pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベイビー・トーク2/リトル★ダイナマイツ

date★2012.04.28(Sat) category★アメリカ作品
ベイビー・トーク2

1990年 アメリカ作品 81分 Tri=COLTRI配給
原題:LOOK WHO'S TALKING TOO
STAFF
監督:エイミー・ヘッカリング
脚本:エイミー・ヘッカリング ニール・イズラエル
CAST
ジョン・トラヴォルタ カースティ・アレイ オリンピア・デュカキス
(声の出演)ブルース・ウィリス ロザンヌ・バー


もっとベイビーを 作ろうヨ!
もう、バ★ク★ハ★ツ★寸前!


■Story
タクシー運転手からパイロットに転職したパパ、ジェームズと会計士のママ、モリーとの間で“小さな王様”ぶりを発揮していたマイキーももうすぐ3歳。
彼の妹ジュリーが誕生して一家は幸せ。
ところが、突然転がり込んで来たママの弟スチュワートを巡って夫婦の危機が発生。パパが家を飛び出したからさあ大変!大人達の異変に焦るリトル・ダイナマイツたち。
彼らの瞳に映るトラブルの成り行きは?
(Amazonより)


ベイビー・トーク2-2

典型的な、続編ダメ作品。
なんで作っちゃったんでしょうかね…。でも、「時間返せ!\(*`∧´)/」だなんて言えません。
だって、ダメダメ雰囲気、冒頭からプンプンしましたもん…。それなのに観ちゃったんだもん…。自業自得…。

相変わらずマイキーの声をブルース・ウィリスがあてているのですが、もうマイキーくらい大きくなってしまえば、マイキー本人の声が聞きたい。
所々でその可愛らしい声が聞けるけれども、まぁ大半はブルースのイカつい声なわけで…。可愛くない。(苦笑)
ち~ちゃい赤ちゃんの心の声がブルース・ウィリスっていうのが面白かったんだよね。

新しく誕生したジュリーが可愛かったなぁ…

妹に嫉妬するマイキーなど、新しい見所は何箇所かあるわけだけれども、
その数箇所のシーンを見せるために、苦心して81分に何とか伸ばして仕上げましたっていう印象を受けました。
「サタデー・ナイト・フィーバー」を思い出させるトラボルタの踊りなんて、その典型的な蛇足のシーンではないでしょうか…。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。