pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パディントン

date★2016.01.27(Wed) category★アニメ
パディントン

2014年 イギリス作品 97分 キノフィルムズ配給
原題:PADDINGTON
STAFF
監督・脚本:ポール・キング
原作:マイケル・ボンド
CAST
ヒュー・ボネヴィル サリー・ホーキンス ジュリー・ウォルターズ ジム・ブロードベント ピーター・キャパルディ ニコール・キッドマン


きっと見つかる、
もっといいこと。


■Story
真っ赤な帽子を被り礼儀正しいそのクマは、イギリスの探検家に会うため南米ペルーのジャングルから船ではるばるロンドンまでやって来たばかり。大きな駅で途方に暮れているところを挿絵画家のブラウン夫人に助けられる。駅名にちなんで“パディントン”と名付けられた彼は、ブラウン家の屋根裏に泊めてもらうことに。
しかし、お風呂の使い方が分からず家中を水びたしにしてしまい、旦那さんのブラウン氏はカンカン。あやうく家から追い出されそうになるパディントンだったが…。
allcinemaより)


パディントンってキャラクターはもちろん知っていたけど、その名前の由来やストーリーは今回初めて映画を通して知りました。
一言で言うならば、「101」と「ベイブ」を足して二で割ったようなストーリー。
目新しくもなければ特に感動もしません。
ただ…やっぱり出産や育児を経験すると、本当に色々な見方が変わりますね。
とにかくパディントンの浅はかな行動が可愛かった。(笑)子どもの思考回路ってこんな感じなのかなーとか思ったり。
とか言いつつ、パディントンと同じ行動を自分の子どもがしたら激怒になるんですけどね…。でも人の子のイタズラってめちゃくちゃ可愛く見えるのよね。(笑)
自分はどちらかといったら旦那のブラウンタイプ。でもブラウン夫人のような大らかでママになりたい…と切に思いました。
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。