pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェラ

date★2013.10.25(Fri) category★フランス作品
アンジェラ

2005年 フランス作品 90分 アスミック・エース配給
原題:ANGEL-A
STAFF
監督・脚本:リュック・ベッソン
CAST
ジャメル・ドゥブーズ リー・ラスムッセン ジルベール・メルキ セルジュ・リアブキン ローラン・ジュムークール


泣き虫で凶暴 出逢うはずはなかった 君は天使

■Story
パリに暮らすアンドレはギャング絡みの借金が原因で48時間後には殺されてしまう運命に陥ってしまう。
絶望してアレクサンドル三世橋からセーヌ河を見下ろすアンドレ。何も思い残すことはないと覚悟を決めた矢先、隣に現われた美女が、いきなり川に飛び込んだ。
思いもよらぬ事態に、とっさにアンドレも後を追い無我夢中で彼女を助け出す。
これがきっかけで、この絶世の美女アンジェラは、戸惑うアンドレをよそに、彼の後を付いて回るようになるのだった…。
allcinemaより)


アンジェラ2

リュック・ベッソンは好きなフィルムメーカーの一人だが、彼の描くヒロインは例外なく、長身、スリム、そして美人だ。
ご自分の容姿を差し置いて、面食いなのは言うまでもない。(失礼)
そして、毎回そんな完璧な容姿の、手垢のついていない女優を探し出してくるのだから、その執念には舌を巻く。
本作もこれまた、長~~~くて、きれ~~~な御御足のヒロイン。あんなボディラインが出た超ミニのワンピースを着こなせる人なんてそうそういないって…。
それもそのはず、GUCCIの専属モデルをも務めたことのあるモデルさんだそうです。ふんっ、同じ「人間の女性」なのに、なんでこうも違うのさっ!ρ(-ε- )イジイジ

そんな女性が、ダメダメな男のあるがままを愛してくれるんですよ!?これをリュック・ベッソンの妄想・願望だと思わずにはいられないでしょう!?
一度そう思ってしまうと、何だか笑えて仕方が無い。
好きなことやってるな~、やりたい放題やってるな~、って。(笑)
でも、そんな独りよがりとも思える作品でも愉しめてしまったのは、私がリュック・ベッソン贔屓だからでしょうか?
自然の光だけを頼りに、モノクロで撮られた朝と夕方にロケをしたというパリの街並み。そしてヒロインの現実離れした美しさ。まるで写真集を見ているようだった。
物語自体は陳腐で、一人の妄想男の脳内炸裂作品かもしれない。でも、「美」をとことん追求し、写真集感覚で愉しむオシャレな映画があってもいいと思うのです。
というわけで、私はかなり好きです、この作品!
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。