pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユー・ガット・メール

date★2013.05.02(Thu) category★アメリカ作品
ユー・ガット・メール

1998年 アメリカ作品 119分 ワーナー配給
原題:YOU'VE GOT MAIL
STAFF
監督:ノーラ・エフロン
脚本:ノーラ・エフロン デリア・エフロン
CAST
トム・ハンクス メグ・ライアン グレッグ・キニア パーカー・ポージー ジーン・ステイプルトン


■Story
ニューヨークで小さな本屋を営むキャスリーンは恋人がいるにも関わらずインターネットで知り合ったメール友達“NY152”とのやりとりを何よりも楽しみにしている。
店の近くに大手の本屋チェーンがオープンするのが少し気がかりだが、そんな悩みも“NY152”の存在が和らげてくれる。
その大手チェーンを経営するジョーは商才はあるものの、女性に対して今一つのめりこめない性格で、彼もまた“ショップガール”というハンドルネームの女性とメールで話をするのが今もっとも楽しい事だった。
やがてジョーはキャスリーンの店で彼女に出会うが、自分のチェーン店が彼女の店にとって障害になることが判っているだけに複雑な気持ちだ。互いの立場がはっきり見えたキャスリーンとジョーは犬猿の仲になっていく。
そんな二人にとってはメール友達との会話だけが心の拠り所。
そしてキャスリーンは“NY152”から直接会う事を提案されるのだが、待ち合わせ場所に現れたのはなんとジョーだった…。
allcinemaより)


ユー・ガット・メール2

この作品が、「1998年」に、「当時57歳」の「女性」監督によって作られたというのは、ものすごいことだと思う。
時代を感じさせるのは、ダイヤル回線の音くらいなもので、今観ても十分新鮮で素敵な作品だなぁと、久々に観て思いました。
やっぱり好きだ、この作品!

お互いに正体を知らない前半は、その微妙なすれ違いや、きわどいやり取りにニヤニヤ。( *´艸`)
ジョーだけが"ショップガール"の正体を知ってしまってからは、彼のフクザツな心情が手に取るように分かり、またまたニヤニヤ&ハラハラ。( *´艸`)
そして、ラストはどうキャスリーンも知ることになるのかと、ドキドキ…。
とにかくワクワクしっぱなしの作品です。

最近ラブコメというと低俗なものばかりで…(偏見!?)、こういう良質なラブコメをまた観たいなぁ。
その良質なラブコメの巨匠、ノーラ・エフロンが去年亡くなってしまったのは、本当に残念です。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。