pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナライズ・ユー

date★2014.01.09(Thu) category★アメリカ作品
アナライズ・ユー

2002年 アメリカ作品 96分 ワーナー配給
原題:ANALYZE THAT
STAFF
監督:ハロルド・ライミス
脚本:ピーター・スタインフェルド ハロルド・ライミス ピーター・トラン
CAST
ロバート・デ・ニーロ ビリー・クリスタル リサ・クドロー ジョー・ヴィテレッリ キャシー・モリアーティ=ジェンタイル


癒すぜ、ベイビー!

■Story
刑務所に服役しているマフィアのボス、ポールは刑期終了を間近に控えていた。
獄中でもボスの威厳を保っているかに見えたポールだが、最近では挙動不審なところが目立ってきている。彼は刑務所内でも命を狙われる身。そんな緊張が積み重なったためか、ミュージカルのウエスト・サイド・ストーリーの主人公になりきって突然歌いだすなど、奇異な行動が顕著になってきた。
そこでかつてポールの担当医だった精神科医ベンが呼び寄せられる。
診察の結果をみて、FBIは嫌がるベンを強引に説き伏せ、彼に保護観察を任せることでポールを釈放させるのだったが…。
allcinemaより)


アナライズ・ユー2

あー…、これも続編ダメダメなパターンかぁ…。
前作が面白かっただけに残念だなぁ…。

前作では結婚式をぶち壊されたベン。今度は父親のお葬式を邪魔されてしまう。
そんな前半はまたニヤニヤしながら鑑賞しておりました。
FBIからポールの精神状態の鑑定を頼まれ、放心状態のポールで好き放題遊ぶベンにもニヤニヤ。(゚∀゚)ニヤニヤ
されるがままのデ・ニーロが面白い。(画像参照)

…んが。

その後からが強盗だの映画撮影だの、大げさで残念な展開になってしまうのです。
すぐ近くでドンパチが繰り広げられている修羅場で、ベンとポールのオッサン二人がお父さんを偲んで大泣きするのは笑えましたが。
精神科の先生と患者の関係のはずが、お互い癒し合う立場に変化するのも面白かった。
だからこそ、もっとこじんまりとまとめてほしかったなぁと思う。

いい味出していたポールの一番弟子のジェリーを演じたジョー・ヴィテレッリは、これが遺作だそう。
なぜ亡くなったのかネットで調べても分からなかったのだけれども、残念です。
いかつい顔と迫力ある風体の中にも、どこか可愛らしさが覗く彼にジェリーは適役でした。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。