pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリティ・ヘレン

date★2014.07.16(Wed) category★アメリカ作品
プリティ・ヘレン

2004年 アメリカ作品 119分 ギャガ・コミュニケーションズ=アニープラネット配給
原題:RAISING HELEN
STAFF
監督:ゲイリー・マーシャル
脚本:ジャック・アミエル マイケル・ベグラー
原案:パトリック・J・クリフトン ベス・リガッツィオ
CAST
ケイト・ハドソン ジョン・コーベット ジョーン・キューザック ヘイデン・パネッティーア スペンサー・ブレスリン アビゲイル・ブレスリン


■Story
ヘレンは、ニューヨークのモデルエージェンシーで働く25歳の敏腕エージェント。仕事は忙しいものの、自由気ままなシングルライフを満喫していた。
ところがそんなある日、姉夫婦が交通事故で死んでしまい、残された3人の子どもたちをヘレンが世話することに。
最初は困惑するヘレンだったが、子育てと仕事の両立に意欲を見せ始める。しかし、3人の子どもたちとの新生活はスタート早々大きくつまずいてしまう…。
allcinemaより)


プリティ・ヘレン2

やっぱりケイト・ハドソンはこういう明るい作品が似合うね!
あのキュートな笑顔が、「私だけのハッピー・エンディング」のようなもの悲しい作品だとすごく切なく見えちゃう。

内容は、ちょっとテイストが違うけど、同じくアビゲイル・ブレスリンちゃんが出てた「幸せのレシピ」とそっくり。
「幸せのレシピ」よりもこちらの方がコメディ色が強いかな。でもどちらも観ていてハッピーになれる作品です。
「幸せのレシピ」と違って、残された子供たちが3人兄弟だったこと、引き取った叔母にももう一人姉がいたことが、より雰囲気を明るくしてくれた要因かなぁ。やっぱ兄弟っていいなぁと、一人っ子の私は思いました。
ヘンリー役のスペンサー・ブレスリンは、アビゲイルちゃんの本当のお兄さんらしいです。
あ~なるほど、目がソックリ!でも、アビゲイルちゃんの方がずっと可愛いなぁ…。(苦笑)

ジョーン・キューザックはこういう役ばっかりだねぇ。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。