pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領の料理人

date★2015.03.07(Sat) category★フランス作品
大統領の料理人

2012年 フランス作品 95分 ギャガ配給
原題:LES SAVEURS DU PALAIS
STAFF
監督:クリスチャン・ヴァンサン
脚本:クリスチャン・ヴァンサン エチエンヌ・コマール
原案:ダニエル・マゼ=デルプシュ
CAST
カトリーヌ・フロ ジャン・ドルメッソン イポリット・ジラルド アルチュール・デュポン ジャン=マルク・ルロ


その一皿が
フランスを変えた。

ミッテラン大統領の心を虜にした一人の女性シェフ、真実の物語。


■Story
フランスの片田舎で小さなレストランを営む女性料理人のオルタンス・ラボリ。
ある時、政府に呼び出されて向かった先は、フランス大統領官邸“エリゼ宮”。過剰な装飾を排した素朴な料理を望む大統領が、著名なシェフの推薦を受け、彼女を正式なプライベート・シェフに任命したのだった。
しかし官邸の厨房は男ばかりで、おまけに形式ばったしきたりや厳格な規律に縛られた堅苦しい職場だった。
案の定、最初は同僚シェフたちの冷たい視線を受け続けるオルタンス。それでも彼女の料理に対する熱意と信念が揺らぐことはなく、いつしか周囲を自分のペースに巻き込んでいくのだったが…。
allcinemaより)


大統領の料理人2

子供が生まれると、ほんと映画を観る時間がなかなかとれない…。予想はしていたけれども、月一本くらいは観られるかなぁと思ってた。甘かったです。
そしてやっと観れても、何かをしながらの片手間になってしまうので、なかなかその作品の中に浸れないのが難点…。(苦笑)

そんな片手間に観ての感想になってしまうのですが、とにかく出てくる料理が美味しそう。よだれが出てしまいそうです。
でも、その料理をつくるオバさん(ラボリ)が、何だか図々しいというか我が強いというか…。
大統領の健康を気遣う医師に食事療法の話をされると、「なら私はもう料理作れないわ」なんて一蹴してしまう様子にはちょっと疑問…。
そして最後退職するときに大統領に宛てた手紙には、「疲れました」「私を時々は思い出して」「過度の食事療法はかえって毒よ」なんて内容だったので、ちょっと唖然としちゃいました。

なかなか映画を観る時間がないだけに、今後はより良作に巡り合いたいなぁ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。