pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーサーとミニモイの不思議な国

date★2014.05.28(Wed) category★フランス作品
アーサーとミニモイの不思議な国

2006年 フランス作品 104分 アスミック・エース配給
原題:ARTHUR AND THE MINIMOYS / ARTHUR ET LES MINIMOYS
STAFF
監督:リュック・ベッソン
脚本:リュック・ベッソン セリーヌ・ガルシア
原作:リュック・ベッソン 『アーサーとミニモイたち』(角川書店刊)
CAST
フレディ・ハイモア ミア・ファロー ペニー・バルフォー ダグ・ランド
【声の出演】
マドンナ デヴィッド・ボウイ スヌープ・ドッグ ジミー・ファロン


行方不明のおじいさんはどこに…
ミクロになったアーサーの
もうひとつの世界での大冒険


■Story
好奇心旺盛な10歳の少年アーサーは、4年前に失踪した冒険家の祖父が残した古い書物を読み漁り、冒険家を夢見ていた。だがある時、家の借金返済期日が2日後に迫っており、立ち退きの危機にあることを知らされる。
祖父がアフリカから持ってきて裏庭に埋めたはずのルビーを借金の返済に充てれば助かるようだが、それも見つからない。
そんな中、アーサーは裏庭に宝物が隠されていることを示す地図を発見。そこには体長2ミリの民族“ミニモイ族”が住む地下世界があり、宝物を得るには“7つの王国”に行かなければならないようだ。
さらに、祖父がその世界で行方不明になったことを知ったアーサーは、祖父と家族の危機を救うため、自らその未知なる世界に入っていくのだが…。
allcinemaより)


アーサーとミニモイの不思議な国2

リュック・ベッソンは2006年9月、「アーサーとミニモイの不思議な国」(3部作)をもって監督業を引退することを発表していたそうですが、ホント、最後の作品にならなくて良かった…と1ファンとして思う。
だって、これが最後ってなんか虚しすぎる…。引退作として、全然満足出来る作品じゃないし、リュック・ベッソンらしさがない。

映画を観てるというより、ゲームをしてるような感覚になりました。昔ハマったFFを思い出したなぁ。あぁ、久しぶりにやりたくなってきた…。(*´ω`*)
…。感想これだけなんだよね。(苦笑)
あ、あと、フレディ・ハイモアくんのキュートなお顔が大好きなので、中盤以降はほとんどアニメ(しかもあまり可愛くない)になってしまったのが残念。
それだけ。(苦笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。