pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フライド・グリーン・トマト

date★2014.03.30(Sun) category★アメリカ作品
フライド・グリーン・トマト

1991年 アメリカ作品 130分 アスキー配給
原題:FRIED GREEN TOMATOES
STAFF
監督:ジョン・アヴネット
脚本:ファニー・フラッグ キャロル・ソビエスキー
原作:ファニー・フラッグ
CAST
メアリー・スチュアート・マスターソン メアリー=ルイーズ・パーカー キャシー・ベイツ ジェシカ・タンディ シシリー・タイソン


友達は、自分をみつめる素敵な鏡。
ふたりの友情は、思い出から始まった。


■Story
人生に疲れぎみの中年主婦エヴリンは、ある日、老女ニニーと知り合いになり、彼女の語る昔話のとりこになっていく。
それは約50年前、兄の死によって心を閉ざしてしまった少女イジーと、かつての兄の恋人ルースとの交流の物語だった…。
(Amazonより)


フライド・グリーン・トマト2

様々な社会問題が絡んではいるが私にとっての一番の見所は、二ニーの語る過去の物語に惹き込まれ、現代で徐々に積極的に生きるようになる、キャシー・ベイツ演じるエヴリンの変化。
キャシー・ベイツと言えば、肝っ玉母さんや太っ腹なおばさんと、とにかく神経が図太いイメージ。(笑)
そんな彼女が、夫との関係に悩み、更年期障害に翻弄され、チョコバーが手放せないと泣いている姿は何だか違和感があった。
でも徐々に笑顔を取り戻し、特にスーパーの駐車場で横から駐車スペースを奪った若者に報復するシーンでは、「待ってました!」と、思わず笑ってしまいました。やっぱキャシー・ベイツはこうでないと!

二ニーの話の中の主人公である、イジーとルースの二人の友情も見ていて微笑ましいものではあったけれども、ラストのオチはまったく微笑ましくありません…。( ゚д゚)ポカーン
そのオチを知ったエヴリンは、もう最高!と言わんばかりに爆笑してましたが、実際にこんな話を聞かされたら今までの微笑ましさはすべて吹っ飛んでホラー話になってしまいそう。
まぁ、そういうオチに利用されても仕方の無い最低なヤツなんですけどね、ルースの元夫は。

それにしても緑のトマトのフライは、画を見ても味を想像してもあまり美味しそうに思えない…。そこがちょっと残念。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。