pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕等がいた 後篇

date★2012.08.19(Sun) category★邦画
僕等がいた後編1

2012年 日本作品 121分 東宝=アスミック・エース配給
STAFF
監督:三木孝浩
脚本:吉田智子
原作:小畑友紀『僕等がいた』(小学館『月刊ベツコミ』連載)
CAST
生田斗真 吉高由里子 高岡蒼甫 本仮屋ユイカ 小松彩夏 柄本佑 須藤理彩 比嘉愛未 麻生祐未


■Story
東京の大学を卒業し、出版社に就職して忙しい日々を送る七美。
かつて遠距離恋愛をしていた矢野とは突然連絡が途絶えて以来、再会の叶わぬまま。
そんな七美を矢野に代わって支えていたのは彼女を見守り続けてきた竹内だった。
しかし矢野への想いを断ち切れない七美のもとにある日、その消息を伝える情報がもたらされるのだったが…。
allcinemaより)


僕等がいた後編2

前篇よりは見られましたよ。
社会人になったということで、キャストの年齢にも違和感はなくなった。
でもね…。「やっぱり竹内でいいじゃん」とはやっぱり思ったよね。:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
そりゃ、矢野を襲ったのはこの上ない悲劇の連続。
でも、有里とのこじれた関係や、七美との関係を始めとする過去を清算しようとしたのは、ただの矢野の愚かさ。
そんな彼よりも、いつも傍で見守ってくれていた紳士の竹内の方が、どれだけ重い愛情か…。
指輪を付き返したシーンでは、思わず飛行機でヘッドフォンという状況を忘れて、

「バカヤロー!( ゚Д゚)ゴルァ!」

と、叫びそうになりました。(笑)

やっぱりこれ、吉高じゃないキャストで観たかったなぁ。。゚(゚´ω`゚)゚。。
あ。でも吉高が出てなかったら観てなかったとも思うなぁ…。吉高のこういう役を観たくなかったと言う方が正しいか。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。