pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛適齢期

date★2008.12.23(Tue) category★アメリカ作品
恋愛適齢期

2003年 アメリカ作品 128分 ワーナー配給
原題:SOMETHING'S GOTTA GIVE
STAFF
監督・脚本:ナンシー・マイヤーズ
CAST
ジャック・ニコルソン ダイアン・キートン キアヌ・リーヴス フランシス・マクドーマンド


なぜ、年齢(とし)が恥ずかしいの?

■Story
ハリーは未だに30歳以下の女性としか付き合ったことがないと豪語する63歳の独身プレイボーイ。
ある時、彼は若い女性マリンと海辺に建つ彼女の母親の別荘で甘い週末を過ごしていた。
だが、そこへマリンの母エリカもやって来る。エリカは人気劇作家でバツイチの54歳。自分よりも年上の男と付き合う娘に面食らいながらも、当人同士の問題と口出ししないことに。
そんな時、突然ハリーが心臓発作で倒れてしまう。大事には至らなかったものの、しばらくは安静にする必要があるとのこと。
エリカは仕方なくハリーの健康が戻るまで看病することにしたのだが…。
allcinemaより)


恋愛適齢期2

ウィットに富んでておしゃれで、心温まるイイ作品でした。

でも!よぉ~~く考えてしまうと、ちょっと複雑かな!?
娘にとってはお母さんの彼氏が自分の元恋人。今自分が夫も子供もいる状態とはいえ、家族ぐるみで付き合うのはこの先複雑な心境じゃないかなぁ。
あと、結婚生活という長い目で見たら、女遊びのクセがついているジャック・ニコルソンより、医者で将来まだまだ有望で一途なキアヌの方がいいんじゃないかなぁ…、なんて、現実的すぎる目線ですいません…。自分の気持ちを大切にするというのが一番大切なことってのは分かるんだけど、恋愛と結婚は別じゃないかなぁなんて考えてるこの頃なものなので。(;^_^A

ダイアン・キートンの失恋の心痛を仕事にぶつける姿勢は見習いたい。劇作家っていいですね。憎きヤツを殺せるもんね。(笑)
バイアグラと血圧、老眼鏡ネタには毎回大爆笑でした。
恋愛「適齢期」は、生きている限り「今」ですね!
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。