pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

date★2012.04.14(Sat) category★アニメ
名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)

2011年 日本作品 109分 東宝配給
STAFF
総監督:山本泰一郎 監督:静野孔文
脚本:古内一成
原作:青山剛昌
CAST【声の出演】
高山みなみ 山崎和佳奈 小山力也 茶風林 緒方賢一 林原めぐみ 山口勝平


ラスト15分、予測不能!

■Story
ある日、朝倉都知事宛の脅迫状が届き、翌日、都知事が開通した新地下鉄トンネルが爆破される。コナンの活躍でけが人は出さずに済んだが、都知事を狙ったテロ事件への懸念が高まる。
コナンは、都知事が国土交通大臣時代に関わった新潟県のダム建設を巡って怨みを持つ者がいないか調査に乗り出す。
やがてダム建設の村で8年前に起こった交通死亡事故と、同じ日に崖から転落して以来意識を失ったままの少年・立原冬馬の存在が事件の重要なカギとして浮上してくるが…。
allcinemaより)


名探偵コナン 沈黙の15分(クォーター)2

テレビでやってたので観ちゃいましたー。
懐かしいなぁー、コナン。小学生の頃、夢中になったなぁ。マンガも買い揃えてたし、アニメも毎週観てたし、劇場にも毎回足運んでた。
多分、自分が子供の頃夢中になってたアニメで、今も続いている唯一のアニメだと思う。
この劇場版は15作目だそうで。
今16作目が公開しようとしてるから、16…16年前ってことですか、あの「時計じかけの摩天楼」で興奮したのは。

うっ。。。( ̄x ̄;)

さて、映画の感想ですが…。(話逸らす)
まず、内容よりもアニメの技術に驚いた。うひょー3Dでもないのに奥行きがある!
同じ爆発でも、それこそ時計じかけ~とは全く迫力が違うじゃないかー!
電車が高速に突っ込むシーン、そして雪崩のシーンは、アニメなのを忘れて興奮しました。

内容は、映画にしては、スケールはでかいものの蘭と新一のエピソードがあまりないなぁと。
コナンの劇場版といったら、蘭と新一の際どいエピソードがあって悶々とさせられるというのがテッパンだと思ってたのですが、それは古い話ですか?(苦笑)
あと、小五郎!!噂は聞いてましたが、声優変わっちゃったのね~~~。(´;ω;`) 神谷さーん。
もうそれが違和感で違和感で。小山さんも好きだけど、やっぱり小五郎は神谷さんだよー。
それになんですか、あのゲスト出演は。
アフレコ体験の小学生は劇場版のお約束だからいいけど、(三作目ぐらいまで、本気で応募考えてた・笑)戦場カメラマンはいらんだろー!違和感だらけだった!

とまぁ、文句をたらたらとたれましたが、やっぱりコナンは面白いなぁと。
久々に懐かしい声をいっぱい聞けたのも嬉しかった!久々にまた、TWO-MIX聴きたくなっちゃった。

ところで…、新一。漢字は違いますが、これ、夫の名前なんですよ。
だから以前はなんとも思わなかった蘭のお決まり台詞、「しんいちー!!」が出るたび、今は笑えて笑えて仕方なかったっす…。( ̄▽ ̄;)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。