pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺はまだ本気出してないだけ

date★2014.02.16(Sun) category★邦画
俺はまだ本気出してないだけ

2013年 日本作品 105分 松竹配給
STAFF
監督・脚本:福田雄一
原作:青野春秋『俺はまだ本気出してないだけ』(小学館刊『月刊IKKI』連載)
CAST
堤真一 橋本愛 生瀬勝久 山田孝之 濱田岳 水野美紀 石橋蓮司


将来のことは、
考えないようにしています。


■Story
高校生の娘を持つ42歳のバツイチ男、大黒シズオ。ある日、“本当の自分を見つける”ためと、突然会社を辞めてしまう。ところがそれから1ヵ月、シズオは部屋でゴロゴロとゲーム三昧で、一緒に暮らす父親から怒鳴られてばかりの日々を送っていた。
そんなある日、本屋で立ち読みしていたシズオは、なぜか漫画家になろうと決意する。そして出版社への持ち込みを始め、担当編集者の村上に励まされるも、当然のようにボツの連続。バイト先でも失敗続きで、挙げ句に娘から借金する始末。おまけに何かと理由をつけては、マンガをさぼって幼なじみの宮田と飲んでばかり。
ついには見かねた父親に本気で怒られ、大人げなく家出してしまうシズオだったが…。
allcinemaより)


俺はまだ本気出してないだけ2

ここまで落ちぶれてはいないものの(笑)、このダメダメ男シズオに少しだけでも相通じるものを自分の中に見つけてしまい、恥ずかしくなってしまった…。
ディズニーの世界だと「夢をみる」ことはこの上なく美しいこととされているけど、現実だと一歩間違えると「イタイ人」と紙一重…。
現実を見つつ夢をもみて、生活しつつ人生を輝かせる。その両立は本当に難しい…。

でもこの独走で猛突進するダメダメ男シズオが、少なからず周りに影響を与えてしまうのが面白い。
シズオの存在意義はそこにあるのかも。

何を演じてもなりきってしまう堤さん。今回のダメ男もアッパレ。
けれどもそれ以上に、いつもステテコ姿でシズオを一喝する親父役の石橋蓮司さんの変貌振りに驚かされました。
イメージと真逆なんだもの…。

主人公に嫌悪感を抱きつつも、でも嫌悪感だけでもない、少しこのバカさが羨ましくもある…。そんな作品でした。
105分間観る価値があるかと問われれば、正直ビミョーなんですけど。(苦笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『俺はまだ本気出してないだけ』

□作品オフィシャルサイト 「俺はまだ本気出してないだけ」□監督・脚本 福田雄一 □原作 青野春秋□キャスト 堤 真一、橋本 愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田 岳        水野美紀、石橋蓮司、指原莉乃 ■鑑賞日 6月15日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cy...
...この記事を表示

『俺はまだ本気出してないだけ』

(原題:Oblivion) 「今日は、ちょっと気楽な映画を…」 ----確かに。 この映画、 タイトル聞いただけで噴き出しそう。 これって原作、漫画ニャんでしょ? 「そうらしいね。 いつものことで、ぼくは読んではいないけど、 プレスに載っている絵を見る限り、 この主人公...
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。