pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グレムリン

date★2013.05.12(Sun) category★アメリカ作品
グレムリン

1984年 アメリカ作品 107分 ワーナー配給
原題:GREMLINS
STAFF
監督:ジョー・ダンテ
脚本:クリス・コロンバス
CAST
ザック・ギャリガン フィービー・ケイツ ホイト・アクストン フランシス・リー・マッケイン


■Story
チャイナタウンの骨董屋で発明家ペルツァーが手に入れた不思議な動物モグワイ。
彼はそれを息子ビリーへクリスマス・プレゼントとして贈るが、モグワイには、水に濡らさないこと、太陽光線に当てないこと、真夜中すぎにエサを与えないことの三つの誓いが必要だった。
だが、この誓いが破られた時、可愛いモグワイは恐るべき凶悪な怪物グレムリンへと増殖していく。
かくして平和な田舎町キングストン・フォールズは悪夢のクリスマスを迎えることになるのだ。
allcinemaより)


グレムリン2

このDVDパッケージと、クリス・コロンバスの名から、「ホーム・アローン」みたいなのを想像していたら裏切られた!
公開当時子供に大ウケだったということだけれども、子供の頃観てたらあたしゃ泣きまくったと思う!大人になった今でも泣きそうになったもん。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

一体なんのジャンルと言えばいいのでしょうか。コメディ、ファンタジー、SF、パニック、ホラー…すべて当てはまります。前半と後半が、同じ作品とは思えない。(笑)
オープニングはポップ、中盤はグロい、そしてエンディングではまたポップ…というこの作品の独特な色調が、とても不気味に思えた。

そんな私が一番好きなのは、ビリーの母ちゃんとグレムリンのキッチンでの闘い。
母は強し!

は?

そこが一番グロイとこじゃん!って?

だって、不気味なグレムリンが木っ端微塵になっていく様子はスカッとしたんですもの。(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ(笑)
でも続編は、ぜっっっったいに観ない…。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。