pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイブ

date★2009.03.29(Sun) category★その他の国の作品
ベイブ

1995年 オーストラリア作品 92分 UIP配給
原題:BABE
STAFF
監督:クリス・ヌーナン
脚本:ジョージ・ミラー クリス・ヌーナン
原作:ディック・キング=スミス
CAST
ジェームズ・クロムウェル マグダ・ズバンスキー ゾーイ・バートン ポール・ゴダード
【声の出演】クリスティーン・カヴァナー ミリアム・マーゴリーズ ダニー・マン


■Story
収穫祭の賞品として農場主アーサーにもらわれた子ブタのベイブ。
牧羊犬の母犬フライはベイブに農場のルールを教えた上、自分の子供たちと同じようにベイブを可愛がってくれる。牧場に現れた羊泥棒をいち早くベイブが感知した事からアーサーはベイブに羊の見張りをさせようと思いつくが、臆病なベイブには手も足も出ない。
だが心優しいベイブは羊たちにお願いする事で牧羊犬の代わりを見事に果たしたのだ。
フライの夫レックはプライドを傷つけられベイブに辛く当り、フライとの仲も悪くなる。やがて牧羊犬コンテストの日が迫り、アーサーはなんとそれにベイブを出場させようとするのだが…。
allcinemaより)


ベイブ1.1

何回か観てる作品だけれども、いつもTV放送の吹き替え版で観てたので字幕で観たのは初めて。
ベイブの声は吹き替えの方が可愛いなぁ。字数が限られてる字幕より吹き替えの方が、可愛らしい言葉使いが出来るからかもしれないけど。

続編は、ベイブ顔負けの体格の奥さんのアクションシーン(?)ばかりで、一体どっちが主役か分からない作品になってたけど、これは完全に動物達が主役で、人間はサブ的存在。
動物達の言葉のやりとりの内容は、人間同士の関係を築くのにも必要な事ばかりです。
ベイブの性格もそうだね。彼(?)の人柄が様々な成功や幸福を呼び込むことになるんだから!

やっぱり動物が主役の映画は癒されるなぁ~。
しばらく豚肉を食べるのは控えたいと思います…。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。