pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.S. アイラヴユー

date★2014.01.26(Sun) category★アメリカ作品
P.S.アイラブユー

2007年 アメリカ作品 126分 ムービーアイ=東宝東和配給
原題:P.S. I LOVE YOU
STAFF
監督:リチャード・ラグラヴェネーズ
脚本:リチャード・ラグラヴェネーズ スティーヴン・ロジャース
原作:セシリア・アハーン『P.S.アイラヴユー』(小学館刊)
CAST
ヒラリー・スワンク ジェラルド・バトラー リサ・クドロー キャシー・ベイツ ハリー・コニック・Jr


まだ“さよなら”は
言えないんだ。


■Story
ニューヨーク。ホリーは陽気で情熱的なアイルランド人の夫ジェリーとつましくも幸せに暮らしていた。だがある日突然、ジェリーは脳腫瘍でこの世を去ってしまう。
それから3週間、ホリーは悲しみのあまり電話にも出ず、引きこもり状態に。
そんな彼女が30歳を迎えた日、家族や親友たちが誕生日のお祝いに駆けつける中、バースデイケーキとテープレコーダーが入った贈り物が届く。何とその差出人は、今は亡きジェリーだった。そしてテープには、明日から様々な形で届く手紙それぞれの内容に従って行動してほしい、とのメッセージが。
思わぬプレゼントに喜びと驚きが交錯するものの、翌日から届いた手紙の指示に従って行動し始めるホリー。
やがて、彼女は手紙の指示通り、親友たちと共にジェリーの故郷アイルランドを訪れるのだが…。
allcinemaより)


P.S.アイラブユー2

二回目なのに…もう涙腺緩みっぱなしだー!!。゜゜(´□`。)°゜。何回ウルウルしてたか分かりません!
全体通してもの悲しい雰囲気ではないし、むしろコメディ色強いのに、ふと「ジュリーはもういないんだな」と思うと幸せいっぱいの二人の回想シーンが悲しくなってしまって涙。
必ず文末に添えられている「P.S.I Love you」の一文が、いつまでもホリーを縛り付ける残酷な文章に思えてしまい、ホリーの傷心にも涙出てきちゃうし、ジュリーの計り知れない愛情の深さにも涙。
ジュリーの手紙はホリーを縛り付けるためのものではなく、自分に気兼ねなく新しい恋をして幸せになってもらいたいという願いからのものだと分かったときは、もう何とも言えない気持ちになった。
状況は少し違うけど、ホリーの置かれた立場と自分を重ねてしまい、そのホリーに周りの人達がかける言葉一つ一つが今の自分にも心に沁みるものばかりで、もう無我夢中で没頭した2時間でした。
ラストも一筋縄ではいかない、でも希望が持てる終わり方で好感持てた。

大喧嘩のオープニングがまた、この作品全体を生かしてるよね。ホリーの言い分は聞いてると「身勝手なヤツ」と思うも、「女ってこうなるよね」と支離滅裂になった時の自分を思い出して苦笑。
そして後に彼女が言う「女って何を望んでるのか自分でも分からないのよ」という言葉はまさに的を得てると思います。

ホリーの友達のデニースは、あそこまで行くと気持ちいいね。
会う男会う男に「独身?ゲイ?仕事してる?」これらの質問のうちどれか一つでも彼女の希望に沿う返事じゃなければソッコーさよなら。合格してもキスがダメではNG。
「そんなガツガツしててみっともない」と普通思うけれど、結局幸せになったんだから、女もあれくらい欲を出すべきなのかも!?
そんなデニースを演じるのは「フレンズ」のリサ・クドロー。
ジェニファー・アニストンの方が本数は出てるけど、リサの方がいい作品に恵まれてる気がします。

いつも文句を言ってしまう目の前の相手が、いついなくなってしまうのか分からない。明日かもしれない。
だからこそ、目の前の相手と一日一日を思いやりをもって過ごしたい。そんなことを改めて思った。
けど、分かっちゃいるけど、とめられないのが人間ってもんだよね。(苦笑)
まぁ、目の前にいる旦那にもう少し優しく接しようと思いましたよ。何日(何時間?)続くか分からないけど…。(;゚д゚)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『P.S.アイラブユー』

□作品オフィシャルサイト 「P.S.アイラブユー」□監督・脚本 リチャード・ラグラヴェネーズ □脚本 スティーヴン・ロジャース □原作 セシリア・アハーン (「P.S. I Love You」)□キャスト ヒラリー・スワンク、ジェラルド・バトラー、リサ・クドロー、ハリー・コニ...
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。