pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月24日通りのクリスマス

date★2013.11.22(Fri) category★邦画
7月24日通りのクリスマス

2006年 日本作品 108分 東宝配給
STAFF
監督:村上正典
脚本:金子ありさ
原作:吉田修一『7月24日通り』(新潮社刊)
CAST
大沢たかお 中谷美紀 佐藤隆太 上野樹里 YOU 小日向文世 阿部力 沢村一樹 劇団ひとり


クリスマスには、告白しよう。

■Story
生まれ育った長崎で市役所に勤める地味で平凡な女性、サユリ。
退屈な毎日を送る彼女は、空想の中で自分の住む街をリスボンの街に置き換え、出会う男性に“自分だけの王子様ランキング”をつけて現実をやり過ごす日々。
そんなある日、大学のOB会にやって来た憧れの先輩・聡史と再会する。
しかも後日、思いがけず聡史からデートに誘われ、クリスマスを前にすっかり舞い上がるサユリだったが…。
allcinemaより)


7月24日通りのクリスマス2

ありがちで単純なストーリーだけど、しっかりちゃっかりキュンキュンしながら楽しんじゃいました~。(〃'∇'〃)
大沢たかお、カッコイイ~!
最近こういう少女漫画的な作品に入れ込んでしまう自分は干物なのか?幼児化なのか?
まぁ、いつまでも若々しいってことで。(笑)

「電車男」の監督と脚本家のコンビだけど、今回中谷さんが扮するのはエルメスには程遠い、親近感溢れる平凡な、脇役人生を歩んできた女性。
嫌われ松子の一生」「自虐の詩」そして今作のような役もあれば、「電車男」や「シルク」のようなまさに中谷さんのイメージ通りの役もこなす。
出演作品を観れば観るほど好きになる女優さんです。

YOUの「どんな花が咲くかなぁ?種蒔いてないのに。合格できるかなぁ?受験してないのに。宝くじ当たるかなぁ?買ってないのに!」というセリフが、ものすごく心に響いた。
行動無しに結果は出ないって分かってはいるんだけど、行動するのはとぉ~~っても勇気がいることなんだよねぇ。クリスマスは奇跡が起きると信じたいけどね!

ところで、この原作を書いた吉田修一さんって、あの「悪人」を書いた人でもあるんですよね!?
まだこの作家さんの作品を読んだことはないのだけれども、同じ人が書いたとは思えない内容…。ぜひ読んでみたいと思いました。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。