pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラースと、その彼女

date★2010.07.25(Sun) category★アメリカ作品
ラースと、その彼女

2007年 アメリカ作品 106分 ショウゲート配給
原題:LARS AND THE REAL GIRL
STAFF
監督:クレイグ・ギレスピー
脚本:ナンシー・オリヴァー
CAST
ライアン・ゴズリング エミリー・モーティマー ポール・シュナイダー ケリ・ガーナー


彼が恋に落ちたのは…
等身大のリアルドール!


■Story
雪に覆われた小さな田舎町。町の人たちからMr.サンシャインと呼ばれ慕われている心優しい青年、ラース。
しかし、純粋すぎるがゆえに極端にシャイで、女の子とまともに話すことも出来ない。
そんなラースを心配していた兄夫婦のもとに、ある日、当のラースが彼女を紹介しにやって来た。
しかし驚いたことに、その彼女とは、インターネットで購入した等身大のリアルドール“ビアンカ”だった。
困惑する兄夫婦は医師に相談し、当面ラースの妄想に話を合わせるようにとの助言をもらう。
そこで、町の人たちにも協力を仰ぎ、みんなでビアンカを生身の女性として扱うことにするのだが…。
allcinemaより)


ラースと、その彼女2

ずっと気になってた作品。
『リアルドールを恋人と言う男性の話』という予備知識から、バカバカしいコメディを想像してたんだけど、全然違いました(^^;)
間違ってはいない予備知識でしたが、バカバカしい話ではなく、ほのぼのムービー。

すごいと思ったのは、最初はビアンカが、ケバケバしいやっぱりただのリアルドールにしか見えなかったのが、物語が進むにつれて本当の人間、病弱な車椅子に座っている女性に見えてくること。
ラースを始め、町の人たちが人間のようにビアンカを扱うことによって命が吹き込まれていくようでした。
ラースの人柄があってこそのことだけど、町中の人々が本当に優しい!(´;ω;`)ウゥゥ


ただ…。
そんなほのぼのさに癒されつつも、冷静な心寂しい自分がいることも否めない。
結局すべてラースが創作した設定とストーリーにみんなが振り回されているんだ、と思ってしまう。
特に出産を間近に控えたカリンにとってはたまったもんじゃないと思ってしまった。
誰よりも早く協力体制に入れたカリンの心の広さがすごい。


ビアンカがすべてだと入れ込んでいたラースが、同僚のマーゴに徐々に心惹かれていき、動きも喋りもしない人形と人間の違いを自覚していく様子が丁寧に描かれていてよかった。
ガスの友達が「喋らない女性は理想だ」というようなことを言ってたけど、結局はやっぱり反応が返ってくる人間のほうがいいよねぇ。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。