱を持って赴任してきた若い国語教師エリン・グルーウェル。しかし、2年前のロス暴動以来、激しさを増した人種間の対立は、彼女が受け持つ教室にも影を落とし、生徒たちはラティーノ、アフリカン・アメリカン、アジア系など、人種ごとに徒党を組み一触即発の状態。銃やドラッグがはびこり、その日を生きるのに精一杯で誰も将来のことなど考えようともしなかった。
そんな生徒たちを相手に授業の進め方に苦心するエリン。ある日彼女は、生徒全員に日記帳を配り、何でもいいから毎日書くようにと提案する。
やがて、徐々に本音を綴るようになった生徒たちは、次第にエリンに心を開き、そして自らの内面とも向き合い始めるのだった。
allcinemaより)


フリーダム・ライターズ2

TSUTAYAで「面白くなければ返金します」のコーナーにあった作品。
あれって本当に「面白くなかったんで、お金返してください」と言いに来るお客さんはいるのだろうか…?
私は勇気ないなぁ…。
あ、でもこの作品は本当に面白かったです!

肌の色による人種差別は、アメリカでは根深くて大きな問題だけど、それを日本に住んでいる日本人の私達が同じ温度で考えられると言ったらそれは絶対に間違ってる。考えられるはずがない。だからそのあたりの感想は触れないでおこうと思う。
ただ単純にやんちゃで手が付けられない生徒達と先生の話として観ても、とてもいい映画だった。
熱血教師って自分が学生時代のときにも何人かいたけど、生徒の目から見て自己満足にしか見えなくて全然生徒には響いてこない空回りしている先生がほとんど。
その内生徒達の反応がイマイチなもんだから勝手に怒って急にやり方を変える先生もいたなぁ。
でもこのミスGはすぐに生徒の反応が返ってこなかろうと、いくらプライベートがうまくいかなかろうと、自分の信念とやり方は貫き通す精神力がすごい。
生徒や同僚に媚を売らないやり方も気に入った。
やっぱり学生時代に、生徒の心を掴もうと、やたら馴れ馴れしくする先生もいた。先生は生徒を教育するものとして毅然とブレない存在でいてほしい。

自分が女性だからかもしれないけど、夫(パトリック・デンプシー)は自分に構ってもらえないから出て行ったというより、妻がものすごい行動力で次々と夢を叶えていくのに対して、自分は建築士の夢に一歩も近付けないから、プライドが崩れて逃げ出した負け犬にしか見えなかった。
きっと彼は再婚するとしても、叱咤激励して夢の実現を応援してくれる女性ではなく、優しい言葉ばかりかけてなぐさめてくれる女性と再婚するんだろうなぁ、なんてことを思いました。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

date★2010.12.08(Wed) category★その他の国の作品
ハリー・ポッターと秘密の部屋

2002年 アメリカ/イギリス作品 161分 ワーナー配給
原題:HARRY POTTER AND THE CHAMBER OF SECRETS
STAFF
監督:クリス・コロンバス
脚本:スティーヴ・クローヴス
原作:J・K・ローリング
CAST
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン リチャード・ハリス マギー・スミス ケネス・ブラナー


“ドビーめは警告しに参りました。”

■Story
ハリーは学校での最初の1年を終え、夏休みをダーズリー一家のもとで過ごしていた。ハリーが相変わらず意地悪な一家に嫌気がさしていたある日、突然ドビーという“屋敷しもべ妖精”が現れる。ドビーはホグワーツへ戻らないよう警告するが、ハリーはそれを聞かずに、助けに来てくれたロンと共にダーズリー家を抜け出した。
そして新学期。晴れて2年生となったハリーとロンは、もうひとりの親友ハーマイオニーとも再会し、いつもの充実した学校生活を送っていたが、やがて校内で不気味な出来事が次々と起こり始める…。
allcinemaより)


ハリー・ポッターと秘密の部屋2

前作と続けて観ると、ダニエル達の成長がものすごくよく分かる。外見はそんなに大きく変わってないけど、ハリー、ロン、マルフォイの少年達は思春期特有の裏返った声をしてる。
次の「アズカバンの囚人」を初めて観たとき、「うわー。大きくなってしまった!」とびっくりした記憶があります。

内容はここまでは完璧になんとか理解出来てます。原作も読んでるからかな?
次あたりから怪しくなり、「炎のゴブレット」でチンプンカンプンになり、「不死鳥の騎士団」からはギブアップで未見です。集中して観なくちゃ。(;^ω^)

シリーズを重ねるごとにシリアスになっていくハリポタ。本作も前作と比べればシリアスな展開になっていく。
その中でケネス・ブラナーのロックハートがなかなかいいガス抜きの存在になってる。
彼の出演作品は「ハムレット」しか観たことないけど、「ハムレット」でもビロビロの衣装を着てオーバーアクトで演じていたので、何だかこういうの適役だなぁ、楽しそうだなぁって思ったり。
なんて言ってしまうと、壮大なシェイクスピアの作品の真面目な役と比べるな!と言われてしまいそうだけど、「ハムレット」でも何だか4時間も見ているうちに笑いがこみ上げてしまったもので…。

リチャード・ハリスのダンブルドアは今作が見納めなんだよね。
次回作からのダンブルドア役マイケル・ガンボンは、初めて観たときなんだかキツイ顔のダンブルドアだなぁと思った記憶あり。そこらへんも注目して次も続けて観てみよう。

ハリー・ポッターと賢者の石

date★2010.12.07(Tue) category★その他の国の作品
ハリー・ポッターと賢者の石

2001年 アメリカ/イギリス作品 152分 ワーナー配給
原題:HARRY POTTER AND THE SORCERER'S STONE
STAFF
監督:クリス・コロンバス
脚本:スティーヴ・クローヴス
原作:J・K・ローリング
CAST
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン リチャード・ハリス マギー・スミス


■Story
両親の死後、親戚の家に預けられたハリー・ポッター少年。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。
そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。実は、ハリーの両親は優秀な魔法使いだったのだ。
手紙に導かれるままホグワーツ魔法魔術学校にたどり着いたハリーは、さっそく魔法使いになるための勉強を始める。ロンとハーマイオニーという友達もでき、楽しい毎日を送るハリーだったが、やがて学校に隠された驚くべき秘密に気づくのだった…。
allcinemaより)


ハリー・ポッターと賢者の石2

このシリーズに挑戦するのは一体何度目なんだろう…。
4作目ぐらいまではちゃんと原作も読んで映画館に行ってと、リアルタイムでハリー・ポッターシリーズを楽しんでたんだけど、だんだんスケールが大きくなるにつれてついていけなくなってしまいました。

やっぱりこの1作目は分かりやすい。舞台がまだ学校内だけなので、同じ監督の「ホーム・アローン」の魔法界バージョンって感じで、あどけないハリー、ロン、ハーマイオニーが可愛い!マルフォイもこんなに可愛らしかったんだねぇ。
そして何度観ても、あの原作をここまで映像化出来た事がすごいと思う。

でも魔法の世界でも贔屓は存在するんだ!?
校長先生までハリーとハリーの寮のグリフィンドールをかなりえこひいき。いくらハリーが魔法界で有名っていったって、あれじゃー他の寮の生徒がぐれちゃいそう。(笑)
次の「秘密の部屋」まではしっかり理解してたんです。
でも「アズカバン」あたりから「(・ω・?) ????」
しっかり観て復習します…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。