pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武士の献立

date★2014.07.29(Tue) category★邦画
武士の献立

2013年 日本作品 121分 松竹配給
STAFF
監督:朝原雄三
脚本:柏田道夫 山室有紀子 朝原雄三
CAST
上戸彩 高良健吾 余貴美子 西田敏行 夏川結衣 成海璃子 柄本佑 緒形直人 鹿賀丈史


家族の歴史は、
毎日の献立とともにあった――


■Story
加賀藩の料理方である舟木伝内が息子の嫁にと連れてきたのは、確かな料理の腕を持ちながら、気の強さから一年で離縁された春だった。
伝内に懇願されて二度目の結婚を決意した春だったが、伝内の跡取りで夫となる安信は無気力で料理が大の苦手。
年上の春は必死になって夫に料理を教えるのだが…。
allcinemaより)


武士の献立2

前半はなかなか面白く観ていたんだけど、後半になると加賀騒動の政治的ゴタゴタが絡み、一気に歴史拒否症候群が発症。(苦笑)
それでも戦のシーンはあまりなく、あくまでも春と安信に焦点を当てたものとなっているのでなんとか最後まで観ることが出来ましたが…。

それにしても、エンディングまで観れば春はやっと浮かばれたものの、途中は春が不憫で仕方が無かった。
安信にしても、お父さんが家業のために勝手に連れてきた嫁をあてがわれた被害者かもしれないけど、そんな安信を「古狸」呼ばわりされるにも関わらず、「夫は優しい」と誠実に仕える春が痛々しい…。
初夜には「夏」と間違えられるし…。(T△T)
料理の手間にしても、夫への忠誠心にしても、この時代の女性に生まれていたら私は生きていけないなぁと思いました。(苦笑)

ところで、時代劇のエンディングテーマ曲がCharaって、どうなのよ…。
スポンサーサイト

スティーブ・ジョブズ

date★2014.07.17(Thu) category★アメリカ作品
スティーブ・ジョブズ

2013年 アメリカ作品 127分 ギャガ配給
原題:JOBS
STAFF
監督:ジョシュア・マイケル・スターン
脚本:マット・ホワイトリー
CAST
アシュトン・カッチャー ダーモット・マローニー ジョシュ・ギャッド ルーカス・ハース J・K・シモンズ


最低な男が、最高の未来を創った。

■Story
大学を中退しゲームメーカーに就職したスティーブ・ジョブズは、たびたびトラブルを引き起こす厄介者だった。
1976年、そんなジョブズは、自分と同じようなはみ出し者の友人たちを集めて“アップルコンピュータ”を設立する。その後アップル社はヒット商品を連発、わずか4年で株式の上場に成功する。
しかし彼の独裁的な経営は多くの敵をつくり、ついには自分の会社から追い出されるという皮肉な結果を招いてしまうが…。
allcinemaより)


スティーブ・ジョブズ2

ソーシャル・ネットワーク」と似てるなぁという印象。
IT関係(?)で快挙を成し遂げる人は、性格が悪いと決まっているのだろうか。(笑)
妥協を許さない性格だからこそ前人未到なことを成し遂げられたのだろうけれども、やっぱり周囲と上手くやらないと壁にぶつかるよね。

ところで、「ソーシャル・ネットワーク」と違って、亡くなってしまった人の伝記。
それならもっとスッキリしたエンディングを迎えて欲しかったなぁと思った。
「そこで終わりかい!?」と中途半端な印象を受けたんだよね。

驚いたのは、アシュトンをはじめ、役者一人ひとりが実際の人物と似ているところ。
エンディングロールで実際の人物の写真と役者の写真が横並びで流れるのですが、髪の分け目など似せ方にすごいこだわりようです。

プリティ・ヘレン

date★2014.07.16(Wed) category★アメリカ作品
プリティ・ヘレン

2004年 アメリカ作品 119分 ギャガ・コミュニケーションズ=アニープラネット配給
原題:RAISING HELEN
STAFF
監督:ゲイリー・マーシャル
脚本:ジャック・アミエル マイケル・ベグラー
原案:パトリック・J・クリフトン ベス・リガッツィオ
CAST
ケイト・ハドソン ジョン・コーベット ジョーン・キューザック ヘイデン・パネッティーア スペンサー・ブレスリン アビゲイル・ブレスリン


■Story
ヘレンは、ニューヨークのモデルエージェンシーで働く25歳の敏腕エージェント。仕事は忙しいものの、自由気ままなシングルライフを満喫していた。
ところがそんなある日、姉夫婦が交通事故で死んでしまい、残された3人の子どもたちをヘレンが世話することに。
最初は困惑するヘレンだったが、子育てと仕事の両立に意欲を見せ始める。しかし、3人の子どもたちとの新生活はスタート早々大きくつまずいてしまう…。
allcinemaより)


プリティ・ヘレン2

やっぱりケイト・ハドソンはこういう明るい作品が似合うね!
あのキュートな笑顔が、「私だけのハッピー・エンディング」のようなもの悲しい作品だとすごく切なく見えちゃう。

内容は、ちょっとテイストが違うけど、同じくアビゲイル・ブレスリンちゃんが出てた「幸せのレシピ」とそっくり。
「幸せのレシピ」よりもこちらの方がコメディ色が強いかな。でもどちらも観ていてハッピーになれる作品です。
「幸せのレシピ」と違って、残された子供たちが3人兄弟だったこと、引き取った叔母にももう一人姉がいたことが、より雰囲気を明るくしてくれた要因かなぁ。やっぱ兄弟っていいなぁと、一人っ子の私は思いました。
ヘンリー役のスペンサー・ブレスリンは、アビゲイルちゃんの本当のお兄さんらしいです。
あ~なるほど、目がソックリ!でも、アビゲイルちゃんの方がずっと可愛いなぁ…。(苦笑)

ジョーン・キューザックはこういう役ばっかりだねぇ。

となりのトトロ

date★2014.07.11(Fri) category★アニメ
となりのトトロ

1988年 日本作品 88分 東宝配給
STAFF
監督・脚本・原作:宮崎駿
CAST【声の出演】
日高のり子 坂本千夏 糸井重里 島本須美 北林谷栄 高木均


このへんな生きものは、まだ日本にいるのです。たぶん。

■Story
小学6年生のサツキと4歳の妹メイが引っ越してきたおんぼろな家の隣には、遠く見上げるほどに大きなクスノキの森があった。やがて2人はその森の主である「へんないきもの」トトロと出会い、胸躍る体験をすることになる…。
(Amazonより)


となりのトトロ2

トトログッズを見るとついつい買ってしまい、家のあちこちにトトロがいます。ほんと大好き。(*´ェ`*)ポッ
でも本編を観たのは、ものすごく久しぶり。もしかしたら、成人してからは初めてかもしれない。
内容はすべて覚えています。それなのに今回、何だか今まで感じたことの無い感想が出てきました。
今までは、サツキとメイの冒険に胸を躍らせ、トトロに会いたいなぁ~なんて思っていた。
でも今回は、「懐かしいな」と。それは久々に観て懐かしい…という意味ではなく、サツキやメイたちの目線や感性が懐かしいなと。大人になって忘れてしまった感覚を呼び覚まされたように思う。
そして、周りの大人たちが温かいなぁ…と。これは初めて抱く感想でした。
大人たちはトトロやネコバスを見ることは出来ないけれども、それらを見たとはしゃぐ子供達をぜったいに否定しない。
「案外そうかもしれないよ」(お父さん)と、柔軟に受け入れる。
なんか、そんな大人、というか、親になりたいなぁなんて思いました。
将来子供と一緒に観たい作品です。

やっぱりトトロは可愛いなぁ。(*´ェ`*)ポッ

ボディガード

date★2014.07.06(Sun) category★アメリカ作品
ボディガード

1992年 アメリカ作品 135分 ワーナー配給
原題:THE BODYGUARD
STAFF
監督:ミック・ジャクソン
脚本:ローレンス・カスダン
CAST
ケヴィン・コスナー ホイットニー・ヒューストン ビル・コッブス ゲイリー・ケンプ ミシェル・ラマー・リチャード


彼女から目を離さないこと。 命をかけて守ること。 決して恋に落ちないこと。

■Story
ロナルド・レーガンの警護を担当していた元シークレット・サービスのボディガード、フランク・ファーマーのもとにある日、人気歌手レイチェル・マロンの身辺警護の依頼が来る。彼女の周囲で最近、不審な出来事が続いており、ついには殺害を予告する脅迫状までが送り付けられてきたため、フランクに白羽の矢が立ったのである。
レイチェルは当初フランクを受け付けず反発するが、身を呈して自分を守ってくれる彼を次第に信頼するようになる。
しかし、暗殺者の魔の手はゆっくりと、そして確実にレイチェルへと伸びていた…。
(ウィキペディアより)


ボディガード2

こういう、有名な作品なのに自分は観ていない…という作品を拾っていこうと思っているのですが、有名=必ずしも面白いとは限らない。
自分はイライラしちゃったんですよね…。この二人に…。( ̄  ̄;) うーん
レイチェルはなかなかフランクのアドバイスを聞かないし、フランクはそんな彼女になんで惹かれたのさ?と疑問も残るし。
そもそもフランクって、厳格硬派真面目そうな外見とは裏腹に、結構流されやすいよね。(笑)
公私混同はしたくない、なんて、寝た後にしれっと言うなよ。
レイチェルを狙う真犯人の正体も、すぐ分かってしまいます。
サスペンスとしても恋愛映画としても、中途半端で気恥ずかしくなる作品でした。
二人が初デートする映画館が、「アタシ」なんて名称なのも、シラける要因。

ホイットニー・ヒューストンの「I will always love you」が聴けただけでもいいか。
映画史上一番売れた主題歌だそうです。
あ、でも「アナと雪の女王」に抜かれたのかな?

タイピスト!

date★2014.07.01(Tue) category★フランス作品
タイピスト

2012年 フランス作品 111分 ギャガ配給
原題:POPULAIRE
STAFF
監督:レジス・ロワンサル
脚本:レジス・ロワンサル ダニエル・プレスリー ロマン・コンパン
CAST
ロマン・デュリス デボラ・フランソワ ベレニス・ベジョ ショーン・ベンソン ミュウ=ミュウ


■Story
田舎から都会へ出てきたローズ・パンフィルは、ルイ・エシャールの経営する保険会社に秘書として採用された。
ドジで不器用なローズはたった一週間で解雇の危機を迎えるが、ルイは彼女の特技である“タイプの早打ち”に注目し、タイプライター早打ち世界大会への出場を持ちかける。
地方予選であっさり敗退してしまったローズに対し、ルイは鬼コーチと化して特訓を開始。
厳しいトレーニングに耐えたローズは地方大会を一位通過し、パリで行われる世界大会の本戦に挑むのだが…。
allcinemaより)


タイピスト2

おしゃれで微笑ましい♪
そして、今諸事情により休職して自宅安静しているので、久々にバリバリPCを打ちたくなってきた。(笑)
職場でも驚かれるほど、タイピング早いんです!( ̄^ ̄)えっへん
久々に開いたPCで、今無駄にカシャカシャと早打ちしてこの文章打ってます。(笑)

でも内容は…。薄っぺらいっす…。(苦笑)
目新しいのは「タイプ」のみであって、よくあるラブコメです。
ローズのためなのかもしれないけど、近寄ったり離れたりまたノコノコ出てきたりするルイになんかイライラさせられてしまいました…。
まぁ、それがラブコメか。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。