pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レナードの朝

date★2010.02.13(Sat) category★アメリカ作品
レナードの朝

1990年 アメリカ作品 120分 Tri=COLTRI配給
原題:AWAKENINGS
STAFF
監督:ペニー・マーシャル
脚本:スティーヴン・ザイリアン
原作:オリヴァー・サックス
CAST
ロバート・デ・ニーロ ロビン・ウィリアムズ ジュリー・カヴナー ルース・ネルソン ジョン・ハード


-実話には、本物の感動がある-

■Story
30年間昏睡状態だった男レナードが、奇跡的に意識を回復した。セイヤー博士の治療が功を奏したのだ。
博士はその治療を、他の患者にも適用してめざましい効果をあげるが…。
オリヴァー・サックスの実話を基に、治療不能の難病に挑む医師の奮闘を、一人の重症患者との交流を軸に描いた感動のヒューマン・ドラマ。
allcinemaより)


レナードの朝2

死別が最も辛い別れだと思っていたけど、「私の頭の中の消しゴム」や「明日の記憶」を観て、アルツハイマーも辛い、一種の別れだと思った。
そして、この嗜眠性脳炎というのも辛い病気ですね。体は生きていても壊れていく姿を見るというのは残酷な別れだと思います。

でも闘病の話は気分が暗くなってしまいそうだと思いきや、希望にあふれる作品でした。
…と言い切ってしまうと、レナードを始めとする20人の患者達はまた薬の副作用によって眠り状態になってしまうエンディングだったので、ちょっと語弊がありますが…。
でも、セイヤー医師によって与えられた覚醒状態のとき、患者達はそれぞれ生き生きとした濃厚な時間を過ごすことが出来たので、それが本当に良かったなぁと。
どんなに長く生きていても、精一杯生きる喜びに自分で気付かなければそんな時間は過ごす事が出来ないからね。
30年間の眠り状態から醒めたレナードによって、その喜びを学んだセイヤー医師が、自分の殻を破って大きな一歩を踏み出す様子も微笑ましかったです。とても気分がほっこりする作品でした。

しかしレナードを演じたデ・ニーロの演技は本当にすごい。
実はレナードが覚醒状態になるまでデ・ニーロだと気付かなかったくらいです…。
それに対して押さえた演技でセイヤー医師を演じたロビン・ウィリアムズもよかった。
「パッチ・アダムス」での主人公もそうだけど、彼の見る者を思わず包み込んでしまうような優しい笑顔が医師の役となると、すご~く安心するんだよね。
「ストーカー」のように、ホラーになるとこれは恐怖に一変するんだけど。(笑)

本当にいい作品に出会えました。TSUTAYAの100選レンタル、あなどれない!
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。