pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリジット・ジョーンズの日記

date★2013.10.03(Thu) category★その他の国の作品
ブリジット

2001年 アメリカ/イギリス作品 97分 UIP配給
原題:BRIDGET JONES'S DIARY
STAFF
監督:シャロン・マグアイア
脚本:ヘレン・フィールディング アンドリュー・デイヴィス リチャード・カーティス
原作:ヘレン・フィールディング
CAST
レニー・ゼルウィガー コリン・ファース ヒュー・グラント ジム・ブロードベント ジェマ・ジョーンズ


全世界で500万人の女性の心をつかんだ
超ベストセラー待望の映画化!!

未修整。未検閲。未婚。


■Story
ブリジット・ジョーンズは出版社勤務のOLで32歳、独身。
彼女は新年にあたってひとつの決意をする。「日記をつけ、タバコとお酒を控えめにし、体重を減らして、恋人を見つける!」そして、「ハンサムな上司ダニエルには気をつける」――はたして彼女の誓いは無事達成されるのか?
allcinemaより)

ブリジット2

何度観てるか分からない作品。
男性が女性を揶揄するときの代名詞とも言える作品。確か「テッド」でも「どうせ『ブリジット・ジョーンズの日記』でも観ながら、泣いてるんだろうよ」というようなセリフがあった気がします。
ふんだ、女性には共感満載な作品なんだもんね。ほっといてくれっ!(笑)

最後に観たのは5年前。その時の感想を前のブログから引っ張ってくると…。
「観る度に印象が変わる作品。自分がブリジットの年齢に近づくにつれ、共感度も上がるし、無邪気に笑ってるだけじゃいられなくなる」
「初めて観たときはただのコメディだとゲラゲラ笑ってばかりで、"何でマークとダニエルで揺れ動くの?マークに決まってるじゃん!"と、マークの優しさにすっかり心奪われてましたが…。今のあたしなら分かる。これ、迷います!どちらを選べば幸せになれるか、頭では分かってるくせに、女の扱いに慣れたセクシーな男性もなかなか捨てがたいんだよね、厄介な事にサ」
「この映画がコメディとして観れるうちに、お嫁に行きたいものです…」

実は当時、女の扱いに慣れたセクシーな男性に惹かれていたんですな。(笑)
初めてお嫁に行ってから今回鑑賞したけど、今の私でも迷うな…。(笑)というのは冗談として、やっぱりダニエルのような男性の奥さんになれば、泣くのは目に見えてる。トキメキは少なくても、大切にしてくれる人を選ぶのが一番だと思う…。っていうか、トキメキ少ないって言っても、コリン・ファースなら贅沢すぎじゃないか!

懐かしい、独身ならではのトキメキを思い出すには特効薬の映画ですな。( ̄▽ ̄)。o0○  
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブリジット・ジョーンズの日記

「アナと雪の女王」の人気は衰えませんね。 公開以来14週連続で興行収入1位を続けています。一体何週1位をキープするのか? 「ありのままで」で思い出した「ブリジット・ジョーンズの日記」。 マーク・ダーシーの台詞「I like you just as you are. ありのままの君が好き...
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。