pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

101

date★2012.06.09(Sat) category★アメリカ作品
101

1996年 アメリカ作品 102分 ブエナ配給
原題:101 DALMATIANS
STAFF
監督:スティーヴン・ヘレク
脚本:ジョン・ヒューズ
原作:ドディ・スミス
CAST
グレン・クローズ ジェフ・ダニエルズ ジョエリー・リチャードソン ジョーン・プロウライト ヒュー・ローリー


■Story
ファッション・デザイナーのアニタと恋に落ちたロジャー。彼が飼うダルメシアンのポンゴも、アニタが飼うダルメシアンのパーディと結ばれる。やがて15匹の子犬が生まれて、にぎやかで楽しい生活が始まった。
だがアニタの上司、ファッション界の女王クルエラが子犬を全部買い取りたいと申し出る。彼女は、子犬の皮でコートを作ろうと考えていたのだ。
もちろん断るアニタだったが、クルエラは二人の部下に子犬たちを誘拐させて…。
allcinemaより)


101-2

私は自称だけど「映画愛好家」を名乗ってるくせに、こういう誰もが観たことがあるであろう作品というものを観ていない。
これから拾っていこうと思う。
そんな第一弾は、ディズニーアニメ「101匹ワンちゃん」の実写版。
う~~~ん、ダルメシアン、かわいい~~~。(*´ェ`*)
特に子犬はたまらなくキュート。
同じ犬種でも、個性がそれぞれ違うのがまたキュート。
やんちゃだったりマヌケだったりマイペースだったりせっかちだったり。
特に、何かと皆からワンテンポ遅れてしまうラッキーが、自分と通じるものを感じさせられ、お気に入りです。

ただ、犬の可愛さを堪能する点では大満足なんだけど、これって「ホーム・アローン」の子供が動物に変わっただけじゃないか…。
それもそのはず。脚本家が同じなのね…。
そんなことは知らずに観たけど、きっと誰もが「ホーム・アローン」を連想するだろうね。
悪役の二人の風貌まで何だか似てるし。
ハゲとヒゲ。でもボス役は反対。
ただこの作品だと、あの大女優のグレン・クローズをもターゲットにされているのが見所。
糞にまみれ、藁にまみれ、油(?)にまみれ…。体張ってますなぁ。
危険な情事」とはまた違ったグレン・クローズの怖い姿が見れる。…怖いっていうか、奇怪か?(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。