pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャーロック・ホームズ

date★2012.03.31(Sat) category★アメリカ作品
ホームズ

2009年 アメリカ作品 129分 ワーナー配給
原題:SHERLOCK HOLMES
STAFF
監督:ガイ・リッチー
脚本:マイケル・ロバート・ジョンソン アンソニー・ペッカム サイモン・キンバーグ
キャラクター創造:アーサー・コナン・ドイル
原案:ライオネル・ウィグラム マイケル・ロバート・ジョンソン
CAST
ロバート・ダウニー・Jr ジュード・ロウ レイチェル・マクアダムス マーク・ストロング ケリー・ライリー


■Story
19世紀末のロンドン。若い女性が次々と不気味な儀式を思わせる手口で殺される連続殺人事件が発生。ロンドン警視庁も捜査に手こずる中、名探偵シャーロック・ホームズがこの難事件解決に立ち上がる。はたして、持ち前の超人的な観察力や記憶力、推理力でたちまち犯人の居所を突き止めるのだった。だがその犯人、邪悪な黒魔術を操るブラックウッド卿は、巨大な闇の力とのつながりをほのめかし、すぐ復活すると言い残して処刑される。するとやがて、ブラックウッドが本当に甦ったとの報せが…。
allcinemaより)


開始早々驚いた。自分は続編から先に観てしまったのかと思った。
なるほど、ホームズとワトソンの関係を始めとするもろもろの設定は、ホームズシリーズがあまりにも有名だから割愛というわけのようだ。
いきなり事件が勃発しちゃったもんだから、びっくりよ。┐( -"-)┌

それにしても…。このホームズはずいぶん茶目っ気たっぷりに仕上げましたなぁ。
コナン・ドイルのホームズシリーズは、中学生の頃にハマり、新潮文庫で全シリーズ揃えました。
未だにたまに読み返すのだけれども、その原作から抱くイメージとこのホームズはまったく違う。
ホームズの設定と名前を借りた別物です。
一番違和感抱いたのが、、、

ホームズ2

う、う~ん、確かにホームズはボクシングがプロ級だったよね…。でもこれは…。
ロバート・ダウニー・Jr扮するコミカルなホームズは、開始早々阿部寛にしか見えなくなってしまったんだけど、このシーンはもはや阿部寛以外の何者でもない…。(_´Д`)ノ
もうこの後はダメ。どのシーンでも阿部寛阿部寛阿部寛…。
ワトソンの婚約者メアリー相手に、推理を外して水ぶっかけられるし、アイリーンにハメられてスッポンポンで手錠かけられちゃうし…。

ってことで、原作を愛読していただなんて、この映画を観るにあたってはまったく無意味なものになってしまいましたが、これはこれでいいなぁと。
少なくとも、家のテレビで観ているのに、3D顔負けじゃないかと言うくらい迫力あるアクションでした。
あまりアクションものを観ないのもあるけど、もうこれだけ特撮の技術は進歩したのか~と、初めて思わされたのも事実。
ぜひ今やってる続編は劇場へ行こうと思いました!(≧∇≦)
阿部寛好きだし。(阿部寛じゃないっつぅの。)

ちなみに、ワトソン博士=ジュード・ロウは、美化しすぎだよねぇ。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。