pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想の女(ひと)

date★2009.12.26(Sat) category★その他の国の作品
理想の女

2004年 イギリス/スペイン/イタリア/アメリカ/ルクセンブルク作品 93分 ギャガ・コミュニケーションズ配給
原題:A GOOD WOMAN
STAFF
監督:マイク・バーカー
脚本:ハワード・ハイメルスタイン
原作戯曲:オスカー・ワイルド『ウィンダミア卿夫人の扇』
CAST
スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント トム・ウィルキンソン スティーヴン・キャンベル・ムーア


いい女は2種類しかいない。
全てを知り尽くした女と
何も知らない女。


■Story
ニューヨーク社交界の華である若いメグとロバートのウィンダミア夫妻。彼らはある日、世界のセレブが集う南イタリアの避暑地アマルフィへバカンスに訪れた。メグはそこで魅惑的なアメリカ人女性アーリンと出会う。夫に対して一途な愛を捧げる幼く純粋なメグに対し、豊富な恋愛遍歴を重ねてきたアーリン。
ある日、妻の誕生日プレゼントに悩むロバートは、アーリンの助言で金の扇を購入。これをきっかけに2人は急接近。いつしかロバートとアーリンの仲が社交界で噂となってゆく。
やがて、それはメグの耳にも届いてしまう。傷つき混乱するメグ。そして、そんなメグの心の揺らぎを見透かすように、プレイボーイのダーリントン卿が言い寄ってくる…。
allcinemaより)


理想の女2

純粋無垢で人を疑う事を知らない、自分の幸せを過信している女性と、知的でしたたかで秘密に包まれた女性。
果たしてどちらが理想の女なんだろうと思わず観終わった後うなってしまった作品。
観る前にストーリーの概要を読んだときは、「対照的な女性二人を描き、純粋なスカちゃんのいい女っぷりを際立たせてる作品なんだろう!」と思ってたんです。
でも実際観終わってみると、どちらが理想か分からなくなってしまった。

調べてみれば、この作品のキャッチコピーは↑に書いたように、「いい女は2種類しかいない。全てを知り尽くした女と何も知らない女」。
「何も知らない」だなんて言われてしまうと、何だか「お○カ」と言われてる気分になってしまうんだけど、人を疑ったり秘密を持つことを知らない女性、感情をストレートに出す女性のほうが自分の理想だし、世間一般でもそうだと思ってた。
でも年齢を重ねるごとにちょっとその価値観は変わりつつある。
A secret makes a woman woman(秘密めいた女はいっそう女性的)という英語のことわざがあるように、秘密や過去の傷をただ隠していつでも微笑んでいる女性の方が強くて理想的かも。うまく世渡り出来るかも。
結婚して約一ヶ月の25歳、これからこんな女性目指してみようかしら?(笑)
でも「結婚」は、かけひきなしのが上手く行くのかしら??日々悩み中…。ヽ( ゚ 3 ゚ )ノ

スカちゃん、現代より昔の階級社会を背景にした役柄のが似合ってるなぁ~。
ヘレン・ハントも大人の魅力満点で素敵でした。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。