pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

date★2013.03.22(Fri) category★イギリス作品
マーガレット・サッチャー

2011年 イギリス作品 105分 ギャガ配給
原題:THE IRON LADY
STAFF
監督:フィリダ・ロイド
脚本:アビ・モーガン
CAST
メリル・ストリープ ジム・ブロードベント オリヴィア・コールマン ロジャー・アラム スーザン・ブラウン


世界を変えたのは、
妻であり、母であり、
ひとりの女性だった。

英国史上初の女性首相の栄光と挫折、そして最愛の夫との感動の物語。


■Story
孤独な晩年を送る86歳のマーガレット・サッチャー。すでに他界した夫デニスの幻想を相手にしてしまうこともしばしば。そんな彼女は、ふと自らの人生を振り返る。
市長も務めた父の影響で政治家を志すようになったマーガレットは、やがて下院議員選挙に立候補するがあえなく落選。
失意の彼女を実業家のデニス・サッチャーが優しく励まし2人は結婚。子どもにも恵まれ、幸せな家庭を築くが、政治への意欲を失わないマーガレットは、ついに下院議員への当選を果たす。
男たちが支配してきた世界に飛び込んだマーガレットは、様々な困難に強靱な意志で立ち向かい、着々と政界での地位を高めていくのだが…。
allcinemaより)


マーガレット・サッチャー2

本作で3度目のアカデミー主演女優賞を受賞した、メリル・ストリープ。
サッチャー本人と似てるとも評判です。
あいにくサッチャー本人は写真でしか知らないので、似ているのかどうかの判断は私には出来ないのですが、首相時代と認知症を患っている現在の違いには目を見張った。
冒頭の牛乳を買うシーンではメリル・ストリープって気付かなかったし。。。(;´∀`)
「マンマ・ミーア!」の監督&メリルですが、この振り幅の大きいコンビは今後期待大。また組んでもらいたいものです。

それにしても、同じ女性として観ると、あまりにも悲しい人生に思えただなんて言ってしまったら、「鉄の女」という揶揄されたニックネームを気に入っていたというサッチャー本人に怒られてしまうだろうか。
まるで鎧のように徹底して青を着て、男達の世界に果敢に乗り込み、一歩も引くことなく自分の理想国家を掲げて突き進む姿。
そんなシーンの合間合間に、認知症を患い、亡き夫の幻影と話す86歳の現在のシーンも挟まれる。その「差」に何だか悲しくなってしまった。
極め付けは、「孤独になってしまう」ともらした彼女に、夫の幻影がかけた言葉。「そうやって生きてきたじゃないか」。
英国経済を立て直したと同時に、格差社会をも生み出した政治家・マーガレット・サッチャー。
女としての幸せを省みずに打ち込んだ政治でも、否定的なイメージがつきまとうだなんて、なんだかとても虚しい…。(いいイメージだけの政治家なんているはずないのだけれども。)

「マーガレット・サッチャーという一人の女性の生き方」-強く心に残りました。
スポンサーサイト

ミッドナイト・イン・パリ

date★2013.03.17(Sun) category★その他の国の作品
ミッドナイト・イン・パリ

2011年 スペイン/アメリカ作品 94分 ロングライド配給
原題:MIDNIGHT IN PARIS
STAFF
監督・脚本:ウディ・アレン
CAST
オーウェン・ウィルソン レイチェル・マクアダムス マリオン・コティヤール キャシー・ベイツ コリー・ストール


真夜中のパリに
魔法がかかる。


■Story
ハリウッドでの成功を手にした売れっ子脚本家のギル。しかし、脚本の仕事はお金にはなるが満足感は得られず、早く本格的な小説家に転身したいと処女小説の執筆に悪戦苦闘中。
そんな彼は、婚約者イネズの父親の出張旅行に便乗して憧れの地パリを訪れ、胸躍らせる。
ところが、スノッブで何かと鼻につくイネズの男友達ポールの出現に興をそがれ、ひとり真夜中のパリを彷徨うことに。
するとそこに一台のクラシック・プジョーが現われ、誘われるままに乗り込むギル。そして辿り着いたのは、パーティで盛り上がる古めかしい社交クラブ。彼はそこでフィッツジェラルド夫妻やジャン・コクトー、ヘミングウェイといった今は亡き偉人たちを紹介され、自分が1920年代のパリに迷い込んでしまったことを知るのだった。
やがてはピカソの愛人アドリアナと出逢い、惹かれ合っていくギルだが…。
allcinemaより)


ミッドナイト・イン・パリ2

好きな人には大変申し訳ないのだが、私はウディ・アレンが苦手だ。。。(;´∀`)
「映画」という以上、映像を愉しませてもらいたいと思うんだけど、彼の作品はとにかくセリフが多い。
「間(ま)」や「雰囲気」といった、人間のやりとりで生まれる言葉以外でのコミュニケーションがない。
息つく暇もないほど、誰かしらが常に喋っている。
それなら、舞台や本でいいんですけど。。。(;´∀`)
彼の作品を観るといつも、監督自身の感性や知識を登場人物のセリフを使って、ひけらかされたように思うのです。
アメリカでは、ウディ作品で最高の興行収入と言われている本作も然り。
だめだ、だめだ、だめだ…。やっぱりイライラしてくる。
ってゆーか、途中からどうでもよくなってくる…。( ̄▽ ̄;)

なら観なければいいのに、映画ファンとしては魅力的なキャスティングばかりするんだもの…。
オーウェン・ウィルソン、レイチェル・マクアダムス、マリオン・コティヤール、キャシー・ベイツ…。やっぱり気になるキャスティングだ…。
でもそんな魅力的なキャスティングでも、「ウディ爺さんの講釈を聞きたいわけじゃない!!( ゚Д゚)ゴルァ!」と我慢の連続。
古典文学や美術に精通していればまた違ったかもしれないけど。
二年前に行ったパリの街並みを観れたことだけが、唯一の救い…。
96時間」でもシャンゼリゼ通りのカフェの「フーケッツ」が映りましたが、本作でもバッチリ!
行っておいてよかった~★

夢売るふたり

date★2013.03.15(Fri) category★邦画
夢売るふたり

2012年 日本作品 137分 アスミック・エース配給
STAFF
監督・脚本・原案:西川美和
CAST
松たか子 阿部サダヲ 田中麗奈 鈴木砂羽 安藤玉恵 香川照之 笑福亭鶴瓶


人間最大の謎は、男と女。

■Story
東京の片隅で小料理屋を営む貫也とその妻、里子。2人が懸命に働いてようやく手に入れたその店は、調理場からの失火が原因で全焼、2人は一夜にして全てを失ってしまう。
一からやり直そうと前向きな里子に対し、すっかり投げやりになってしまった貫也。
そんなある日、店の常連客だった玲子と再会した貫也は、思いがけず一夜を共にしてしまう。しかも玲子に同情され、大金まで手渡される貫也。里子はそんな夫の浮気に怒りながらも、彼を使って結婚詐欺をすることを思いつく。
こうして2人は、孤独な女を見つけ出しては、里子が計画を練り、貫也が実行する二人三脚による巧みな結婚詐欺を繰り返し、店を再開するための資金集めに邁進するのだったが…。
allcinemaより)


夢売るふたり2

一秒たりとも目が離せない作品だった。
でも、観ていて苦しかったなぁ…。
これがさ、夫婦揃ってしたたかで、孤独な女達から金を巻き上げて万々歳っ!っていう話ならよくある話だし、それだったら「夢売るふたり」というより、ただの「金取るふたり」。
けど、貫也はしたたかどころか「バカ」がつくほどの純粋。
里子の作戦に乗っかってはいるけど、彼が発する言葉は彼の思いそのものだったりする。
作戦通りにお金をくれるという女に、「留学の夢はどうするんだよ?」なんて説教しちゃったり、重量挙げの選手である女には、そのガタイがいい外見にとらわれず、「女としての幸せもつかめるよ!」なんて励ましちゃったりする。
だからこそ引っかかる女続出なんだろうけど…。
そして、したたかに見える里子だって、根は悪い人間じゃない。
夫に、お金のために他の女を抱かせるなんてあまりにも非道なことをさせるけど、でもそれで一番苦しまされているのは里子自身。
苦悩しながらどんどん心の距離が離れていき、でも表面は寄り添っている二人を見ていて辛かった…。
根が悪くない人が、こんなことしちゃダメだってぇえぇ~…。(;ω; ))オロオロ (( ;ω;)オロオロ…。

告白」を観たから、愛嬌ある顔と声で単調に話す松たか子の演技には今回は驚かなかったけど、(でもやっぱ怖い!)、阿部サダヲの演技に驚きました。「舞妓 Haaaan!!!」のハイテンションなイメージしかなかったしさ。(笑)

恋愛だけじゃダメかしら?

date★2013.03.15(Fri) category★アメリカ作品
恋愛だけじゃダメかしら?

2012年 アメリカ作品 110分 カルチュア・パブリッシャーズ配給
原題:WHAT TO EXPECT WHEN YOU'RE EXPECTING
STAFF
監督:カーク・ジョーンズ
脚本:ショーナ・クロス ヘザー・ハッチ
原作:ハイディ・マーコフ『すべてがわかる妊娠と出産の本』
CAST
キャメロン・ディアス ジェニファー・ロペス エリザベス・バンクス チェイス・クロフォード ブルックリン・デッカー


すべての女性へ捧げる、恋愛の次のLOVE STORY.
全米ベストセラーの“妊婦のバイブル”を基にしたアンサンブル・ムービー。


■Story
人気ダイエット番組のトレーナーとして活躍するジュールズは、心の準備のないままに妊娠をしてしまう。相手はリアリティ番組で知り合ったダンサーのエヴァン。しかし2人の出産や育児に対する考え方はことごとく対立してしまい…。
不妊体質にコンプレックスを持つフリーカメラマンのホリーは、エチオピアから養子をもらうことを決め、急ピッチで準備を進めていく。しかし夫のアレックスはまだ父親になる覚悟が定まらず…。
2年がかりでようやく妊娠に成功したウェンディとゲイリー。さっそくゲイリーの父ラムジーと若い継母スカイラーに悦びの報告をするが…。
allcinemaより)


恋愛だけじゃダメかしら?2

偶然、義妹が出産した翌日に観たので、色々と感慨深かったです。
観終わった直後に病院に行って甥に初対面してきたんだけど、義妹は頑張って産んだんだなぁ~。義妹の大きなお腹に入っていたのはこの子だったんだなぁ~。と、何だか感動してしまいました。・゚・(つД`)・゚・

心の準備が出来ていない内の妊娠、不妊治療の末の待望の妊娠、一夜限りの関係での妊娠。
安産、難産、死産、養子。
男の子、女の子、双子。
とにかく妊娠と出産のすべてのケースが描かれていると言ってもいい作品。
私のように、まだ妊娠を経験していない女性が観た方が色々考えさせられるかもしれない。

ただ、基本はコメディなんだけど、笑えない笑いも多かったように思います。
特に、イクメンパパの集まりの中の一人の、黒人の息子。この子は転がってきたボールに足を滑らせて転んだり、サッカーのゴールネットに足を絡ませてまた転んだりと、他の子よりちょっと運動神経が鈍い。
その子がエンディングではついに、パパが仲間に向って投げたビール缶が頭に直撃して階段から転倒。
それでもいつも通りむっくりと起き上がって、あぁ~良かったね~なんて流れになってるんだけど、おい、よくないでしょ、ソレ。

ところで、キャメロンの妊婦姿は何だかしっくり来ないね…。
私の中のあなた」では、意外とお母さん役が板についてるなぁなんて思ったのですが…。
バッド・ティーチャー」みたいな役をまた最近やるようになったからかな。(´ヘ`;)とほほ…

フライト

date★2013.03.09(Sat) category★アメリカ作品
フライト

2012年 アメリカ作品 138分 パラマウント配給
原題:FLIGHT
STAFF
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ジョン・ゲイティンズ
CAST
デンゼル・ワシントン ドン・チードル ケリー・ライリー ジョン・グッドマン ブルース・グリーンウッド


彼は
英雄(ヒーロー)か
犯罪者か。


■Story
フロリダ州オーランド発アトランタ行きの旅客機が突如制御不能に陥り、急降下を始める。もはや墜落は避けられないと思われた危機的な状況の中、機長のウィトカーは驚異的な操縦テクニックで機体を不時着させ、犠牲者を最小限にとどめて多くの命を救うことに成功する。
その奇跡の着陸はマスコミに賞賛され、ウィトカーは一夜にしてヒーローとなる。
ところが、彼の血中からアルコールが検出されたことで事態は思わぬ方向へ。
もし飲酒が表沙汰になれば、パイロットとして致命的なだけでなく、場合によっては過失致死で終身刑の可能性も。
そこでウィトカーは、弁護士のラングとともに事実の隠蔽に動き出すが…。
allcinemaより)


フライト2

なぁーんだ。観客も、主人公が英雄か犯罪者か分からない状態で話が進んでいくのかと思ったー。
白黒はしょっぱなで明白。黒!(_´Д`)ノ~あ~れ~
開始1分で、主人公の好感度0です。(笑)
いくら茶目っ気のあるデンゼルが演じているからと言っても、もはや愛想が尽きるくらいのダメ人間。
周りが必死に彼を助けようとしても、とことん裏切る裏切る…。(苦笑)
なんでこんなに弱いんだろう…、と嫌気すらさして来たけど、意外と男性のほうが弱いのかなぁなんて思った。

まさかこのまま終るんじゃないでしょうねぇ。。。(;´∀`)
テクニックさえあれば、ドラッグもお酒もOKなんてオチじゃないよねぇ。。。(;´∀`)
主人公は許されちゃうんじゃないでしょうねぇ。。。(;´∀`)

なんて、映画のエンディングも不時着を心配しました。終わりの20分前まで。
結果は…。
無事着陸かな♪ヾ( ゚∀゚)ノ゙

ひまわりと子犬の7日間

date★2013.03.01(Fri) category★邦画
ひまわりと子犬の7日間

2013年 日本作品 117分 松竹配給
STAFF
監督・脚本:平松恵美子
原作:山下由美『奇跡の母子犬』(PHP研究所刊)
CAST
堺雅人 中谷美紀 若林正恭 でんでん 吉行和子 近藤里沙 藤本哉汰 小林稔侍 檀れい


■Story
ある日、母犬と生まれたばかりの子犬が保健所に収容され、母犬のひまわりは子どもを守るため近寄る人すべてを激しく威嚇する。
その姿を複雑な思いで見つめる保健所職員の神崎彰司は、なんとかしてひまわりの心を開かせ、里親を見つけようと奔走するが、なかなかうまくいかない。
保健所に収容された犬は、飼い主が見つからなければ殺処分されることが決まっており、ひまわり親子にも刻一刻とその期限が迫っていた…。
映画.comより)


ひまわりと子犬の7日間2

三年前に亡くなった私の母は、犬が大好きでした。
そんな母は、「映画」は私と違ってそれほど好きじゃないけど、「犬の映画」となると必ず「観に行こうよ」と誘ってくるのです。
マーリー」や「犬と私の10の約束」も、母と観たなぁ。
きっと生きていたら、この映画も「また犬の映画やるね!行こうよ!」と誘ってきたはず…。
今作は、ただの「動物愛護」の話に留まらず、ひまわりと、彰司の亡き妻であり子供たちの母親でもある千夏の存在がシンクロして、「母性」も大きなテーマとなって語られているので、余計に想いを馳せてしまいました。
だから、もう泣き所がいっぱいで…。(´;ω;`)ブワッ
オードリーの若林の存在は、いい息抜き的存在でした。
本当にいい映画だったなあ。

そして。

映画自体とは関係ない話になってしまうのですが…。
試写会で鑑賞させていただいたのですが、平日の夜ということもあり、場内は老夫婦ばかり。
私の隣に座っていた奥様も旦那様と来ていたのですが、上映中、いきなりその奥様から飴を渡されました。
長年映画館通ってるけど、こんなこと初めてだったからビックリしたなぁ…。
上映終了後、場内が明るくなってから「あの、ご馳走様でした…」と言ったら、ニッコリと笑って、「いい映画だったわね」と答えてくださいました。
さりげないそんな優しさにも、若い私たちにはない「母性」を感じてしまったよ…。
本当にいい劇場鑑賞でもあったなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。