pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パイレーツ・ロック

date★2012.02.26(Sun) category★その他の国の作品
パイレーツ・ロック

2009年 イギリス/ドイツ作品 135分 東宝東和配給
原題:THE BOAT THAT ROCKED
STAFF
監督・脚本:リチャード・カーティス
CAST
フィリップ・シーモア・ホフマン トム・スターリッジ ビル・ナイ ウィル・アダムズデイル トム・ブルック


■Story
ブリティッシュ・ロックが世界を席巻していた1966年。民放ラジオ局の存在しなかったイギリスでは、国営のBBCラジオがポピュラー音楽を1日45分に制限していた。若者の不満が渦巻く中、イギリスの法律が及ばない領海外の北海に、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局“ラジオ・ロック”が誕生、熱狂的な支持を集める。
そんなラジオ・ロックの船に高校を退学になった青年カールが乗り込んでくる。問題を起こした彼を更正させようと、母親によって旧友でもあるラジオ・ロックの経営者クエンティンに預けられたのだった。
allcinemaより)


パイレーツ・ロック2

あれ~?これ、リチャード・カーティスが監督と脚本なの!?
リチャード・カーティスとは相性がいいと思っていたので、ちょっとショック…。
これはあたし的にはアカ~ン!!・°・(ノД`)・°・

でも、この映画自体が駄作なのではなく、嗜好の問題なのかなぁ。

①この年代の音楽が分からない
②ロックンロール魂が理解出来ない、
③ヤるヤラないという会話がただの低俗な会話としか思えない
これじゃ~共感要素があるわけない。(苦笑)

背広をビシッと着こなしたビル・ナイを堪能したということで、良しとしよう。(苦笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。