pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイス・プリンセス

date★2008.12.09(Tue) category★アメリカ作品
アイス・プリンセス

2005年 アメリカ作品 98分 劇場未公開
原題:ICE PRINCESS
STAFF
監督:ティム・ファイウェル
脚本:ハドリー・デイヴィス
原案:メグ・キャボット ハドリー・デイヴィス
CAST
ミシェル・トラクテンバーグ ジョーン・キューザック キム・キャトラル ヘイデン・パネッティーア


■Story
物理が得意な女子高生ケイシー。
彼女はハーバード大学入学の奨学金を得るためのレポートとして、フィギュア・スケートの回転の分析を研究テーマに選んだ。そして、早速スケートリンクを訪れ、選手たちの練習風景をビデオカメラに収めていく。
一時スパイと間違われたケイシーだったが、分析を続けるうちに自らも滑ろうとスケートを習うことに。
すると、彼女はスケートの才能を見出され、やがて選手として成長する。だがこれによって、スケートか進学か、将来の選択を迫られていく…。
allcinemaより)


アイス・プリンセス2

前に観たことあるんだけど、先日「SATC」を初めて観て、サマンサ役のキム・キャトラルが気になってしまったので、再鑑賞。
女性の魅力に溢れてて強気っていうのはサマンサと通じるトコがあるけど、「母親」ってのが決定的に違う。
しかも「男性との交際は禁止」だなんて条件を主人公に言いつけるけど、サマンサにとっては死ぬよりも恐ろしいことじゃないですか。(゚∀゚)ニヤニヤ(笑)
でもそんな独身貴族のサマンサのイメージが強い彼女なのに、母親役もなかなか合ってた。
ちょっとミシェル・ファイファーと似た雰囲気があるように思いました。

内容はよくあるシンデレラストーリー。フィギュアスケートも大好きなので、今回もなかなか楽しめました。
でも、前回も思ったんだけどケイシー役の子がちょっと残念…。
たまに「あれ?キレイな子かな?」って思うも、口が欠点なのかなぁ?気になってしまいました。
ブリトニーのTOXICで踊ってたゾーイの演技がかっこいい!こんなフィギュアもいいじゃん!!なんて思ってたら、ジュニア部門7位入賞の本当のスケート選手でした。

なんでこれDVDスルーだったんだろう?
やっぱり目玉キャストがいないから??
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。