pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シティ・オブ・エンジェル

date★2008.04.13(Sun) category★アメリカ作品
シティ・オブ・エンジェル

1998年 アメリカ作品 114分 ワーナー配給
原題:CITY OF ANGELS
STAFF
監督:ブラッド・シルバーリング
脚本:ダナ・スティーヴンス
CAST
ニコラス・ケイジ メグ・ライアン デニス・フランツ アンドレ・ブラウアー コルム・フィオール


かつて地上に存在したことのない、ピュアな恋。

■Story
天使のセスは死者の魂を天国に導く役目を担っている。
そんな彼は、ある日医者のマギーに出会い、恋に落ちてしまう。しかし、天使である彼は、色を感じる視覚、臭覚、味覚、触覚などの感覚が備わっていないため、彼女を抱きしめることも出来ない。
思い悩んだ末、永遠の命を犠牲にして天使から人間になることを決意する。人間になったセスの体からは血が流れ、マギーと愛を交わす仲になっていくのだが…。
allcinemaより)


シティ・オブ・エンジェル2

観始めてから思い出したんだけど、元彼の部屋にこの映画のでっかいポスターが飾られてたなぁ。ケッ。┐(´д`)┌

初鑑賞になりますが、有名な作品ですよね。なかなか面白かったんだけど、多くのレビューサイトにも書かれていたように、ニコラス・ケイジが天使のイメージと程遠いんです…。
天使なのに顔濃いなぁ。ってか頭薄いなぁ…。(それ言っちゃダメ?)
いつも黒い服だし、天使と言うより死神をイメージしてしまいました。幻想的な美青年の方がよかったんじゃないかなぁ。ジュード・ロウとか。
ニコラス・ケイジの演技は申し分なかったんだけどネ。天使のときと人間になった後の表情の変化が素晴らしかったです。

ストーリーはすごく切ない。
確かにfeelという感情が無い永久不滅の命では経験し得ない素晴らしい経験が出来たけれども、それも一瞬の事で、人間になったからこその絶望を味わってしまう。予想外な結末でした。
やっぱりニコラス・ケイジではなく、ジュード・ロウあたりで観てみたかった。
関根勤さんが「ニコラスさんはストーカーにしか見えない」と、この作品をTVで紹介されてたそう。うーん。言い得て妙。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。