pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

date★2013.10.11(Fri) category★その他の国の作品
ブリジットきれそう

2004年 アメリカ/イギリス作品 107分 UIP配給
原題:BRIDGET JONES: THE EDGE OF REASON
STAFF
監督:ビーバン・キドロン
脚本:ヘレン・フィールディング アンドリュー・デイヴィス リチャード・カーティス アダム・ブルックス
原作:ヘレン・フィールディング『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』(ソニー・マガジンズ刊)
CAST
レニー・ゼルウィガー コリン・ファース ヒュー・グラント ジャシンダ・バレット


完璧な恋人
完璧な人生
これで悪いはずがない


■Story
独身OLのブリジットは、めでたく弁護士のマークと付き合い始めてから6週間、あのサイテー男ダニエルが旅行番組の案内役として人気なのは癪に障るけど、とにかく人生バラ色、まさに幸せの絶頂。
そんな矢先、マークと彼の美人アシスタント、レベッカの怪しい噂が耳に入り、一気に不安を募らせるブリジット。その後も行き違いや誤解が重なり、ブリジットはついにマークと大ゲンカをしてしまう。
マークからの連絡が途絶えて5週間。落ち込むブリジットのもとに、旅行番組でダニエルとコンビを組み案内役を務めるという仕事が舞い込んでくるのだった…。
allcinemaより)


ブリジットきれそう2

1作品目とセットになっているDVDボックスを持っているので、1作品目を観るとついついこちらも観てしまうのですが、何度観ても感想は同じ。
前作は、笑いながらも思わず共感しちゃったりときめいちゃったりと、現実的なトコと妄想的なトコが絶妙のバランスで融合されていて女心をくすぐる作品だったのに対して、今回は完全にコメディに傾いてしまった感じ。
共感するトコが全く無いとは言わないけど…。
前半は良かったんだけど、変なキノコを食べてラリる後半あたりから展開があらら…。

今作の一番の胸キュンポイントは、やっぱりまたマーク。
ブリジットが玄関前で別れた直後、マークに「miss you already」ってメールを打ってたら、すぐ後ろにいて「僕もだ」なんて言うシーンはまたまた( ̄▽ ̄)。o0○ ぽわわ~ん
たまらないっす!!!!!!!!!!(*゚∀゚)=3
でも、セクシーでユーモア満載のダニエルもやっぱり捨てがたい…。両方味わえるブリジット、羨ましすぎ…。

前作と続けて観るとよく分かるのだけれども、レニーはさらにパワーアップして体重増加に励んだんだね。
初めてブリジットを観た後、一時期レニーの出演作品を片っ端から観た時期はあるのですが、やっぱりブリジット役が一番好きです。一番しっくりくるんだよね。

3も作ってくれないかな~。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。