pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トッツィー

date★2014.02.09(Sun) category★アメリカ作品
トッツィー

1982年 アメリカ作品 116分 COL配給
原題:TOOTSIE
STAFF
監督:シドニー・ポラック
脚本:ラリー・ゲルバート マレー・シスガル
原案:ラリー・ゲルバート ドン・マクガイア
CAST
ダスティン・ホフマン ジェシカ・ラング テリー・ガー ダブニー・コールマン ビル・マーレイ


■Story
実力はあるも演技への執着から役に恵まれない俳優ドーシーは、女装してドロシーに変身、昼メロ『病院物語』の婦長役でデビューを飾るが…。
allcinemaより)


トッツィー2

レインマン」と続けて観たら、何だか頭がこんがらがってきました…。(笑)
ダスティン・ホフマン、やっぱりすんげー!w( ̄Д ̄;)w
なかなかキレイじゃないですか、ダスティン・ホフマンの女装!ドロシーは彼だって分かって見てるはずなのに、笑ってるドロシーはどうしても彼に見えない。
真顔に戻ると、「あぁ、ダスティンだ」って思うんだけど。(笑)
そんじょそこらのオバさんよりキレイです。

男性の女装モノといったら、ロビン・ウィリアムズの「ミセス・ダウト」を思い出す。
「ミセス・ダウト」でも、夫としてだと妻と上手くいかなかったのに、女装してからはまるで親友のようになるなど、何だか内容も似ています。
男性が女装すると、女性の気持ちが分かるようになるのかなぁ?(笑)
毎朝早起きして身支度を整えて、メイクを研究し尽くして、洋服選びにも妥協なし。
何だか…IKKOやはるな愛を見ていても思うんだけど、男性が女装に目覚めると女性以上に女らしくなるよね。(笑)
よく寝坊して、メイクは目だけしてマスクをし、洋服は着やすいものを選ぶ。
そんな自分が、女として恥ずかしいです…。( ̄ω ̄;)エートォ...

字幕翻訳家の戸田奈津子さんの本で読んだのですが、ダスティンが来日した際、戸田さんの前で「レインマン」のレイモンドと本作のドロシーのご対面シーンを冗談で演じてくれたそう。
それめちゃくちゃ観たくありませんか!?
DVDの特典映像として収録してくれ~~!!(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。