pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かぞくはじめました

date★2014.08.22(Fri) category★アメリカ作品
かぞくはじめました

2010年 アメリカ作品 115分  ワーナー配給 → 劇場未公開(東北関東大震災の影響により、日本公開中止)
原題:LIFE AS WE KNOW IT
STAFF
監督:グレッグ・バーランティ
脚本:イアン・ドイッチマン クリスティン・ラスク・ロビンソン
CAST
キャサリン・ハイグル ジョシュ・デュアメル ジョシュ・ルーカス クリスティナ・ヘンドリックス


■Story
レストラン経営で成功を夢見るホリー。彼女はある日、親友アリソンの紹介でブラインド・デートをすることに。その相手とは、アリソンの恋人ピーターの親友でスポーツ番組のディレクターを目指すエリック。
しかし、2人の互いに対する印象は最悪で言い争いに発展し、デートは大失敗に終わる。
その後もアリソンたちの結婚式などで顔を合わせるものの、険悪な関係が続くホリーとエリック。
そんなある日、アリソンとピーターが交通事故で帰らぬ人となってしまう。
そして、ひとり遺された夫妻の娘ソフィーを彼女の名付け親でもあるホリーとエリックが引き取り、一緒に育てることとなるのだった。
こうして共同生活を始め、慣れない育児とそれぞれ忙しない仕事の両立に奮闘する2人は、相変わらずのケンカを繰り返しながら次第に心を開き、やがて惹かれ合っていくのだが…。
allcinemaより)


かぞくはじめました2

これ、公開を楽しみにしていたら、震災の影響で劇場未公開になってしまったんだよねぇ。
初めて観たのは震災の直前に海外旅行に行った際の飛行機の中。
その時の感想を前ブログから引っ張ってくると…。

「子供ができて→一緒に住み始めて→好きになる、という普通の流れとはまったく逆の流れ。こういう家族の始まり方も面白い!」
「最近子供が欲しいと思うようになった。これは自分でも驚く心境の変化です。今まで子供って、『うるさいなぁ』ぐらいにしか思えなかったもので…。( ̄▽ ̄;)
それに子供って、血の繋がりもできるもんね。いくら愛し合ってても夫婦は他人。でも子供がいれば、血の絆にもなる…なんてことを最近よく考えてたんだけど、この家族は、子供はお互いの親友の子供であるため、3人それぞれ他人。大嫌いな男女二人でそれぞれ慣れない子育てに奮闘しているうちに、強い信頼と絆が生まれるってな話。もうこんな無邪気な赤ちゃんの笑顔を目の当たりにしたら、「血」の繋がりがどうこうなんて関係ないかぁ、なんて思わされちゃいました」

だそうです。
妊婦になった今振り返ると、なかなか懐かしい感想。昔の記事を残しておくのも悪くないね。
今回の感想は、オムツ取替え臭そうだなぁ…、夜泣きで寝不足になりそうだなぁ…、離乳食大変そうだなぁ…、と、もうじき始まる育児への恐怖がリアルに湧いてきました。(笑)
映像特典を観たら、このソフィー役の子役は三つ子ちゃんだそうです。Σ(・ω・ノ)ノ!
ママは大変そうだけど、こんな可愛いお顔の三つ子ちゃん、羨ましいかも~!
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。