pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして父になる

date★2013.09.29(Sun) category★邦画
そして父になる

2013年 日本作品 120分 ギャガ配給
STAFF
監督・脚本:是枝裕和
CAST
福山雅治 尾野真千子 真木よう子 リリー・フランキー 二宮慶多 横升火玄 樹木希林


6年間育てた息子は、他人の子でした。

■Story
これまで順調に勝ち組人生を歩んできた大手建設会社のエリート社員、野々宮良多。妻みどりと6歳になる息子・慶多との3人で何不自由ない生活を送っていた。
しかしこの頃、慶多の優しい性格に漠然とした違和感を覚え、不満を感じ始める。
そんなある日、病院から連絡があり、その慶多が赤ん坊の時に取り違えられた他人の子だと告げられる。
相手は群馬で小さな電器店を営む貧乏でさつな夫婦、斎木雄大とゆかりの息子、琉晴。両夫婦は戸惑いつつも顔を合わせ、今後について話し合うことに。
病院側の説明では、過去の取り違え事件では必ず血のつながりを優先していたという。
みどりや斎木夫婦はためらいを見せるも、早ければ早いほうがいいという良多の意見により、両家族はお互いの息子を交換する方向で動き出すのだが…。
allcinemaより)


そして父になる2

カンヌで審査員賞受賞。ハリウッドでリメイクも決定。福山のファン。
本当に公開を心待ちにしておりましたー!(ひとつ個人的な理由が含まれてますが)
ガリレオとはまた違う福山です。いいね~!(*゚∀゚)=3

四人の親のうち、「実際に親」なのは真木よう子だけというのも面白いキャスティング。その効果か、子育てに悩みながら四苦八苦する親という存在が、より身近に感じた。
最初から「親」だった人間はいないわけで、「そして父になる」というタイトルだけど、それは「父」だけではなく「母」や「家族」という単語も当てはめられるなぁと思った。

それにしても誰に訊かれたわけでもないのに、「八日目の蝉」とどちらが辛いかと考えてしまった。
幼少期の一年って、その先では絶対に埋められない貴重な年月。
どちらの作品でもその親はもちろん、勝手な大人の都合で振り回される子供が可愛そうでたまらなかった。
産みの親か育ての親か。「産みの親より育ての親」とはよく言われる言葉だけれども、大人である親から見れば「血のつながり」も無視出来ないのが人間のサガ。
それでも「似てるとか似てないとか、そんなことにこだわっているのは、子供とつながっているっていう実感のない男だけよ」と言い切る斎木夫婦は、物事の本質を見られる数少ない人間。
んー。やっぱり、経済力と顔は野々宮(福山)。中身は斎木(リリー・フランキー)、そんなだんな様が理想。
どこかにいないかね!?(*゚∀゚)=3(笑)
スポンサーサイト

31年目の夫婦げんか

date★2013.09.18(Wed) category★アメリカ作品
31年目の夫婦げんか

2012年 アメリカ作品 100分 ギャガ配給
原題:HOPE SPRINGS
STAFF
監督:デヴィッド・フランケル
脚本:ヴァネッサ・テイラー
CAST
メリル・ストリープ トミー・リー・ジョーンズ スティーヴ・カレル ミミ・ロジャース


全部吐き出したら、
愛だけが残った。


■Story
結婚31年目、子供たちは独立し、夫婦ふたりで毎日同じ生活を繰り返すだけのアーノルドとケイ。
寝室は別で、一緒に寝たいと伝えてもあっさり拒絶されてしまったケイは、夫婦関係を見直すべく結婚生活のカウンセリング本を購入。嫌がるアーノルドを説き伏せ、著者のバーナード・フェルド医師が主催する“カップル集中カウンセリング”に参加することに。バーナードが提示する課題に挑む二人だったが…。
allcinemaより)


31年目の夫婦げんか2

メリル・ストリープの新作と聞いて心待ちにしていたのだけれども、なかなか上映している映画館が見つからない。我が埼玉県では浦和でしか上映されていませんでした。
大女優メリルの新作なのに、なんでー!?

と、思ったけど…観て納得だ。(笑)

おとなのけんか」のようなものを想像してました。熟年夫婦の二人が、長年の鬱憤が溜まるに溜まって、子供に戻ったかのような大喧嘩を繰り広げる…ってな話を。
でも、ちょっと違ってた。
熟年夫婦の二人が、長年の鬱憤が溜まるに溜まって…までは当たり。でも大喧嘩を繰り広げるのではなく、若い頃のトキメキを取り戻そうと努力するっていう話でした。
うーむ、「31年目の夫婦げんか」ではなく「31年目の夫婦"性"活」でいいと思うのだが…。(下世話な邦題を勝手に作るな)
ネグリジェで夫を誘ったり、拒否されてイジけるメリルが、こう言っては失礼かもしれないが、何だか可愛い。
鬼編集長や英国首相と同一人物かと目を疑いたくなる。(笑)
でもこの夫もブツブツ文句をたれながらも、何だかんだ協力的だし努力をしているのだ。
セラピーで性生活のことをズケズケと訊かれてタジタジになっている彼を見ていると、「宇宙人ジョーンズをこれ以上いじめないでくれ!」と思ってしまった。
そのセラピストも「40歳の童貞男」や「ゲット スマート」のスティーヴ・カレルだから、「何を偉そうに」と思ってしまう。(笑)

何だかコメディ映画のような感想文になってしまった。
コメディ調の描写はあれど、決してコメディではなく、描かれていることは深刻な問題だというのは分かる。
やっぱり女性は、いくつになっても女性として扱ってほしい。
けれども、バナナを片手にハウツー本を読み、バナナで予行練習をするのかと思いきや、無意識に食べてしまった…なんていうメリルがやっぱり可愛くて仕方がないと、笑い転げてしまったのだ。
仕方あるまい。(笑)

カレンダー・ガールズ

date★2013.09.18(Wed) category★アメリカ作品
カレンダー・ガールズ

2003年 アメリカ作品 108分 ブエナビスタ配給
原題:CALENDAR GIRLS
STAFF
監督:ナイジェル・コール
脚本:ティム・ファース ジュリエット・トウィディ
CAST
ヘレン・ミレン ジュリー・ウォルターズ シアラン・ハインズ ペネロープ・ウィルトン セリア・イムリー


ひと月ごとに綴られる
彼女たちの《心の冒険》――

これは1999年、英国の小さな田舎町で本当に作られた《カレンダー》の物語。


■Story
ヨークシャーの田舎町ネイプリー。主婦たちの社交の場はもっぱら地元の婦人会。大親友のクリスとアニーもこの婦人会のメンバーだったが、あまりにも平凡すぎる退屈な毎日に、最近疑問を感じ始めていた。
そんなある日、アニーの夫ジョンが白血病で亡くなってしまう。悲しみに暮れるアニーを励ます狙いもあって、クリスは突拍子もないアイデアを口にする。
なんとそれは、毎年恒例の婦人会カレンダーを製作するに当たって、今年は自分たち自身がモデルのヌード・カレンダーをつくろうというもの。そして、その売上げをジョンが世話になった病院に寄付するというのだ。
最初は誰も相手にしなかったが、徐々に有志が集まり始め…。
allcinemaより)


カレンダー・ガールズ2

映画やTVや実際の周りでも、元気なオバちゃん達を見ると、「年甲斐もなく、よくもまぁ…」とか「ウルサイなぁ」なんて思っていたのが、いつからでしょうか、微笑ましく思えるようになったのは。(でも公共の場でウルサイオバちゃんには、今もイライラします…)
だんだんオバちゃんに近づいてきた証でしょうか。(笑)

それにしても50代・60代のフツーの主婦たちがヌードカレンダーを作るとは、面白い試み。
ただ、「外国人」だからこそ画になったのであって、これが日本人だったら…。あまり見たくないカレンダーだな…。( ̄▽ ̄;)

女盛りの若い女性ではなく、オバちゃんだからこその開き直りのセリフの数々が面白い。
「素っ裸で不気味に微笑んでいる、オバさんの怪しい集団になっちゃう」
「股間は写さないで。一人の男性だけに捧げたのよ」「あら、夫思いなのね」「…夫じゃないわ」
などなど。

いくつになっても「年齢制限」なんか設けずに楽しく過ごしたいものです。
ヌードカレンダーは作らなくていいですが…。(笑)

フレンズ Season6

date★2013.09.16(Mon) category★海外ドラマ
フレンズ6

1999~2000年 アメリカ作品 全25話
原題:FRIENDS
STAFF
監督:ケヴィン・ブライト ゲイル・マンキューソ マイケル・レンベック ゲイリー・ハルヴォーソン
脚本:デヴィッド・クレーン マルタ・カウフマン
CAST
ジェニファー・アニストン コートニー・コックス リサ・クドロー マット・ルブラン マシュー・ペリー デヴィッド・シュワイマー


最終話を観るまでは、3話に渡っての特別ゲストのブルース・ウィリスについて、多く書こうと思ってました。
鏡の前で「俺は魅力的だ。俺はラブマシーンだ」と奮い立たせるブルース・ウィリス。
子供の頃の辛い思い出を話しながら泣くブルース・ウィリス。
レイチェルとのエッチが素晴らしかったと、またまた泣くブルース・ウィリス。
…これが「アルマゲドン」の親父と同一人物でしょうか!?( ゜д゜)ぽかーん。(笑)

でもでも、最終話を観たらブルースのインパクトは薄れてしまいます。
なんと、チャンドラーがモニカにプロポーズ!!。:+.(・∀・).+:。
今まで色んな映画やドラマでプロポーズのシーンは目にしてきましたが、一番感動したプロポーズでした。
チャンドラー、キメる時はばっちりキメるね!

他の四人は今後どうなるのでしょうか。
もうロス&レイチェル、ジョーイ&フィービーでカップル成立でいいんじゃないの…。

ファインディング・ニモ

date★2013.09.15(Sun) category★アニメ
ファインディング・ニモ

2003年 アメリカ作品 101分 ブエナビスタ配給
原題:FINDING NEMO
STAFF
監督・原案:アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン ボブ・ピーターソン デヴィッド・レイノルズ
CAST【声の出演】
アルバート・ブルックス エレン・デジェネレス アレクサンダー・グールド ウィレム・デフォー アンドリュー・スタントン


ニモがさらわれた――。
海中に生きる3兆7千億の魚の中からたった一匹のかけがえのない息子を探すために、父マリーンの冒険が始まる。


■Story
オーストラリア、グレートバリアリーフ。広大な海の中でカクレクマノミの400個の卵が孵化しようとしていた。
しかし、無事に生まれたのは母親の命と引き換えに助かったたった1つだけ。
父マーリンは、この子を“ニモ”と名付け、同じ悲劇を繰り返さないと誓い過保護なまでに大事に育てていく。
そして6歳になったニモに、初めて学校へ行く日がやって来る。しかし、突然の悲劇がニモを襲う。彼は、人間のダイバーにさらわれてしまったのだ。
打ちひしがれるマーリンだったが、陽気なナンヨウハギ、ドリーの助けを借りてニモを取り戻す旅へと出るのだった。
allcinemaより)


ファインディング・ニモ2

TDSの「タートル・トーク」に行ったら、久々に観たくなっちゃいました。
映画は吹き替えよりも字幕派ですが、クラッシュが出てくるシーンだけ吹き替えに切り替えて観ました。(^^)
小山さんのハイテンションな声いいなぁ~!ジャック・バウアーが浮かんじゃうけど。(笑)

それにしても、やっぱりピクサーは面白い。
ハラハラ、ドキドキ、ワクワク、そしてちょっとホロリ…。すべての要素が満遍無く盛り込まれています。
また、前に観たときはニモとパパの親子愛にただ感動しただけだったように思うけれども、今回は親子の距離のとり方をも考えさせられた。
クラッシュの、「分かんないけど、子供が大丈夫そうなら、それでいいんじゃない?」「気楽にいこうぜぃ~」といった肩の力が抜けたアドバイス。(そうじゃなきゃ150年も生きられない!?)
「(ニモに災難が降りかからないように、今までパパが過保護にしていたのは)おかしいわよ。人生、ハプニングがなきゃ面白くないんじゃない?」というドリーのコメント。一見何も考えてなさそうなドリーのコメントは、深いものが多い。

んー!お前たち、サイコーだぜぃ!ウォー!!(←タートル・トーク、ハマッた。)

八日目の蝉

date★2013.09.05(Thu) category★邦画
八日目の蝉

2011年 日本作品 147分 松竹配給
STAFF
監督:成島出
脚本:奥寺佐渡子
原作:角田光代
CAST
井上真央 永作博美 小池栄子 森口瑤子 田中哲司 渡邉このみ 平田満 風吹ジュン


優しかったお母さんは、
私を誘拐した人でした。


■Story
生まれてすぐに誘拐され、犯人の女によって4歳になるまで育てられた秋山恵理菜。
両親のもとには戻ったものの、もはや普通の家庭を築くことは出来なくなっていた。
やがて21歳となった彼女は、妻子ある男の子供を身ごもってしまう。恵理菜はやがて、封印していた記憶と向き合うべく逃亡生活を辿る旅に出る──。
allcinemaより)


八日目の蝉2

活字の「小説」と映像の「映画」は、どんなに同じ内容を書こうとも、=(イコール)にならないのが面白い。
なので、原作が面白ければ映画も面白くなるわけでもないし、原作が駄作だから映画も駄作とは限らない。
いい意味でも悪い意味でもこの関係には裏切られることが多いので、作品選びには悩む…。

さて、原作が素晴らしかったこの作品、映画ではどう化けるのか。ドキドキしながら観た。

結果は、映像ならではの利点を生かして、原作は上回ることも劣ることもない作品に仕上がったと思う。
その利点は次の3つだと思った。

まず、「音」。
一番感じたのは、赤ちゃんの泣き声だ。
育児経験のない希和子は、大きな声で泣き止まない赤ちゃんを抱き、右往左往する。
出産もしてないのに授乳しようとしたり(それにしてもこのシーン、おっぱいを映すまいとする永作さんの姿勢が不自然すぎ…。笑)、一緒に泣き出してしまうほど、精神的に追い詰められてしまう。
観ているこちらまで、あの延々と大きな声で続く泣き声には追い詰められた。DVDとめようかと思ったもの…。

そして、原作にはない「写真」のくだり。これは映像ならでは。
現像された写真を見るのではなく、現像の過程で徐々に浮かび上がってくるのを覗き込むというのが、またいい。
気持ちも比例するかのように徐々にこみあげてきた。

そして、やはり何よりも「生身の人間が演じている」という点だろう。それもそれぞれ最適なキャストで。
薫の可愛さは紙面では伝えきれないし、育児の幸せと犯罪を犯したという後ろめたさ、そしていつこの生活が終わりを告げるのだろうという恐怖に苛まれている希和子の複雑な表情は、永作さんの演技の賜物だ。

ひとつモノを申すならば、なぜ真央ちゃんの相手役が劇団ひとりなんだ…。
ラブシーンでは思わず「真央ちゃん逃げろー」と祈ってしまったほど…。(;´Д`)お~う。

不倫、堕胎、誘拐、希和子のやったことはどれ一つ褒められたものじゃないのに、あのまま恵理菜は薫として、希和子に育ててもらった方が幸せだっただろうな…。
そんな風に思わされるほど切ない話です。

24 TWENTY FOUR Season1

date★2013.09.03(Tue) category★海外ドラマ
24-1

2001~2002年 アメリカ作品 全24話
原題:24
STAFF
監督:ジョン・カサー スティーヴン・ホプキンス ウィンリック・コルベ ブライアン・スパイサー デイヴィス・グッゲンハイム フレデリック・キング・ケラー ポール・シャピロ
脚本:ロバート・コクラン ジョエル・サーノウ ハワード・ゴードン
CAST
キーファー・サザーランド レスリー・ホープ サラ・クラーク エリシャ・カスバート デニス・ヘイスバート ペニー・ジョンソン・ジェラルド カルロス・バーナード


■Story
CTU(テロ対策ユニット)ロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーは深夜0時に緊急招集を受ける。大統領候補パーマー上院議員の暗殺計画が発覚したためだ。
その同時刻、ジャックの一人娘キムが帰宅せず、妻テリーは連絡を取ろうと必死で奔走していた。
そしてLA上空で旅客機が爆破される。これはジャックの恐ろしく長い1日の始まりだった…。
allcinemaより)


24時間を24話で進めるリアルタイム形式というのは本当によく思いついたアイデアだなぁと思う。
私の24時間を作ったら…ダラダラゴロゴロする画が延々と続き、何の進展もないまま24話終了するだろう…。(誰が観るんだ)

10年ぶりぐらいに観てみました。細かい点はイロイロと忘れていたので、再度楽しめた。
でも、それでもあのインパクト大の最終話で明かされるラスボスの正体はさすがに覚えていたので、それほど驚きはないよね…。 ヾ(@°▽°@)ノあははのは~


※以下ネタばれあり。

俺たちフィギュアスケーター

date★2013.09.01(Sun) category★アメリカ作品
俺たちフィギュアスケーター

2007年 アメリカ作品 93分 ギャガ・コミュニケーションズ配給
原題:BLADES OF GLORY
STAFF
監督:ウィル・スペック ジョシュ・ゴードン
脚本:ジェフ・コックス クレイグ・コックス ジョン・オルトシュラー デイヴ・クリンスキー
原案:ジェフ・コックス クレイグ・コックス ビジー・フィリップス
CAST
ウィル・フェレル ジョン・ヘダー ウィル・アーネット エイミー・ポーラー クレイグ・T・ネルソン ジェナ・フィッシャー ウィリアム・フィクトナー


史上初!
男子フィギュアペア?


■Story
アメリカ男子フィギュア・スケート界の2大スター、チャズ・マイケル・マイケルズとジミー・マッケルロイ。
野性的な魅力で女性ファンを虜にするチャズに対し、正統派の天才スケーター、ジミー。
激しいライバル心を燃やす2人は、みごと同点一位となった世界選手権の表彰台で大乱闘を繰り広げ、金メダル剥奪、永久追放の憂き目に。
それから3年半後、かつての栄光は過去のものとなり、みじめな日々を送るチャズとジミー。
そんな2人に再びスポットライトを浴びるチャンスが訪れる。それは、ルールの盲点を突いて2人でコンビを組み、前代未聞の男子ペアとしてペア競技に出場するというものだったが…。
allcinemaより)


俺たちフィギュアスケーター2

久々に観たけど、やっぱり面白い!
好き・嫌いが極端に分かれる笑いだとは思うけど、私はツボに入ってしまった…。

想像出来た事ではあるけど、、やっぱり男同士のフィギュアスケートとなれば、急所の問題が頻繁に出てくるわけで…。(笑)
思わず女のワタクシも半笑いで顔をゆがめてしまうシーンが数箇所…。(・∀・;)
多分男性が観たらいたたまれなくなること必須。
でも実際にこんなペアのスケート観たい!最初は「キモッ!」と思ったんだけど、男同士だからこそ出来るパワフルな技の連続に思わず興奮。
実際には不可能な技ばかりだとは思うけど、でもこの映画をきっかけにこれから実際に男性ペア出てきたらいいのになぁ~と思いました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。