pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ

date★2009.02.07(Sat) category★邦画
旭山動物園物語

2009年 日本作品 112分 角川映画配給
STAFF
監督:マキノ雅彦
脚本:輿水泰弘
原案:小菅正夫
CAST
西田敏行 中村靖日 前田愛 堀内敬子 笹野高史 長門裕之 岸部一徳 柄本明


あの感動の物語が映画になる!!

■Story
北海道旭川市市営の“旭山動物園”に新たにやってきた飼育係の青年、吉田。人付き合いが苦手な彼を、園長の滝沢以下ベテラン・スタッフたちが温かく迎える。
しかし、客足が伸びず、長年の財政赤字に苦しむ旭山動物園の置かれた状況は非常に厳しいものだった。
それでも園長の指揮の下、飼育係たちは動物園を魅力あるものにしていくべく様々なアイデアを実行に移していく。そして次第に活気を取り戻していく旭山だったが、ある事件をきっかけに園はついに閉鎖の危機を迎えてしまう。
allcinemaより)


旭山動物園物語2


愛くるしい動物がたくさん出てきて嬉しい作品でしたが、愛くるしいオジサンもたくさん出てきて面白い作品でした!
特に西田敏行と笹野高史のオトボケオジさん二人のやり取りが「アドリブかな?」と思うくらい自然で面白かったです。

でもストーリー的にはちょっと物足りないかなぁ。
飼育係の吉田の過去が語られたり、様々な出来事や事件が起こったりと、何度か起伏があるんだけど、どのエピソードも唐突に始まり、唐突に終わってしまう印象があった。
久々に動物園に行きたくなってきたなぁ。
特にペンギンとアザラシが見たいっす!(*゚∀゚)=3

印象的だった言葉は、西田敏行の園長が語る、「弱肉強食の掟をもつ野生動物と違い、人間だけは他の人と違う点を個性と認め、弱い者を活かすことが出来る」という言葉。
実際そうだけど。そうでなくちゃいけないんだけど。でも人間の世界も弱肉強食、出る杭は打たれてしまうトコがあるなぁと思った。
だから、変わり者の集まりの旭山動物園の職員達でも、それぞれの個性を認め合い、逆境に向かって協力し合う様子は、観ていて微笑ましい職場でした。
こんな職場で働きたいなぁ。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。