pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パフューム ある人殺しの物語

date★2013.02.24(Sun) category★その他の国の作品
パフューム

2006年 ドイツ/フランス/スペイン作品 147分 ギャガ・コミュニケーションズ配給
原題:PERFUME: THE STORY OF A MURDERER
STAFF
監督:トム・ティクヴァ
脚本:トム・ティクヴァ アンドリュー・バーキン ベルント・アイヒンガー
原作:パトリック・ジュースキント『香水 ある人殺しの物語』(文藝春秋刊)
CAST
ベン・ウィショー ダスティン・ホフマン アラン・リックマン レイチェル・ハード=ウッド


■Story
18世紀のパリ。
悪臭立ちこめる魚市場で一人の赤ん坊が産み落とされる。危うく捨てられかけた赤ん坊は、間一髪で拾われ、グルヌイユと名付けられて育児所に引き取られる。
グルヌイユは友だちもいない孤独な子どもだったが、何キロも先の匂いを嗅ぎ分ける超人的な嗅覚の持ち主だった。
やがて青年となったグルヌイユは、ある時運命の香りと出会った。それは赤毛の少女の体から匂い立っていた。
しかし彼は、怯えて悲鳴を上げようとした少女の口をふさぎ、誤って殺してしまう。
以来、彼は少女の香りを再現することに執着し、香水調合師バルディーニに弟子入りするのだが…。
allcinemaより)


パフューム2

今更ながら、観てみました。
本当に今までに観たことのない、強烈なインパクトのあるショッキングな作品でした。
ただ、冷静な自分を完全に打ち消せなかったのも事実。
一番のあのショッキングな映像は、圧倒させられるのと同時に笑いも少しこみ上げてきてしまった…。(ノ∀`)
確か、試写会では香りも場内に流したと当時話題になったよね。
こんなにも人間を狂わす香りが実在するはずないけれども、そんな演出の元に観たら、もっと酔いしれることも出来たかもしれない。
家でボーっと観てたんじゃダメです。(笑)
感性を鈍らせ、感覚を研ぎ澄まして観たもの勝ち。

でも、ラストは一気に鈍らせた感性を呼び覚まされます。
グルヌイユが本当に求めていたもの-事実とは違う展開の映像が、一気に胸に揺さぶりをかけてくる。

映像で表現の出来ないものである匂いを軸に、これほどの作品を作り上げたことは、本当に驚きです。
出会えてよかった!
スポンサーサイト

フレンズ Season2

date★2013.02.02(Sat) category★海外ドラマ
フレンズep2

1995~1996年 アメリカ作品 全24話
原題:FRIENDS
STAFF
監督:ケヴィン・ブライト マイケル・レンベック ゲイル・マンキューソ ジェームズ・バロウズ
脚本:デヴィッド・クレーン マルタ・カウフマン アレクサ・ジャンジ マイケル・カーティス
CAST
ジェニファー・アニストン コートニー・コックス リサ・クドロー マット・ルブラン マシュー・ペリー デヴィッド・シュワイマー


フレンズep2.2

一気に二日間で観たせいでしょうか…。ちょっと飽きてきたかも…。( ̄▽ ̄;)
ほどほどにしないといけません…。

モニカ→喚く
レイチェル→自分勝手
フィービー→奇怪(一番苦手…)
チャンドラー→皮肉
ジョーイ→マヌケ
ロス→報われない

という各キャラの性格や行動パターンが定着してきたものの、1パターンで飽きてきた…。
今シーズンは大きな展開がなかったのも大きな要因かな…。
ゲストでジュリア・ロバーツが出てきたのはビックリしました。
次シーズンからはゆっくり観るべ。

6人で楽しそうに踊っているオープニングの映像が大好きです。
いつも海外ドラマを観るときは、オープニングは何回か観たら早送りしてしまうことが多いのに、「フレンズ」はシーズン1の1話目から毎回見入ってしまいます。
特にチャンドラーの満面の笑顔が好きなんだけど、シーズン2の途中から編集されてそのカットがなくなってしまった。Σ(゚д゚lll)ガーン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。