pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルマエ・ロマエ

date★2012.05.30(Wed) category★邦画
テルマエ・ロマエ

2012年 日本作品 108分 東宝配給
STAFF
監督:武内英樹
脚本:武藤将吾
原作:ヤマザキマリ
CAST
阿部寛 上戸彩 北村一輝 竹内力 宍戸開 勝矢 笹野高史 市村正親


ひとっ風呂、
タイムスリップしませんか。


■Story
古代ローマ帝国。浴場設計技師のルシウスは生真面目な性格が災いし、流行に乗り遅れて職場をクビになってしまう。
気分転換にと友人に誘われ、公衆浴場(テルマエ)にやってきたルシウス。突然そこで溺れてしまった彼は、なぜか現代日本の銭湯にタイムスリップする。
漫画家志望の山越真実ら、見たこともない平たい顔ばかりを前に途方に暮れるルシウスは、ローマよりも遥かに進んだ風呂文化を目の当たりにして愕然。
やがて古代ローマに戻ったルシウスは、平たい顔族(日本人)の風呂文化を採り入れた浴場を設計し大評判となるのだが…。
allcinemaより)


テルマエ・ロマエ2

今公開中のジョニー・デップ最新作「ダーク・シャドウ」を観た時も思ったけど、予告CMってアテになりませんね…( ´△`)はぁ…。
CMを観る限り抱腹絶倒のコメディかと思いきや、CMに使われているのはごく一部、もしくは編集のなせる技であって、本編を観るとそもそも路線が違うというオチ…。
まぁ、この「テルマエ・ロマエ」は前半は期待通りだったので、まだいいかな。
エッチなシーンが一つもないのに、こんなに脱ぐ作品も珍しいだろうという脱ぎっぷりです、阿部ちゃん。(笑)
またその裸体が鍛え上げられたセクシーなボディなのに、何だか色気を感じるよりも笑いを誘われる…。

古代ローマで風呂の設計について悩む→現代の日本にタイムスリップ→いちいち色んなものに感動する→いちいち真っ裸→ローマに戻って真似る。
そんなことを繰り返してる前半は大いに笑った。
「平たい顔の種族」である日本で、「顔が濃い人選手権」でもやったなら、上位ランキングを占めるであろう濃い俳優達が揃い、ローマ人を演じているのも面白い。平井堅も出てれば完璧!?

けど、後半の展開はガラリと変わる。一気につまらなくなってしまったのです…。
そりゃ、延々ローマと現代の日本のタイムスリップを繰り返してたって、しょーもないんだけどさ。(笑)話もまとまらないだろうし。
でも、前半との差がありすぎ。
これなら延々タイムスリップを観ていたい…。それもそれで、飽きるだろうけど。(苦笑)

せっかく体張ったのにね。阿部ちゃん…。惜しい作品だ。

最近の映画の予告CMで、抱腹絶倒コメディを期待して行って、期待通りだったのは「ロボジー」だけだったかもなぁ。
スポンサーサイト

アーティスト

date★2012.05.23(Wed) category★フランス作品
アーティスト

2011年 フランス作品 101分 ギャガ配給
原題:THE ARTIST
STAFF
監督・脚本:ミシェル・アザナヴィシウス
CAST
ジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ ジョン・グッドマン ジェームズ・クロムウェル ペネロープ・アン・ミラー


温かい涙、溢れ出す愛。この感動に世界が喝采――

■Story
1927年、ハリウッド。サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティンは、彼に憧れる女優の卵ペピーと出会い、自身の主演作でエキストラの役を手にした彼女に優しくアドバイスをおくる。
そんな中、時代はセリフのあるトーキー映画へと大きく変わっていく。しかしジョージは、自分は芸術家だと主張してサイレント映画に固執、瞬く間にスターの座から滑り落ちることに。
そんなジョージとは対照的に、時代の波に乗ってスターの階段を駆け上っていくペピーだったが…。
allcinemaより)


アーティスト2

サイレント映画を知らない20代である私が、サイレント映画を劇場で観れる機会を与えてくれてありがとう!この作品を作ってくれてありがとう!ミシェル監督!!
アカデミー賞を獲った作品って、専門的だったり文学的だったりと小難しいものが多いと思う(…のは私だけ!?)けど、これはいたってシンプル。
シンプル&サイレントなだけに演出や俳優一人ひとりの一挙一動がキーになってくるわけだけれども、どれも秀逸なんです。

ただ、「サイレント映画」とは言っても、現代の技術があるからこそのサイレント映画。
サイレントの時代が続くと信じているジョージが、トーキーのテスト版を観た後の楽屋でのシーンで、初めて物音が挿入される。
コップを置く音。愛犬の鳴き声。でも、自分の声はいくら叫んでも聞こえてこない。
世界が激変した瞬間。ジョージが世界から取り残された瞬間。こんなに上手い効果音の使い方があるだろうか。

それ以降ジョージにとって辛い日々が続くわけだけれども、いつまでたっても考えを新しいものにシフト出来ない頑固な彼を、何故か責められない。
ジョージがあまりにもチャーミングで。
彼の声を一度も聞いたことないのにそう思わせるのは、やはり俳優の演技力だよね。
そんな彼に、一年も給料が支払われていないというのに律儀に仕える執事(ジェームズ・クロムウェル)がまた泣かせるんだ(´_`。)もちろん愛犬もね。

とにかく、ステキでイキで、そして「斬新」な映画でした。
「サイレント映画って眠くなるんじゃ…」なんて思っていたけど、サイレント映画だからこそ感性が研ぎ澄まされ、よりストーリーが頭や心に染み渡るんだなと、新しい発見です。

アーティスト3
↑この絵のポストカードあったら欲しい

おとなのけんか

date★2012.05.23(Wed) category★その他の国の作品
おとなのけんか

2011年 フランス/ドイツ/ポーランド作品 79分 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
原題:CARNAGE
STAFF
監督:ロマン・ポランスキー
脚本:ロマン・ポランスキー ヤスミナ・レザ
原作戯曲:ヤスミナ・レザ
CAST
ジョディ・フォスター ケイト・ウィンスレット クリストフ・ヴァルツ ジョン・C・ライリー


顔で笑って、心に殺意。

■Story
ニューヨーク、ブルックリン。11歳の子ども同士が喧嘩し、片方が前歯を折るケガを負う。
ケガを負わせてしまった側のカウアン夫妻がロングストリート夫妻の家に謝罪に訪れ、和解の話し合いが行われる。
お互いに社交的に振る舞い、話し合いは冷静かつ友好的な形で淡々と進んでいくかに思われたが…。
allcinemaより)


おとなのけんか2

本日水曜日。レディースデイということで、後で感想書きますが、これと「アーティスト」の二本を観てきました。
意図的ではないのだけれども、対極の二作品を選んでしまったようです。ヾ(~∇~;)
片やサイレント映画で、演出に凝ったもの。
そして、これは密室でリアルタイムで進行する脚本命の作品。
どちらも面白かった~。


とにかくこの四人が上手い。
だからこそ、リアリティ満載でスリリングでエキサイティングで、そしてバカバカしい。(笑)
「おとなの話し合い」⇒「おとなのけんか」⇒「もはや子供以下のけんか」と発展していきます。
アランにひっきりなしにかかってくる携帯電話が引き金となり、一人、また一人と本性を露にしていき、もはや論点ずれまくり。
敵だった人が味方になり、味方だった人が敵になり、2対2だったのが1対3になったり。めまぐるしい展開が楽しくて仕方が無い。
家族という不気味ともいえる連帯感、夫婦も所詮他人だという孤独感、自分が一番カワイイと言うエゴ。
こんなに痛いほど人間の本質を見せ付けられる作品も、珍しいです。
傍から見れば滑稽だけど、本性を歯止めをきかせずに露にしたら、人間誰でもああなるのではないでしょうか。

「もう終わりだ!」と、エレベーターホールまで何回か向かうのに、なんだかんだとまだ言い足りない輩が出てきて部屋に戻るのもおかしい。
はよ帰れ。( ̄∀ ̄;)(笑)
ケイトの嘔吐のシーンは映画史上、一番豪快な吐きっぷりだったと思う。豪快すぎて気持ちよかったほど。

ラストのオチまで笑えます。
親の心子知らずとは、よく言ったもんだ。(笑)

ダーク・シャドウ

date★2012.05.21(Mon) category★アメリカ作品
ダーク・シャドウ

2012年 アメリカ作品 113分 ワーナー配給
原題:DARK SHADOWS
STAFF
監督:ティム・バートン
脚本:セス・グレアム=スミス
原案:ジョン・オーガスト セス・グレアム=スミス
CAST
ジョニー・デップ ミシェル・ファイファー ヘレナ・ボナム=カーター エヴァ・グリーン ベラ・ヒースコート


■Story
200年前、コリンウッド荘園の領主として裕福な暮らしを謳歌していたプレイボーイの青年バーナバス・コリンズ。しかし、魔女のアンジェリークを失恋させるという大きな過ちを犯し、ヴァンパイアに変えられ、墓に生き埋めにされてしまう。そして1972年、彼は墓から解放され自由の身となる。
しかし、2世紀の間にコリンウッド荘園は見る影もなく朽ち果て、すっかり落ちぶれてしまったコリンズ家の末裔たちは、互いに後ろ暗い秘密を抱えながら細々と生きていた。
そんなコリンズ家の末路を目の当たりにしたバーナバスは、愛する一族を憂い、その再興のために力を尽くそうと立ち上がるのだったが…。
allcinemaより)


ダーク・シャドウ2

ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、ティム・バートンの3人セットに加えて、ジョニデの変装モノはお腹いっぱいです。
なんて毎回そう言いながらも新作公開となれば、いそいそと劇場へ行ってしまうワタクシ…。
でも本作は、私の大好きなミシェル・ファイファーまで出てるというのだから、期待大!O(≧▽≦)O

…と思ってたのに…。私はイマイチ楽しめませんでした…。
ほんとうに今度こそお腹いっぱいかも。
どんなティム・バートンの奇想天外な世界観をもってしても、主要キャストがお決まりじゃ~既成感が拭えない。
笑える小ネタも盛り込まれてるんだけれども、何だかそれはパイレーツシリーズのジャックに通じるものがあるし。
一番笑ったのは、ティム・バートン監督の実の奥様であるヘレナ・ボナム=カーターの扱い。
おいおい、奥様そんな哀れな扱いかよ~。ヾ(~∇~;)
こんなところに「やっぱりこの監督は変わってる」と、一番感じさせられました。(笑)

大体元となったTVシリーズが、日本では未放送だって言うんだから、大ヒットしたアメリカと思い入れの温度差があるのは仕方ないよねぇ。

スウィート・ノーベンバー

date★2012.05.21(Mon) category★アメリカ作品
スウィート・ノーベンバー

2001年 アメリカ作品 120分 ワーナー配給
原題:SWEET NOVEMBER
STAFF
監督:パット・オコナー
脚本:カート・ヴォルカー
原案:ポール・ユーリック カート・ヴォルカー
CAST
キアヌ・リーヴス シャーリーズ・セロン ジェイソン・アイザックス グレッグ・ジャーマン リーアム・エイケン


■Story
広告代理店に勤めるエリートサラリーマンのネルソンはある日、風変わりな女性サラと出会い、“今日で10月は終り。あなた、私の11月にならない?”と突然持ちかけられる。
サラいわく“自分には問題を抱えた男を救う力があり、仕事人間の不幸なネルソンを助けてあげる”というのだ。勝手なもの言いに怒るネルソンだったが…。
allcinemaより)


スウィート・ノーベンバー2

初めて観たのは5年以上前。ストーリーはすっかり忘れてしまっていたけど、その時はバリバリ仕事をしている仕事人間だったので、サラ(シャーリーズ・セロン)の自由奔放さに、ネルソン(キアヌ・リーヴス)同様癒された覚えがあります。
今は優雅な(?)専業主婦の身なので、サラのような周りに癒しを与えられる存在になりたいなぁなんて思わされましたが、なかなか難しいですね。(^^;)
たとえ自由な時間とお金があっても、サラのような健全な精神を持ち続けるのはムズカシイ。

ところでこのお話、やっぱり「映画だから」キレイにまとまる話だろ~とはどうしても思っちゃいますよね。
実際にいたら、サラは自由奔放どころかただの自己中心な人になってしまう。前回観た時も確かそう思った。
でも、今回はちょっとだけ見方変わったかも。
自由でいいじゃないかと。周りなんか気にしなくても。
それはもう末期だからとか、そういうんじゃない。
したいことをする。一日一日を楽しむ。携帯や時計など、縛りがあるものはみんな外す。
それは一番シンプルな生き方なんじゃないかなぁと思った。
だって、人間みんな自分勝手だもん。みんな助け合いながらも傷つけあいながら生きているんだもん。
だからサラの自己中心的な生き方を、誰も否定出来ないんじゃない?そんな風に思った。

ただ…、チープな洋服に身をつつみ、掃除機でヘアースタイルを整えてもステキなのは、、、
セロンだからこそっすね…。

…うわ~ん…。・゚・(ノД`;)・゚・苦笑

ツレがうつになりまして。

date★2012.05.17(Thu) category★邦画
ツレがウツになりまして

2011年 日本作品 121分 東映配給
STAFF
監督:佐々部清
脚本:青島武
原作:細川貂々『ツレがうつになりまして。』『その後のツレがうつになりまして。』『イグアナの嫁』(幻冬舎刊)
CAST
宮崎あおい 堺雅人 吹越満 余貴美子 大杉漣 田山涼成 梅沢富美男


■Story
マイペースなハルさんは売れない漫画家。そのツレ(夫)は生真面目で仕事熱心なスーパーサラリーマン。
ところが結婚5年目のある日、ツレが突然“死にたい”とつぶやいた。診断の結果は、うつ病。ツレの変化にまったく気づかなかったハルさん。ツレのことを心配した彼女は、“会社を辞めないなら、離婚する”と迫り退職を決意させる。
ツレが主夫となったことで自分が稼がなければならなくなったハルさんは、一大決心の末に編集部で“ツレがうつになりまして、仕事ください”と切り出す。
allcinemaより)


ツレがウツになりまして2

泣いてしまった…。(ρ_;)

うつ病は心の風邪。そんな言葉はよく聞くようになったけれども、「うつ病」って単語は時に冗談として持ち出されるし、まだまだなかなか理解されていないのが現状。
ツレのお兄さんや、職場の上司の反応が一般的。
ただの怠け者やマイナス思考、そんな風に思っている多くの人たちに一石を投じた作品だと思う。

堺雅人の演技が、ただの怠け者やマイナス思考なだけの人に見せない演技だったし、でもこの作品の雰囲気に合ったノリもあって絶妙。
そして何と言っても、それを支える奥さんの宮崎あおいの存在も絶妙。
ノンフィクションとのことだけれども、うつ病の夫と24時間一緒にいながらあの明るさとポジティブさを持ち続けていられるのは、すごいことだと思う!あんな夫婦が羨ましい。
ハルさん(宮崎あおい)の実家の両親もステキ。

「(症状に)気付いてあげられなくて、ごめんね」「会社辞めないなら離婚する」「休みは、休むことが宿題なんだよ」「優しく見守ってほしいのに、何で土足で入ってくるんだろう」
そんな、ツレを想うハルさんの言葉の数々にとにかく涙です。
決して暗くない、コメディとしてでも観れる作品なんだけれども、涙涙だよ。
映画って、時にこういう明るさが、より辛らつに胸に響くよね。

フルハウス Season8

date★2012.05.10(Thu) category★海外ドラマ
フルハウス8

1994~1995年 アメリカ作品 全24話
原題:FULL HOUSE
STAFF
監督:ジョエル・ズウィック
脚本:ジェフ・フランクリン
CAST
ジョン・ステイモス ボブ・サゲット デイヴ・クーリエ キャンディス・キャメロン ジョディ・スウィーティン メアリー=ケイト・オルセン アシュレイ・オルセン


フルハウス終ってほしくない~イヤ(T△T 三 T△T)イヤ と、何回かごねましたが、このシリーズを観て納得した。
もう続けるの限界かもね(^^;)
ネタ切れだなぁ~とものすごく思った…。こうやって子供は親から旅立って行くのね…。
ステフがこの先どうなるのかが心配…。唯一わき道反れちゃってる気がする…。ダニー、しっかり見守っててね…。
って、ドラマなのを完全に忘れちゃいます。入れ込んで観ちゃったなぁ。

最終回はいつものフルハウスらしい終り方でよかった。
よくシリーズの最終話は、スペシャルゲストが登場して、ライブやパレードで終ることが多いけど、今回はお家でお馴染みのキャラクター勢揃いで終了。
オルセン姉妹も登場したしね。
スペシャルゲストといっても、よく洋楽を知らないからありがたみが毎回分からなくて…。(^^;)
ジョーイは、結婚して幸せになって欲しかったなぁ。

なにはともあれ、フルハウスを観始めて9ヶ月間、楽しませてもらいました!
次は海外ドラマ何にしよ~…。

フルハウス Season7

date★2012.05.06(Sun) category★海外ドラマ
フルハウス7

1993年 アメリカ作品 全24話
原題:FULL HOUSE
STAFF
監督:ジョエル・ズウィック
脚本:ジェフ・フランクリン
CAST
ジョン・ステイモス ボブ・サゲット デイヴ・クーリエ キャンディス・キャメロン ジョディ・スウィーティン メアリー=ケイト・オルセン アシュレイ・オルセン


今シーズンは大きな別れが三つありました。
ダニーとビッキー、DJとスティーヴ、そしてダニー一家とパプーリ(DJたちのひいおじいちゃん)との別れ。
どれも切ない。
特にパプーリの話には、フルハウスシリーズには珍しく涙を誘われました。
心が温かくなるのは、いつも通りだけれどもね。(^^)

いよいよ次のシーズンで終わり。寂しすぎる!!!!゜゜(´□`。)°゜。
だから続きを早く観たい気持ちと観たくない気持ちとで、複雑…。
早くもこのシーズンから、「次で終わりだ」と思うと寂しくて寂しくて…。
フルハウスの魅力って、今までのシーズンの感想にも書いていたけど、子供たち(キャスト)の成長をリアルに観ている内に親心が芽生えてしまう点と、温かい家族愛に触れて心温まる点だと思う。
そして、さらに付け足すとすると、「リアルな生活感があるから」だなと、今回の最終回を観て思った。
リアルな生活感というのは、家や家具や雑貨や洋服など。
それら小道具が使いまわしで、なかなかリアルなんです。
思い出がいっぱいの家を売るか売らないか、そんな最終回はミシェル同様、私も寂しくなっちゃったもん。

あ~、最終シーズンだなんて、やだよ~イヤ(T△T 三 T△T)イヤ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。