pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローン・レンジャー

date★2014.01.23(Thu) category★アメリカ作品
ローン・レンジャー

2013年 アメリカ作品 149分 ディズニー配給
原題:THE LONE RANGER
STAFF
監督:ゴア・ヴァービンスキー
脚本・原案:ジャスティン・ヘイス テッド・エリオット テリー・ロッシオ
CAST
ジョニー・デップ アーミー・ハマー トム・ウィルキンソン ウィリアム・フィクトナー バリー・ペッパー ヘレナ・ボナム=カーター


世界を変えるのは、
正義か?
復讐か?


■Story
西部開拓時代のアメリカ。正義感あふれる郡検事のジョン・リードは、勇敢なテキサス・レンジャーの兄ダンを無法者一味に殺され、自らも凶弾に倒れて生死をさまよう。
そんな彼の前に現われたのは、ネイティブ・アメリカンの男、トント。少年時代の忌まわしい事件のために復讐に燃える悪霊ハンターだった。
トントは、その聖なる力でジョンを甦らせると、それぞれが求める復讐と正義のため手を組むことに。そしてジョンは敵を欺くべく兄の形見をマスクにして、素顔を隠したヒーロー“ローン・レンジャー”となる。
こうして共通の敵=極悪非道な無法者ブッチ・キャヴェンディッシュを追って旅に出た2人だったが…。
allcinemaより)


ローン・レンジャー2

先ほど更新した「ゼロ・グラビティ」の感想に、「五感をフルに刺激された」なんて書きましたが、それに対してこれは「五感を完全にシャット・ダウンされた」と言っても過言ではない。
退屈極まりなく、苦痛さえ覚えた149分間でした。何度あくびをかみ殺し、目をこすったか数え切れん。
ヽ( ´O`)ゞファーァ...( - _ゞ ゴシゴシ ヽ( ´O`)ゞファーァ...( - _ゞ ゴシゴシ
あの運動会でおなじみの曲であるウィリアム・テル序曲も、運動会にトラウマのある自分にとっては冷や汗が出てくる。(笑)

そもそも、1933年のラジオドラマに始まり、1949年~1958年には全221話のTVドラマ化、映画化も本作を含めて4回されたそうですが、どれにもなじみのない者にとっては、何の思い入れも無い。
さらに、ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターという見慣れた共演であり、そのジョニデにいたってはまたまた白塗り。
何だか最近「白塗り」と聞いたら、バカ殿よりもジョニデが浮かぶようになってきたゾ。
カッコいい格好の分、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジャック船長の方が見ごたえあります。

唯一嬉しかったのは、敵のブッチを「プリズン・ブレイク」のマホーンことウィリアム・フィクトナーが演じていたこと!
今回もブチ切れてましたねぇ!!(*゚∀゚)=3
私の夢は、いつか、ゲイリー・オールドマン、ショーン・ペン、そしてウィリアム・フィクトナー共演のブチ切れまくりのアクション作品を観ること。
ハリウッドの関係者様、いかがでしょうか?(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ローン・レンジャー』

□作品オフィシャルサイト 「ローン・レンジャー」 □監督 ゴア・バービンスキー□脚本 ジャスティン・ヘイス、テッド・エリオット、テリー・ロッシオ□キャスト ジョニー・デップ、アーミー・ハマー、トム・ウィルキンソン、ウィリアム・フィクトナー、バリー・ペッ...
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。