pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイアナ

date★2014.10.14(Tue) category★イギリス作品
ダイアナ

2013年 イギリス作品 113分 ギャガ配給
原題:DIANA
STAFF
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本:スティーヴン・ジェフリーズ
原作:ケイト・スネル
CAST
ナオミ・ワッツ ナヴィーン・アンドリュース ダグラス・ホッジ ジェラルディン・ジェームズ キャス・アンヴァー


やっと会える。本当のあなたに――。

■Story
1995年。ダイアナは、チャールズ皇太子との結婚生活が破綻し、別居中。2人の王子とも離れて暮らす孤独な日々を送っていた。
そんなある日、心臓外科医のハスナット・カーンと出会い、その気さくな人柄に心惹かれていくダイアナだったが…。
allcinemaより)


ダイアナ2

妊娠34wに入り、二時間近く座り続けて映画を観ることや、PCの前に座り込んでブログを更新するのに、だんだん腰が悲鳴をあげるようになってきました。(ノ△・。)
でも3日坊主の私が10年以上続けている映画感想ブログ。なんか意地で辞められない…。
これからは簡潔にしようと思います。

さてさて、本作「ダイアナ」。
ダイアナ王妃といえば、その美貌も然ることながら、皇太子との離婚、外科医や映画プロデューサーとの不倫騒動、そしてパパラッチを撒こうとして交通事故死、と皇室の人間らしくないトピックが満載。
でもやはりその美貌と毅然とした態度からか、決して「だらしがない」とかいうイメージはない。
どんな彼女の生い立ちが彼女をそうさせたのかと興味深々で観てみたのですが…本作はドキュメンタリーでありながら彼女の一生を描いたのではなく、亡くなる前の二年間=「皇太子との離婚、外科医や映画プロデューサーとの不倫騒動、そしてパパラッチを撒こうとして交通事故死」の部分しか描かれておりません。
「ダイアナもフツーの女性だったのね」という、フツーのメロドラマでした。
うーん、これを「やっと会える。本当のあなたに――。 (本作のキャッチコピー)」と言ってしまうのは、何だかダイアナに申し訳ないような気がするのですが…。
マリー・アントワネット」や「マーガレット・サッチャー」を思い出した。
女性は、大勢に囲まれてちやほやされるよりも、一人でいいから誰かの腕の中の方が幸せなんだなぁ、なんてことを思ったよ。

それにしても、ナオミ・ワッツの着る数々の洋服がとても魅力的。とくにベージュのトレンチコートがよく似合うこと!こんなに衣装に目を奪われた映画は初めてかも。
やっぱり女たるものおしゃれを楽しみたい。このデカッ腹を卒業したら、ダイエットがんばろう…なんてことも思いました。(笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ダイアナ』 (2013) / イギリス

監督: オリヴァー・ヒルシュビーゲル 出演: ナオミ・ワッツ 、ナヴィーン・アンドリュース 、ダグラス・ホッジ 、ジェラルディン・ジェイムズ 、チャールズ・エドワーズ 、キャス・アンヴァー 、ジュリエット・スティーヴンソン 試写会場: よみうりホール ...
...この記事を表示

ダイアナ

評価:★★★★【4点】(10) 映画を見る限りダイアナは結構大胆な性格だった。
...この記事を表示

『ダイアナ』

□作品オフィシャルサイト 「ダイアナ」 □監督 オリバー・ヒルシュビーゲル□脚本 スティーブン・ジェフリーズ□キャスト ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース、ダグラス・ホッジ、       ジェラルディン・ジェームズ、チャールズ・エドワーズ、キャス...
...この記事を表示

ダイアナ / Diana

1997年8月31日、パリでパパラッチに追い回された末の事故で亡くなった、元イギリス皇太子妃ダイアナの、離婚の少し前から亡くなるまでの約二年間のダイアナを描いた作品。 ダイアナを演じたのは、ナオミ・ワッツ。世界中に顔を知られた人物ですので、演じるのはかなりハ...
...この記事を表示

ダイアナ

『ダイアナ』---DIANA---2013年(イギリス)監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル出演:ナオミ・ワッツ、ナヴィーン・アンドリュース36歳の若さでこの世を去ったダイアナ元皇太子妃が亡くなる前の2年間にスポットを当て、その知られざる最後の恋を等身大に描...
...この記事を表示

ダイアナ

イギリス・ロイヤル・ファミリーで波瀾万丈の人生を生き、若くして不幸の死を遂げたダイアナ妃の晩年を描いた『ダイアナ』を観てきました。 ★★★ ナオミ・ワッツは良いし、ダイアナ妃のマスコミの前での振る舞いや、ボランティア活動等の見覚えがある場面の再現は上手いと...
...この記事を表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。