pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャイン

date★2008.09.28(Sun) category★その他の国の作品
シャイン

1995年 オーストラリア作品 105分 KUZUIエンタープライズ配給
原題:SHINE
STAFF
監督:スコット・ヒックス
脚本:ジャン・サーディ
CAST
ジェフリー・ラッシュ ノア・テイラー アレックス・ラファロウィッツ  アーミン・ミューラー=スタール


■Story
デヴィッドは、音楽家になれなかった父親ピーターから英才教育を受けて育った。父親の反対を押切って、ロンドンに留学したデヴィッド。だが緊張と父親との対立から、彼は精神を病んでしまう…。
実在の天才ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた感動作。
(allcinemaより)


シャイン2

ラストにデヴィッドが語るように、「どんなに辛い出来事が襲おうとも、途中で人生を投げ出さな(い)」ければ、いつか輝けるときが来るのだろう。
でも、ちょっとデヴィッドに嫉妬に近い感情も持ってしまったのも事実。
ピアノという超人的な才能があったからこそ、どんなに奇怪な行動をとろうと救ってくれる人がいるのであって、(自分も含めて)凡人な人だったら、誰が救ってくれるのかなぁなんて。
人間崩壊するほど苦悩しながら何かに打ち込める芸術人って、とても本人は辛いんだろうけど、ちょっと羨ましいなぁなんて、それに伴う苦労も知らず無責任に思ってしまうのです。

ジェフリー・ラッシュは、パイレーツシリーズのバルボッサのイメージが強いので悪者のイメージ。
でも本作で彼の新しい演技を見ることが出来ました。

まだこのストーリーの元になったピアニストは健在ということで、半生を描いた作品になってるんだけど、半生ではこの先何が起きるか分からない。
やっぱり亡くなってから一生を作品化してもらった方が、メッセージ性があるなぁと、正直思いました。
でも健在だからこその利点は、ピアノ演奏を本人が担当したということ。素晴らしい演奏でした!
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。