pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

date★2010.12.31(Fri) category★その他の国の作品
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

2007年 アメリカ/イギリス作品 138分 ワーナー配給
原題:HARRY POTTER AND THE ORDER OF THE PHOENIX
STAFF
監督:デヴィッド・イェーツ
脚本:マイケル・ゴールデンバーグ
原作:J・K・ローリング
CAST
ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ヘレナ・ボナム=カーター マイケル・ガンボン ロビー・コルトレーン


これからお前は[すべて]を失う。

■Story
ホグワーツ魔法学校の5年生に進級したハリーはある日、人間界で魔法を使ってしまい、魔法界を追放されかねない立場に追い込まれる。
ヴォルデモート卿の復活が起因と証言したダンブルドア校長のおかげで処罰を免れたハリー。
しかし、魔法省は、ダンブルドアは魔法大臣の地位を横取りするために嘘の証言をしたと勘ぐり、防衛術を教える女教師を学校全体の監視役として送り込んでくるのだった。
一方、ヴォルデモートは仲間を集め、ハリーたちを陥れようと暗躍し始める。その兆しを誰よりも早く察知していたハリーは、ロンやハーマイオニーたちと秘かに“ダンブルドア軍団”を結成するが…。
allcinemaより)


ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団2


原作を読んでなくても、(なんとか)ついていけたぞー!
炎のゴブレット」の感想で、画面全体が終始暗くて何が起きてるのか分からないシーンがあるって書いたけど、今回は前作より全体的に明るくて見やすかった。
「お前はパー子か!」と突っ込みたくなる、ピンクばかり着ているアンブリッジの陽気な存在のおかげで雰囲気も明るかったしね。
ハリーもロンも髪を切ってさっぱり☆少し若返ったような気がする。(笑)

原作通りなんだろうから、映画への文句というわけではないんだけど、そろそろハリーの特別な力を見てみたいとこ。
ハリー・ポッターの名前だけで周りから驚かれて特別視されてばかりなのに、いざという時にはシリウスやダンブルドアに救われてばかりの展開はもう見飽きた。
シリウス大好きだったのにーー!。゜゜(´□`。)°゜。わ~ん!
スネイプの記憶の中にいたハリーの父親像にはびっくり。
これからスネイプとハリーのお父さんとの関係がもっと明らかになるのかな。
さっさと「謎のプリンス」を観て、最新作は映画館に行こうかなぁ。

前作ではハリーの入浴シーン、今作はキスシーンが話題になってたけど、見応えあるもんじゃなかったな。
やっぱり年下興味ないんだな。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。