pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モネ・ゲーム

date★2013.05.29(Wed) category★アメリカ作品
モネ・ゲーム

2012年 アメリカ作品 90分 ギャガ配給
原題:GAMBIT
STAFF
監督:マイケル・ホフマン
脚本:ジョエル・コーエン イーサン・コーエン
原案:シドニー・キャロル
CAST
コリン・ファース キャメロン・ディアス アラン・リックマン トム・コートネイ スタンリー・トゥッチ


なぜ、盗めない!?

■Story
印象派の巨匠モネの代表作《積みわら》の連作には、消えた1枚が存在した――。
英国の美術鑑定士ハリーは、自分を無能呼ばわりする雇い主の億万長者シャバンダーに仕返しすべく、《積みわら》の贋作を使った完璧な詐欺計画を練り上げる。
そして話に真実味を持たせるため、名画の持ち主役としてテキサスの天然系カウガール、PJを相棒にスカウトする。
ところが、自由奔放で怖い者知らずのPJはハリーの指示を完全無視、完璧だったはずの計画は早々に綻びを見せてしまうのだが…。
allcinemaより)


モネ・ゲーム2

以前と比べてお金も時間も制約があるので、映画館で観る映画は事前にネットでレビューを観て決めてます。
そしてこの作品の評判はまずまず…。駄作だという声も少なくない。
うーん…。どうしよ…。
でもこのキャスティングはえらい魅力的!(*゚∀゚)=3ハァハァ
コリン・ファース、キャメロン・ディアス、アラン・リックマン、スタンリー・トゥッチの組み合わせがどうなるのか、めちゃくちゃ気になる!
こりゃ観るしかない!

というわけで行ってきたわけですが…。なるほど、「駄作だ」の声に一票です。(苦笑)
このキャスティングでこの出来は、かなりもったいないと思う…。
でも、アラン・リックマンの新たな一面を見れた、という点では、観に行った価値はあったかな。(笑)
ハリー・ポッター」のスネイプ先生ことアラン・リックマンは、あのネットリした話し方が特徴的。スネイプのような、知的でいや~みな役がお似合い。ヽ(`Д´)ノ
その彼が…スッポン○ンですよ…。これはびっくりした。そして意外とそんな役がお似合いなのね。
キャメロンとスタンリーはお得意の役柄。もはやスタンリー・トゥッチはオネエにしか見えなくなってきた今日この頃。
コリン・ファースは…、ちょっと浮いていたように思えた。どうしても生真面目で知的な人に見えてしまうのです。イギリス英語だからかな。そのギャップが面白いという声もあるけれども、自分はどうしても彼のコメディに馴染めない。(´・ω・`;) 「ブリジット・ジョーンズの日記」を除いて。マークは生真面目で知的な人だもんね♪周りのブリジットやダニエルが変人なだけで。(笑)

犯罪コメディで、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」の右に出る作品は、なかなか見つからないなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。