pure's movie reviewⅣ

スポンサーサイト

date★--.--.--(--) category★スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーシャル・ネットワーク

date★2012.04.01(Sun) category★アメリカ作品
ソーシャル・ネットワーク

2010年 アメリカ作品 120分 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント配給
原題:THE SOCIAL NETWORK
STAFF
監督:デヴィッド・フィンチャー
脚本:アーロン・ソーキン
原作:ベン・メズリック
CAST
ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク アーミー・ハマー


■Story
2003年の秋。ハーバード大学の学生にして天才プログラマー、マーク・ザッカーバーグは、恋人にフラれた腹いせに、学内のデータベースをハッキングして、女子学生たちの顔写真を使った人気投票サイトを作ってしまう。
そんな彼の技術に目を付けたエリート学生が、学内交流を目的としたサイトへの協力を持ちかける。
しかしマークは、親友のエドゥアルドを誘って、ハーバードの学生を対象としたソーシャル・ネットワークのサイトを立ち上げる。
するとそれは瞬く間に登録者を増やし、急速に拡大していくのだったが…。
allcinemaより)


ソーシャル・ネットワーク2

実はこれ一度、機内で、ですが、観ようとしたことあるんです。
でも、冒頭の恋人エリカとの会話のシーン、そしてその直後に続く女性をバカにするかのようなシーンでリタイア。
いやあああぁ~~~~~~~~~なヤツなんです、この主人公っっっ!!!∑( ̄皿 ̄;;ンガッ!
すぐさま、別の映画に切り替えました。(笑)
でも評判いいんですよね、この作品…。
最後まで観れば感想変わるかしら?ということで再度挑戦。


感想…変わりましたね。
ラストまで観れば、最初に嫌悪感を抱いたエリカとのあの会話のシーンが切ないものに変わる。


Facebookはやったことないのですが、mixiやTwitterはやったことあります。(Twitterはやってる、か。)
でも、こういうSNSが普及して、それ以前にメールや携帯が普及して、他人との関わりは持ちやすくなってるはずなのに、それに反比例して絆は希薄になってるような気がするんだよね。
そういうもので「繋がってる気」がして安心しちゃって、実際は薄くなってしまってる。
自分はそう思い、そんなものに縛られたくないと思ってmixiは解約してしまいました。
Twitterも今続けようかどうか考えてる。

話が反れた…ヾ(@°▽°@)ノ

その今流行りの「絆もどき」を始めたのが、実生活では絆を築くことが苦手な人物、唯一身近にいてくれた友人のこともお財布としか思っていないマークだったということは、興味深い。
人との関わりを煩わしいとしか思っていなそうな人が、実は絆を求めてる。
その欲求を、得意分野を生かして彼なりに実現させたのがあのサイトなのかなと。
そして一番繋がりたいのはエリカ、誰よりも身近にいた人なんだよね。

世界を巻き込んだ、ある意味純愛物語なのかな、と思いました。


しかし、ネットは毎日やってるとはいえ、この世界に自分は本当に疎い…。
だから、ネット用語やら何やら、すんげぇ勢いでまくしたててくるシーンがあるのですが、その辺はサッパリ。
物語の流れには支障ないのでイイのですけどね…。
そこで、また挫折しそうになったわ。( ̄▽ ̄;)(苦笑)
スポンサーサイト

COMMENT

★投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。