pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントン

date★2016.01.27(Wed) category★アニメ
パディントン

2014年 イギリス作品 97分 キノフィルムズ配給
原題:PADDINGTON
STAFF
監督・脚本:ポール・キング
原作:マイケル・ボンド
CAST
ヒュー・ボネヴィル サリー・ホーキンス ジュリー・ウォルターズ ジム・ブロードベント ピーター・キャパルディ ニコール・キッドマン


きっと見つかる、
もっといいこと。


■Story
真っ赤な帽子を被り礼儀正しいそのクマは、イギリスの探検家に会うため南米ペルーのジャングルから船ではるばるロンドンまでやって来たばかり。大きな駅で途方に暮れているところを挿絵画家のブラウン夫人に助けられる。駅名にちなんで“パディントン”と名付けられた彼は、ブラウン家の屋根裏に泊めてもらうことに。
しかし、お風呂の使い方が分からず家中を水びたしにしてしまい、旦那さんのブラウン氏はカンカン。あやうく家から追い出されそうになるパディントンだったが…。
allcinemaより)


パディントンってキャラクターはもちろん知っていたけど、その名前の由来やストーリーは今回初めて映画を通して知りました。
一言で言うならば、「101」と「ベイブ」を足して二で割ったようなストーリー。
目新しくもなければ特に感動もしません。
ただ…やっぱり出産や育児を経験すると、本当に色々な見方が変わりますね。
とにかくパディントンの浅はかな行動が可愛かった。(笑)子どもの思考回路ってこんな感じなのかなーとか思ったり。
とか言いつつ、パディントンと同じ行動を自分の子どもがしたら激怒になるんですけどね…。でも人の子のイタズラってめちゃくちゃ可愛く見えるのよね。(笑)
自分はどちらかといったら旦那のブラウンタイプ。でもブラウン夫人のような大らかでママになりたい…と切に思いました。
スポンサーサイト

ベイマックス

date★2016.01.27(Wed) category★アニメ
ベイマックス

2014年 アメリカ作品 102分 ディズニー配給
原題:BIG HERO 6
STAFF
監督:ドン・ホール
脚本:ロバート・L・ベアード ダニエル・ガーソン
CAST【声の出演】
スコット・アツィット ライアン・ポッター T・J・ミラー ジェイミー・チャン デイモン・ウェイアンズ・Jr


“優しさ”で世界を救えるか?

「あなたの心とカラダを守ります。」
彼の名はベイマックス。
人を傷つけることを禁じられた、
優しすぎる僕のロボット。


■Story
美しい最先端都市サンフランソウキョウ。天才少年ヒロは、幼くして両親を亡くし、以来、兄のタダシとともに母親代わりの叔母キャスのもとで育った。14歳になったヒロは、最愛のタダシが謎の爆発事故で命を落としてしまい、すっかり心を閉ざしてしまう。
そこに現われたのは、タダシがヒロのために残した形見の優しいケア・ロボット“ベイマックス”。彼の使命は傷ついた人々の心と身体を癒すこと。ベイマックスの献身的な支えで少しずつ元気を取り戻していったヒロは、やがて兄の不審な死の真相を突き止めるべく立ち上がる。そんなヒロを助けるため、タダシの大学の研究仲間たちも駆けつけるが…。
allcinemaより)


白いモコモコした愛くるしいキャラクターと少年の心温まる話かと思ったのですが…まぁあながちそれも外れちゃいないのですが…。とにかくもっとハートフルな話だと思っていたら、何だか男の子が喜びそうな戦闘モノがミックスされたお話で、30過ぎの戦闘モノに全く興味の無い女が観るには少々退屈なものでした…。
またよくハリウッド映画にありがちな、勘違いニッポンもあまりいい気がせず…。本作の場合、サンフランシスコと日本をミックスさせた架空都市ということだけれども…ね。
そしてディズニー映画にはお約束の、エンディングロール途中のおまけも今回は拍子抜け。
はぁ~…こんな地味な人が登場ですか…。
スタジオジブリもディズニーもピクサーも、一昔前の作品の方が好きだなぁ…。

ANNIE/アニー

date★2016.01.06(Wed) category★アメリカ作品
ANNIE

2014年 アメリカ作品 118分 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
原題:ANNIE
STAFF
監督:ウィル・グラック
脚本:ウィル・グラック アライン・ブロッシュ・マッケンナ
原作戯曲:トーマス・ミーハン
CAST
ジェイミー・フォックス クヮヴェンジャネ・ウォレス ローズ・バーン ボビー・カナヴェイル キャメロン・ディアス


明日は、
きっと笑う。


■Story
ニューヨークのマンハッタン。携帯電話会社のCEOで市長選当選を目指してキャンペーン中のスタックスは、車にはねられそうになった10歳の少女アニーを偶然助ける。彼女は、4歳の頃にレストランで両親に置き去りにされてしまい、今は養育費目当ての強欲な里親ハニガンが営む施設で暮らしていた。そして金曜日の夜には、レストランの前でいつかきっと迎えに来てくれると信じて両親を待ち続けていた。
元来が子ども嫌いのスタックスだったが、そんなアニーを利用すればイメージアップにつながると考え、彼女を引き取ることに。
一方しっかり者のアニーも、有名になれば両親が見つかるかも知れないと、スタックスの姑息な計画に便乗し、選挙キャンペーンに協力するのだったが…。
allcinemaより)


ANNIE2

恥ずかしながら、ミュージカルも昔の映画も観たことがないので、オリジナルの話を全く知りません…。
楽曲「tomorrow」はいくらなんでも知っていましたが、「ANNIE」に対する知識、これだけ。(汗)
これは時代背景を現代に移したリメイクとのことだけれども、こういう話だったのね~。ほんと映画鑑賞が趣味とか言ってる割には有名な作品を知らないのです…
まぁ、よくある話といえばそれまでなのですが…、楽しい気持ちになれるのは確か。昔の映画も観てみたいな。

元々貧しい家の出身で今は大富豪、やり手で少し腹黒いというキャラクターのスタックスは、同じジェイミー・フォックスが演じた「ドリームガールズ」のカーティスを思い出しました。彼の顔はこういう役をやっても、何だか憎めないお顔。
キャメロン・ディアスは…なんかこういう自暴自棄な役多くなってきたなぁ…。(^^;)まぁ、似合ってるんだけど…。

まだまだ書きたいことがあるのですが…子どもが昼寝から起きた上に真っ赤な顔してイキんでます…
ほんと、子ども生まれると自由な時間がないなぁ…。この作品も昼寝の合間合間にやっと見終わったんです…。ゆっくり映画観たいよ…。とほほ…。
でもまぁ、子どもとの生活は毎日ドタバタで心身ともにキツイ時もあるけれども、それ以上に大切なものに気付かされたり驚かされたりと刺激的な毎日。だから、スタックスの選択にも納得だなぁ~!なんて思いました。こういう作品は今までにもたくさん観てきたけれども、自分が子どもを持ってからは初めて観たから、今まで以上に納得!
あ、臭ってきた…。(苦笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。